映画の感想文

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン6第15話妙な感想文『アホほど平和を貪るリックとミショーン』ネタバレ

2018年4月30日までに下のリンクからモッピーに無料登録した人を対象にもれなく最大5,300円ゲットできる期間限定キャンペーン実施中!!費用は一切かからない安全なサイトですので、まずは簡単3分で完了のアカウント登録をし、ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!→まずはモッピーに無料会員登録!ログイン後ポイント獲得条件をご確認ください!

ウォーキング・デッドシーズン6第15話のネタバレを含む感想を書いた記事になります。

かなりネタバレを含んで好き勝手書かせてもらってますので、この感想記事は一度見た後に読まれることをおすすめします。

観る前に読むと、なんのこっちゃ分からないというような内容ですが、観た後だと、わかるわかると頷ける部分もあるのではないでしょうか。あることを祈ります。

 

目次

 

キャロル
ウォーキング・デッドシーズン6第15話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Greg Nicotero/グレゴリー・ニコテロ
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム

 

シーズン6第15話ストーリー・あらすじ

 

邦題 巡る因果
原題 East
監督・ディレクター Michael E. Satrazemis/マイク・サトラズミス
脚本 Scott M. Gimple/スコット・M・ギンプル
Channing Powell/チャニング・パウエル

 

 

キャロルがとうとう一人姿を消した。

 

もう仲間を助けるために敵を倒す事に耐えられなくなってしまった。

 

さらにダリルが門を出て行く。

 

彼は彼でドワイトを助け、結果デニースを犠牲にしてしまったことに耐えられなかった。

 

ロジータも復讐するため、ダリルについていく。

 

しかしキャロルは救世主に襲われ、さらにダリルを止めにいったグレンやミショーンも囚われてしまう。

 

さらにマギーが激痛を訴える。

 

各所で起こるピンチにリックたちは対処しきれるのか?!

 

 

シーズン6第15話の詳しいあらすじはこちらの記事で詳細に書いています。

ウォーキングデッド シーズン6ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

シーズン6第15話考察レビュー

 

冒頭に部屋の中であほほど平和を貪るリックとミショーンが嘘のように、外では次々と問題が噴出していきます。

 

というかデニースが犠牲になったのにリックは気にしなさすぎでしょう。

 

こちらの感想でもそういうようなことを書きましたが、やっぱり彼はオリビアやデニースでは反応しないんですよ!!

 

黒髪も金髪も黒人もいけるけど、デブは守備範囲外なんですリックは。 

 

キャロルは相変わらず有能で、出ていった先でも早速4人あの世に送り、キル数を伸ばしております。

 

キャロルを追ったリックとモーガンが、牧場で謎の男に出会い、リックが撃とうとしてモーガンが止めます。

 

この男、結局誰だったのかと映像をしっかり見てみると、逃げる後ろ姿をよく見ると、鎧を着ていました。

これは先の話を書いて申し訳ないですが、次の話に出てくる王国の兵士で、結果的に見るとモーガンがリックを力づくで止めたのは正解だったということになります。

 

でもその後にモーガンが言った「オーウェンがデニースを助けて、そのデニースがカールを助けた」という言葉は、すごく都合良く捉えているだけで、そもそもオーウェンを助けなければデニースは危険に晒されていなかったので、結果丸く収まったけど、リスクを高めただけだったという見方もできます。

 

とにかく私は個人的にモーガンみたいな主義主張を押し付けてくる人が苦手なんですよね。

なぜか宗教に目覚めた人って、求めてもいないのに勝手に教えてこようとするじゃないですか。

そういう感じ。

 

素晴らしい教えに出会ったのは分かったから、そっちで勝手にやっててくれという感じがします。

こっちにはこっちの都合があり、考えがあって生きてるんだと。

 

救いが必要な時はこっちから求めるからと。

 

ちなみにその時ヒルトップの槍をその男が使っていましたから、どうやらヒルトップとの交易があるということが伺えます。

 

マギーは髪の毛をイーニッドに切ってもらって、「前に進むためよ」と説明します。

前回人質になった時に相手を容赦なく倒しましたが、そうやってこれからも立ちはだかる敵を倒していくという決意なんでしょうか。

 

キャロルと入れ替わるように逆の決意をしたという事になりますね。

 

でも以前の髪型のほうがよかったです。

 

最後はダリルがどこかを撃たれてかなり衝撃的に終わります。

どっちを向いても問題ばかり。

 

冒頭の全部揃ってるみたいなリックの言葉が一瞬で崩れ去っていきます。

 

大丈夫か?!次回!

 

 

次回、ウォーキング・デッド史上最も緊張感と絶望感のあるニーガンとの対面です。

 

◆第16話の感想記事を見る

第16話の感想『ニーガンの迫力がやばい』

 

huluの2週間無料トライアルでウォーキング・デッド最新シーズンも一気見できます。

また『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』ならAmazonプライムビデオで全シーズン見放題公開中です。

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

挿入曲・音楽・BGM情報

 

『It's All Over』 by Johnny Cash

キャロルがアレクサンドリアを出て行く時に流れる曲。

 

 

全シーズンで使われた楽曲の一覧はこちらです。

ウォーキング・デッドで使われた挿入曲・BGM一覧

 

上でご紹介した楽曲を含め、Amazonでダウンロード販売されている楽曲(4,000万曲以上)が月額780円で聴き放題になります。まずは30日間無料でお試しください。

 

ノーマンリーダス & カイラ・ケネディyoutube動画

 

ミカ役のカイラ・ケネディ、こんなはっちゃけて元気な子だったんですね。

 

 

◆第1話の感想記事を見る

第1話の感想『ヘッドホン視聴禁止』

◆第2話の感想記事を見る

第2話の感想『ニーダーマイヤーの製麺機』

◆第3話の感想記事を見る

第3話の感想『ニコラスのありがとう』

◆第4話の感想記事を見る

第4話の感想『イーストマンの教え』

◆第5話の感想記事を見る

第5話の感想『異色のキスシーン』

◆第6話の感想記事を見る

第6話の感想『美しすぎる女』

◆第7話の感想記事を見る

第7話の感想『風船イーニッド』

◆第8話の感想記事を見る

第8話の感想『カールを襲うロン』

◆第9話の感想記事を見る

第9話の感想『カールの被弾箇所に草』

◆第10話の感想記事を見る

第10話の感想『リックの音楽と女の趣味』

◆第11話の感想記事を見る

第11話の感想『ロジータの贈物センスよ』

◆第12話の感想記事を見る

第12話の感想『男らしい女の捨て方』

◆第13話の感想記事を見る

第13話の感想『怖い秘書ポーラ』

◆第14話の感想記事を見る

第14話の感想『矢デニース寝ロジータ』

 

ウォーキングデッド6の全エピソード一覧

 

ウォーキングデッド6のもろもろ感想記事等一覧は、こちらでまとめています。

 

ウォーキングデッドシーズン6感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン6登場人物や俳優情報が知りたい方はこちらをどうぞ。

 

シーズン6の登場人物 キャスト情報

 

シーズン5全話感想まとめ

 

ウォーキングデッドシーズン5感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン7全話感想まとめ

ウォーキングデッドシーズン7感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

映画見放題オススメランキング

動画配信サービスは色々ありますが、迷ったらまずhuluの無料トライアルをお試ししてみることをオススメします。

 

詳しくサービスを比較したい方は、こちらの記事に詳しいサービス内容を比較し、ランキング形式でご紹介しておりますので、ぜひ参照してみてください。

 

 

この記事を読まれた方におすすめの関連ページ