映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン6第6話妙な感想文『美しすぎる女』ネタバレ


うたパスキャンペーン

KDDIが提供する音楽聴き放題サービス『うたパス』がauユーザー以外でも誰でも登録可能になったことを記念して、今うたパスの無料1ヶ月お試しトライアルに登録した方に、MUSIC STOREで使える500円分のコインをもれなくプレゼント中!!
2018年8月31日までの限定キャンペーンなのでお早めに!うたパスの登録後は非常に簡単な解約手続き(詳しい手順を別窓で開く)を済ませておけばお金がかかる心配もありませんので、ぜひ500円だけでもゲットしておいてくださいね!!(無料登録を済ませたらMusic Storeにうたパスの登録IDでログインして「今すぐコインを受け取る」ボタンをタップすればすぐに受け取れます。)

まずはココから→うたパスを30日間無料でお試ししてみる

速報



ハピタス初めてのお買い物キャンペーン

総額2,600円以上キャッシュバック?!

2018年8月22日まで限定!
ひかりTVショッピングという通販サイトを利用したことが無い人が、ハピタスを経由して初めて利用すると、購入金額の1.2%還元+1,000円分のハピタスポイント+さらに1,600円分のぷららポイント(ひかりTVショッピング内で使えるポイント)が貰えるキャンペーンにもエントリーできます!!

こんなチャンスは滅多にありませんので、初回利用特典だけでもゲットして、超お得に欲しい物を手に入れてくださいね!
ハピタスへの登録は1分程度の非常に簡単な手続きで完了し、完全無料です。
ハピタスにログインしたら「ひかりTVショッピング」で検索してみてください。

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。
-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技
[夏の特大キャンペーン開催中!]
8月31日まで限定!!今モッピーに新規無料登録した人を対象に漏れなく1,300円プレゼントキャンペーン実施中!!キャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でモッピーに新規無料会員登録

さらに!!

お財布.comでも8月31日まで同様に漏れなく1,300円ゲットできるキャンペーンが開催中ですので、この2つのサイトで合計2,600円棚ぼたゲットできる大チャンス!!この夏の2大キャンペーンを絶対にお見逃しなく!!
お財布.comのキャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でお財布.comに新規無料会員登録

*年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料のサービスですのでご安心ください。

ウォーキング・デッドシーズン6第6話のネタバレを含む感想を書いた記事になります。

かなりネタバレを含んで好き勝手書かせてもらってますので、この感想記事は一度見た後に読まれることをおすすめします。

観る前に読むと、なんのこっちゃ分からないというような内容ですが、観た後だと、わかるわかると頷ける部分もあるのではないでしょうか。あることを祈ります。

 

目次

 

f:id:binbououji:20171209224544j:plain  
ウォーキング・デッドシーズン6第6話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Greg Nicotero/グレゴリー・ニコテロ
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム

 

シーズン6第6話ストーリー・あらすじ

 

邦題 迷いの森
原題 Always Accountable
監督・ディレクター Jeffrey F. January/ジェフリー・F・ジャニュアリー
脚本 Heather Bellson/ヘザー・ベルソン

 

ダリルやエイブラハムたちがウォーカーを誘導し終えた後、謎の一団に襲われる。

 

一人バイクで森に逃げ込んだダリルは、そこで何者かから逃走している男女3人に、追っ手と勘違いされて拘束された。

 

彼らはかつて仲間だった集団のやり方に納得できずに、逃亡の道を選んだようだった。

 

ダリルは途中隙を見て逃げるが、彼らに情けをかけ、結局逃げる手助けをする。

 

しかし男たちは最後の最後に、ダリルを信用せずにバイクを脅して奪い、去っていく。 

 

 

 

シーズン6第6話の詳しいあらすじはこちらの記事で詳細に書いています。

ウォーキングデッド シーズン6ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

シーズン6第6話考察レビュー

 

ちょっと前からなんかおかしいと思ってましたが、この回ではそれが全開で、エイブラハムの行動や発言が抽象的で回りくどく、ポエムでも読んでいるのかという感じになってきて、何が言いたいのかいまいち分からない。

 

夜通し見張って翌朝に、ここで一体何してんだと考えるとか、ロケットランチャーを持ち帰ってきて、とんでもなくバカなことをしたとか、エアコンとビールがあるから一生生きていく準備ができたとか、ただの冗談にしては尺も長い意味深なセリフのやりとりがあり、たぶんロケットランチャーを背負った兵士のウォーカーを見て、なんか叫んで取り乱していたから、あそこきっかけで何か心境の変化があったのかなという感じですが、それでなんで最後そういうセリフにつながるのか、なんか詩的すぎてわかりませんでした。

 

とりあえず二人とも家族や愛する者を亡くした者同士、手を取り合って未来に希望を見出だしていこうじゃないかというようなことなんでしょうかね。

 

今までは未来が続いていくなんて思えなかった、日々やり過ごしていたのさなんて言って、お前をもっと知りたいとか言いますが、これはロジータに対するどえらい失礼な発言にならないかと心配になりますね。

 

そのセリフはロジータに言うべきなのではと。

 

サシャはサシャでまんざらでも無い感じで、ボブはどうしたボブはと。

吹っ切るにはお早いのではないかと。

 

 

なんかもやっとする展開ではありました。

 

ダリルが出会ったドワイトら3人は、ペティという愛称の車を探していて、それを見つけたらそれで遠くに逃げる予定だったようです。

 

なんでペティじゃないとダメなのかいまいち分からないのですが、他の車で逃げたらダメなんでしょうか?

 

逃げ出す時に車くらいまず用意してから逃げ出して欲しいものです。

 

そういうことでは無く、別の意図があったのでしょうか。

 

 

次回、イーニッドが風船を付けます。

 

◆第7話へ

第7話ネタバレ感想『風船イーニッド』

 

ウォーキング・デッドシーズン最新話はhuluのFOXチャンネルで視聴可能です。

まだお試しをされてないかたは無料期間を是非試してみてください。

また『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』ならAmazonプライムビデオで全シーズン見放題公開中です。

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

ウォーキング・デッドシーズン4総集編youtube動画

 

シーズン4の総集編。これまでを振り返るのも良いかと。

 

 

◆第1話へ

第1話ネタバレ感想『ヘッドホン視聴禁止』

◆第2話へ

第2話ネタバレ感想『ニーダーマイヤーの製麺機』

◆第3話へ

第3話ネタバレ感想『ニコラスのありがとう』

◆第4話へ

第4話ネタバレ感想『イーストマンの教え』

◆第5話へ

第5話ネタバレ感想『異色のキスシーン』

◆第8話へ

第8話ネタバレ感想『カールを襲うロン』

◆第9話へ

第9話ネタバレ感想『カールの被弾箇所に草』

◆第10話へ

第10話ネタバレ感想『リックの音楽と女の趣味』

◆第11話へ

第11話ネタバレ感想『ロジータの贈物センスよ』

◆第12話へ

第12話ネタバレ感想『男らしい女の捨て方』

◆第13話へ

第13話ネタバレ感想『怖い秘書ポーラ』

◆第14話へ

第14話ネタバレ感想『矢デニース寝ロジータ』

◆第15話へ

第15話ネタバレ感想『アホほど平和を貪るリックとミショーン』

◆第16話へ

第16話ネタバレ感想『ニーガンの迫力がやばい』

 

【まとめ】ウォーキングデッド6の全部

 

ウォーキングデッド6の1話から16話まで感想を書いてます。

 

ウォーキングデッドシーズン6感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン6登場キャラクター一覧などもありますのでぜひ。

 

シーズン6の登場人物 キャスト情報

 

シーズン5の感想記事も併せてどうぞ。

 

ウォーキングデッドシーズン5感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン7の感想記事も併せてどうぞ。

ウォーキングデッドシーズン7感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

映画見放題のおすすめ動画配信サービス

レンタルや返却の手間をまだかけていませんか?

動画配信サービスを利用すると、その便利さに驚くはずです。

数ある動画配信サービスの中でも、料金のお手軽さやコンテンツの充実度から、huluを第一にオススメしています。

その他の動画配信サービスの料金やコンテンツ量等の比較をしてまとめた記事もありますので、じっくり検討されたい方はこちらの記事を参照してみてください。

 

 

この記事を読まれた方におすすめの関連ページ