映画の感想文

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

『おすすめ人気動画配信サービス』比較ランキング2018

f:id:binbououji:20171017231508j:plain

最終更新日2018.1.3

 

数ある動画配信サービス(VOD)の、どれがご自分にピッタリの条件を兼ね備えたサービスなのかをはっきりと比較検討するために、おすすめランキング順に分かりやすく各社のサービス内容の特徴をまとめて、ご紹介しています。

 

数ある人気動画配信サービス(VOD)から、有名どころ5社【U-NEXT】【Hulu】【Netflix】【Amazonプライム】【dTV】を中心に、他にも【TSUTAYA TV/DISCUS】【dアニメストア】【auビデオパス】【MM見放題ライト】のサービス内容を、料金・画質・動画配信数などから徹底比較していますので、ぜひ、動画配信サービス選びにご活用ください。

 

これを読めば、きっと貴方にぴったりの動画配信サービス(VOD)が見つかりますよ。

 

目次

 

動画配信サービスVODとは?

 

VODとは”ビデオ・オン・デマンド”の略で、観たい時に観たい映像を視聴することができるサービスのことです。

”電子レンタルビデオ”とも呼ばれ、これからの新しいレンタルビデオの形態として、ますます定着していくこととなるでしょう。

動画配信サービス”といったほうが一般的です。

 

動画配信サービス(VOD)の課金形式

 

動画配信サービス(VOD)には二種類の課金形式があります。

 

  1. 月額利用料を支払えば旧作の映画やアニメが見放題という定額制。
  2. 新作作品などに対してコンテンツ毎に課金し、一定期間視聴できるPPV(ペイ・パー・ビュー)方式。

 

基本的にどこの動画配信サービスも、月額利用料を支払って旧作映画やアニメなどが見放題できるというのは共通しています。

中にはそれにプラスα、新作映画などはPPV方式で個別にレンタルして視聴できるという形式をとっている動画配信サービスもあります。

 

では具体的にどういう種類の動画配信サービスがあり、それぞれどういう特色があるのか?ご自分のニーズに合ったお得な動画配信サービスはどこなのか?ということを検討しやすい各社のサービス比較を、ランキング形式で筆者のオススメ順にご紹介していきたいと思います。

 

第1位サイト:Hulu

 

2007年にロサンゼルスで設立されたhuluは、定額制VODの先駆け的存在。

FOXやディズニーといったアメリカ大手映画会社やテレビ局が出資しており、豊富で高品質なコンテンツを提供できる環境が整っており、hulu独占配信作品なども増えてきています。

 

その中でも、日本ではなかなか視聴できる機会の無いような、アメリカやイギリスのドラマシリーズのコンテンツの充実っぷりは、他の追随を許さない状況です。

洋画、邦画、アニメなど各ジャンルで充実したラインナップを誇り、幅広い年代層に対応しています。

 

また2014年からは日本テレビが国内事業を買収し、日本のドラマ、アニメコンテンツも着実に増加の一途をたどっています。

日本のコンテンツは、日本テレビ系列に限らず、TBS・フジテレビ・NHKなど主要放送局の人気番組をカバー。

また「日テレオンデマンド」と連携されており、現在放送中のドラマやバラエティの見逃し配信、昔の懐かしの番組も多く用意されています。

 

アダルト作品は無し

 

Huluは月額933円の定額以外に、PPV課金は一切かかってこないのも特徴のひとつ。

 

「FOXチャンネル」をはじめとした人気海外ドラマ専門放送局を視聴でき、最新海外ドラマも課金なしでリアルタイムで見れます。

 

映像の面では、基本720pのHD画質で、スマホなどの端末からは過負荷を避けるために、回線速度に合わせて288p、360p、480pと自動調整してくれる機能があります。(自己設定も可)

 

他にも、視聴者にとってベストなタイミングで字幕が現れるように調節されていたり、日本語字幕のみならず、英語字幕、吹き替えなども各種豊富に用意されています。

 

途中再生機能(レジューム機能)があり、いつでも再生を中断、再開することができます。

 

ただし現在、U-NEXTなどでできる複数端末同時視聴は不可、またダウンロード視聴も不可となっていますので、家族で別の動画を別の端末で同時に見たい方、ダウンロードして出先で見たいという方はお気をつけください。

 

視聴再生できるデバイスは多肢にわたり、ざっと挙げてみると、PC、スマホ、タブレット、Hulu対応TV、などはもちろんのこと、PS3、PS4、Wii、WiiU、Xbox360、ニンテンドー3DS、プレイステーションVitaといったゲーム機にも対応している。

 

Huluを選ぶメリット

 

  • 定額見放題のコンテンツが最も豊富で充実している。(海外ドラマは特に)
  • Huluでしか見れないHuluオリジナル作品が多数ある。
  • 世界的な大手動画配信サービスで今後のさらなる充実・展開も期待できる。
  • 画質が優れている。

 

Huluのデメリット・退会した人の理由

 

  • 夜の回線が非常に混む。
  • 検索が不便で見にくい。

 

Hulu基本情報

月額 933円
コンテンツ 4万以上(全て見放題)
画質 HD
ダウンロード ×
複数端末同時視聴 ×
課金(PPV) なし
無料お試し期間 14日間
テレビ視聴 hulu対応TV、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、PayPal、キャリア決済、huluチケット、iTunesStore

 

【hulu】2週間無料トライアルはこちらから

 

第2位サイト:dTV

 

NTTdocomoとエイベックス通信放送が運営する動画配信サービス。

2015年4月のキャリアフリー化によってドコモユーザーでなくても利用できるようになり、500万を超える会員数はVODサービスでは国内最大の規模。

 

月額500円とリーズナブルな料金ながら、コンテンツ数は12万以上

ただし、このコンテンツにはPPVによる有料作品や、カラオケ・ミュージックビデオ等も多く含まれており、定額で見放題の映画・ドラマ等コンテンツは、例えばHuluと比べると劣ります

 

日本人の嗜好に合った作品の制作や、J-POPのライブ生配信やミュージックビデオ、様々なジャンルのカラオケ映像などの音楽コンテンツ、アニメにも力を入れ、さらにFOD(フジテレビオンデマンド)との共同制作や、オリジナルドラマなど、オリジナル限定配信コンテンツにも力を注いでいます。

 

「韓流・華流コンテンツ」が豊富で、アダルト作品は無い

 

ドラマのスピンオフ作品やスライドショー形式で視聴できるマンガ「ムービーコミック」など、docomoがエイベックスグループと共同で提供している『BeeTV』が見放題。

 

dTVのスマホアプリには「ザッピングUI」という機能が採用されています。

これによりテレビのザッピングのように、アプリを立ち上げた際に過去の視聴履歴などから、好みを予測して次々とチャンネルを回すようにオススメの動画を提案してくれます。

 

画質は多くがHD以下で、SD画質が主流

通信状況などにより、時折画質が大きく荒れる場合があるのと、Macでは一部のコンテンツがHDで再生できない。

 

ダウンロード視聴は可能だが、複数端末同時視聴は不可

 

ゲーム機には非対応。

dTVターミナルという専用テレビ視聴デバイスを併用すれば、自宅のテレビで視聴が可能。

Apple TVもサポートしている。

 

dTVを選ぶメリット

 

  • 月額利用料が500円ととてもリーズナブル。
  • 見放題作品2万3000以上を含むコンテンツ数も、500円にしては充実している。
  • ダウンロード視聴が可能。

 

dTVのデメリット・退会した人の理由

 

  • 総コンテンツ数は膨大だが、メジャーな動画が少なく、Huluなどに比べると見たい見放題作品が少なかった。
  • HD非対応作品も多く、SD画質だと見る気になれない。U-NEXTやHuluなどの高画質映像に慣れていると尚更。

 

dTV基本情報

月額 500円
コンテンツ 12万以上(見放題は2万3000以上)
画質 SDが主/一部HD・4K
ダウンロード ◯(PC/スマホ両方可)
複数端末同時視聴 ×
課金(PPV) あり
無料お試し期間 31日間
テレビ視聴 dTVターミナル、dTV対応テレビ、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、デビッドカード、docomo決済

 

【dTV】31日間無料トライアルはこちらから

 

第3位サイト:U-NEXT

 

国内の動画配信サービスでも古参のU-NEXT。

 

dTVに匹敵する映像コンテンツ数(アダルトコンテンツ1万以上を含む)を誇り、地上波番組の見逃し配信も実施。

 

コミック・書籍が20万冊以上、雑誌が70誌以上と動画以外も充実している

 

最新映画はブルーレイやDVDの発売と同日配信と配信タイミングが早く、更新頻度も高いと評判です。

 

料金は月額1,990円

この内、実質見放題料金は790円で、残りの1,200円は『U-NEXTポイント』として月初に付与される還元ポイントとなる。

この『U-NEXTポイント』は、「ポイントOK」のアイコンが付いている作品、コミックや書籍のレンタル・購入時に利用できる他、全国のイオンシネマや松竹マルチプレックスシアターズの映画チケットのクーポンに交換できたり、オンライン予約サービス『KINEZO』を利用する際の割引に使ったりもできる。

 

別料金になるが、NHKオンデマンドの「見逃し見放題パック(月額900円)」や「特選見放題パック(月額900円)」を契約すると、U-NEXTのプラットフォームから視聴でき、しかもこの料金は、U-NEXTポイントで支払うこともできるので、U-NEXTポイントの使い道は多種多様に用意されている。

 

動画配信サービス以外のサービスも充実しており、株式会社USENが運営する「スマホでUSEN」が聴き放題になる「音楽chポイントサービス(月額490円)」、カラオケ歌い放題の「カラオケサービス(月額990円)」などがあります。

 

コンテンツはストリーミングの他、ダウンロードしてオフライン再生が可能

また、親アカウント1つにつき子アカウント3つ作ることができ、最大4つのデバイスでそれぞれが別々のコンテンツを同時に楽しむことができる他、R制限のあるコンテンツに対して、子アカウントの表示・非表示を設定、また有料コンテンツの購入制限も設定できる安心の『ペアレンタルロック』機能を有しています。

 

動画の視聴に際しては、視聴済み/視聴途中の履歴を残すことができ、次回再生した際には、コンテンツが途中停止されている場合、自動的に停止ポイントから再生されるようになっている。(この機能はデバイスが変わっても引き継がれる。)

 

画質は基本的にフルHDで、4K画質のコンテンツも配信され始めています。(一部作品によってHD画質、SD画質のものも含む)

 

現在無料トライアルを申し込むと、特典として600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作や有料のコミックなども楽しむことができるので、迷ったらとりあえず無料トライアルを試してみることをオススメします。(気に入らなかった場合”解約”を忘れないように)

 

U-NEXTを選ぶメリット

 

  • 見たい新作をいち早くU-NEXTポイントで見ることができる。
  • 見放題作品5万以上を含む、コンテンツ充実度も業界トップレベルで、特に見放題で見れるアニメ作品の本数が多い。
  • ダウンロード視聴・複数端末同時視聴が可能。

 

U-NEXTのデメリット・退会した人の理由

 

  • アダルト作品が必要無いので。
  • 月額利用料金が高いわりに、見放題の作品が少ない。

 

U-NEXT基本情報

月額 1,990円
コンテンツ 12万以上(見放題作品は5万以上)
画質 フルHDが主/一部4K・HD・SD
ダウンロード ◯(iOS、Androidアプリでのみ可)
複数端末同時視聴 ◯(4台まで)
課金(PPV) あり
無料お試し期間 31日間(600ポイント特典あり)
テレビ視聴 U-NEXT対応TV、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、デビットカード、U-NEXTカード、キャリア決済

 

【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらから

 

第4位サイト:Netflix

 

世界最大手とも言われる映像ストリーミング配信事業会社が運営するNetflixは、世界で7000万近いユーザー数を誇る動画配信サービスで、日本では2015年9月にサービスがスタートした後発のVODサービス。

 

豊富なNetflixオリジナル作品群には、アカデミー賞やエミー賞などを受賞するなど、クオリティの高い作品が非常に多い。

 

しかし、国内系コンテンツは他動画配信サービスに比べると明らかに劣っています。

また全体の総コンテンツ数でも少なめ。

アダルト作品無し

 

月額料金プランは、ベーシック(SD画質・1ストリーミング・650円)、スタンダード(HD・2ストリーミング・950円)、プレミアム(4K・4ストリーミング・1450円)に分かれているので、用途に合ったプランを選ぶことができます。

 

プラットフォームが洗練されており、特にパーソナライズ検索と呼ばれる、視聴履歴などからオススメ動画が自動で選び出される、レコメンド機能が秀逸。

 

PPV課金はなく、完全定額制

 

ダウンロード視聴機能は実装されていなかったが、2016年11月30日に、iOS/Androidアプリでのみ動画ダウンロード機能が追加された

 

海外作品が充実しているNetflixですが、日本で配信している作品には、すべて日本語吹き替えがついています。

 

Softbankが日本法人Netflix株式会社と業務提携を結んでおり、SoftbankのオンラインアカウントからNetflixの料金をSoftbank経由で支払うことが可能。

 

国内テレビメーカー各社からもNetflix対応テレビがぞくぞくとラインナップされてきています。

 

Netflixを選ぶメリット

 

  • Netflixでしか見れないNetflixオリジナル作品の質が高い。
  • 洋画のコンテンツが充実している。
  • ダウンロード視聴ができる。

 

Netflixのデメリット・退会した人の理由

 

  • 見たい作品が見つからないし、Netflixにはあってhuluにはないというようなコンテンツが少ない。
  • いつ何が追加されてるのか分かりずらく、更新ペースが遅い。

 

Netflix基本情報

月額 650円(SD)/ 950円(HD)/ 1450円(フルHD・4K)
コンテンツ 約8千以上(非公開)
画質 ベーシックプラン(SD)/スタンダードプラン(HD)/プレミアムプラン(4K)
ダウンロード ◯(iOS、Androidアプリでのみ可)
複数端末同時視聴 ベーシックプラン×/スタンダードプラン◯(2台まで)/プレミアムプラン◯(4台まで)
課金(PPV) なし
無料お試し期間 1ヶ月間
テレビ視聴 Netflix対応TV、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、 デビットカード、PayPal、Softbank決済、iTunesStore

 

【Netflix】1ヵ月間無料トライアルはこちらから

 

第5位サイト:Amazonプライム

 

2013年に国内サービスを開始した、日本では後発組のVODサービス。

 

Amazonプライム会員なら追加料金なしで利用できるので、他のAmazonプライム特典にも魅力を感じている人には有利なサービス。

しかし純粋にVODサービスとして他の動画配信業者のサービスと比較すると、料金が安いという点以外の全ての点で見劣りします。

 

動画見放題といっても、総コンテンツ3万以上に対して、実際に追加料金無しで視聴できるのはその10分の1程度の数に限られる

ほとんどがPPV課金方式がとられている。

 

アダルト作品無し

 

画質に関しては現在大半がSD画質だが、HD画質に対応している作品もあります。

HD画質のビデオをレンタル・購入する場合、SD画質でレンタル・購入するより高くなる場合がほとんどなので注意です。

 

Apple TVに非対応だったが2017年6月から対応したとのこと。
ダウンロード視聴が可

複数端末同時視聴も3台まで可。 

 

Amazonプライムを選ぶメリット

 

  • 月額料金を考えるなら最もリーズナブル。
  • Amazonプライムの他の特典がAmazonをよく使う人には魅力的。

 

Amazonプライムのデメリット・退会した人の理由

 

  • 見放題の動画数は異様に少なく、あくまで他のプライム特典のオマケレベル。
  • ほとんどがSD画質。

 

Amazonプライム基本情報

月額 実質325円(年会費3900円)
コンテンツ 3万2000以上(PPVを多く含む)
画質 多くがSD/一部HDや4K
ダウンロード ◯(iOS、Androidアプリでのみ可)
複数端末同時視聴 ◯(3台まで)
課金(PPV) あり
無料お試し期間 30日間
テレビ視聴 Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、au WALLET プリペイドカード

 

【Amazonプライム】30日間無料トライアルはこちらから

 

各動画配信サービス比較早見表

 

料金比較早見表
  月額料金(税抜)
1位Amazonプライム 実質300円
2位dTV 500円
3位Netflix 650円/950円/1450円
4位Hulu 933円
5位U-NEXT 1990円

 

映画見放題作品数比較早見表
  コンテンツ数
1位Hulu 4万以上(全て見放題)
2位dTV 12万以上(見放題作品2万3000以上)
3位U-NEXT 12万以上(見放題作品5万以上)
4位Netflix 約8千以上?(全て見放題)*動画数は非公開
5位Amazonプライム 3万2000以上(見放題作品3,000以上)

映画やドラマの見放題作品充実度を重視して比較

 

画質比較早見表
  画質
1位U-NEXT フルHDが主/一部4K・HD・SD
2位Hulu HD
3位Netflix ベーシックプラン(SD)
スタンダードプラン(HD)
プレミアムプラン(4K)
4位dTV 多くがSD/一部HDや4K
5位Amazonプライム 多くがSD/一部HDや4K

 

ダウンロード視聴比較早見表
  ダウンロード視聴
1位dTV PC/アプリ両方◎
2位U-NEXT アプリのみ◯
2位Netflix アプリのみ◯
2位Amazonプライム アプリのみ◯
3位Hulu ×

 

複数端末同時視聴比較早見表
  複数端末同時視聴
1位U-NEXT 4台まで◯
2位Amazonプライム 3台まで◯
3位Netflix ベーシックプラン×
スタンダードプラン2台まで◯
プレミアムプラン4台まで◯
4位dTV ×
4位Hulu ×

 

課金・支払方法比較早見表
  課金 支払方法
Hulu なし

クレジットカード
PayPal
キャリア決済
huluチケット
iTunesStore

dTV あり クレジットカード
デビッドカード
docomo決済
U-NEXT あり クレジットカード
デビットカード
U-NEXTカード
キャリア決済
Netflix なし クレジットカード
デビットカード
PayPal
Softbank決済
iTunesStore
Amazonプライム あり クレジットカード
au WALLET プリペイドカード

 

筆者がこのランキングの順でおすすめした理由

 

Huluが最もおすすめな理由

最もおすすめできる動画配信サービス1位をHuluとした最大の理由は、月額利用料933円という手頃な料金設定と、見放題作品が4万以上というコンテンツ充実度のバランスです。

また画質も申し分ありません

 

海外のドラマなどが好きな方は、迷わずHuluを選ばれたら良いのではないでしょうか。

また、何が見たいかはっきりしない、どの動画配信サービスが自分に合うか、比較情報を見てもよくわからないと、迷ってらっしゃる方も、とりあえずHuluを選ばれたら、ひとまず間違いないと思います。

 

Huluはダウンロード視聴や、複数端末同時視聴ができないので、そこに重きを置く方は、2位以下から選ばれると良いと思います。

また、PPV課金で新作をガンガン観たいという方は、U-NEXTを候補にしてみてはいかがでしょうか。

 

【hulu】2週間無料トライアルはこちらから

 

dTVが2番目におすすめな理由

月額利用料金が500円ととてもリーズナブルな上、見放題作品2万3000以上を含む、膨大なコンテンツを誇るdTVは、広く一般的におすすめできるという理由で、2位にすえました。

 

月額利用料が低い代わりに、同じPPV方式をとっているU-NEXTよりも、コンテンツ充実度や画質などの面で劣りますので、2位、3位といっても所詮は僅差、好みやニーズに依りますので、どちらも無料トライアルを試して、使い勝手を試してみることをおすすめします

 

見放題作品2万3000以上と数字上では膨らんでいても、その中には、漫画やミュージックビデオなどのコンテンツも多く含まれていますので、ご注意ください。

 

【dTV】31日間無料トライアルはこちらから

 

U-NEXTが3番目におすすめな理由

U-NEXTは、月額利用料金が高く1,990円となっていますが、その内訳は790円の見放題料金と、1,200円分の”U-NEXTポイント”となっています。

このU-NEXTポイントを使って、新作のPPV方式の動画などを観ることができます。

 

新作映画など、PPV動画を定期的に見る予定のある方には、高画質でコンテンツ充実度も抜群のU-NEXTがおすすめです。

 

しかし注意としては、dTVでも同じことを書きましたが、一覧表に現れてくるコンテンツ数の数字は、その額面通り受け取らないほうが無難です。

 

U-NEXTは総コンテンツ数12万以上

うち見放題作品は5万以上となっていますから、単純にHuluよりも見放題作品も充実していると受け取れるかもしれませんが、この中には、多くのカラオケコンテンツや無料で読める書籍なども含まれてきています

 

ですから、映画やドラマの充実度は、単純に数字だけの比較では表しきれない部分があります。

実際に無料トライアルを試してみる中で、ご自分の見たいタイトルがあるか無いかを、実感していただく中で判断するのが最も確実だと思います。

 

【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらから

 

Netflixが4番目におすすめな理由

Hulu、dTV、U-NEXTまでは、かなり評価の上では団子状態で、個人個人の好みや条件によってどれを選ぶかは紙一重な部分がありますが、Netflixは、好みに偏りが出てくるので、広くおすすめできるという点では、劣るかなと感じます。

 

Netflixは海外の映画やドラマは充実していますが、国内の映画やバラエティーなどのテレビ番組は、上の三つのサービスに比べるとほとんど無いといっても良いくらいの貧弱なラインナップです。

 

国内作品に重点を置いている方は、Netflixは避けたほうが良いでしょう。

 

しかし、話題のテラスハウスや、ハウス・オブ・カード、ブラック・ミラーといったNetflixオリジナル作品郡は、非常にクオリティが高いです。

これらNetflixオリジナル作品にハマるかハマらないかが、Netflixを選ぶ選ばないの大きな境目になると思います。

 

ハマるともうNetflixから離れられない中毒性も、同時にあります。

 

【Netflix】1ヵ月間無料トライアルはこちらから

 

Amazonプライムが5番目におすすめな理由

Amazonプライムは、月額300円で、いろんなプライム特典が受けられる、その中の一環として、プライムビデオが楽しめるという点では優れています。

 

しかし、プライムビデオのコンテンツ充実度や、画質など、どれをとっても他の動画配信サービスに劣ります。

 

国内外の映画やドラマ、テレビ番組を楽しむ、という趣旨では、最も劣っているのは確かです。

 

Amazonをよく使い、他のプライム特典に魅力を感じ、映画などはライトに楽しむだけで十分、という方には、とてもリーズナブルでおすすめできるサービスです。

 

【Amazonプライム】30日間無料トライアルはこちらから

 

その他の映画見放題サービス

 

TSUTAYA TV/DISCUS(定額見放題+借り放題)

月額933円の「動画見放題プラン(TSUTAYA TV)」に入ると毎月1080円分のポイントが付与されるので、これでPPVの動画も2本無料で見れます

 

月額2417円の「動画見放題 & 定額レンタル8(TSUTAYA DISCUS)」は、DVD等の送料も延滞金も無料、新作も最大8枚までレンタルできる

 

TSUTAYAが行っている動画配信サービスですので、ラインナップは充実しており、動画配信サービスのコンテンツは5万以上(うち無料で見放題の作品は1万以上)、借り放題を入れると約23万タイトル+CD約17万タイトルから選べるため、他の動画配信サービスで見つからない作品も見つかりやすいです。

TSUTAYAのヘビーユーザーにオススメ

 

ユーザーインターフェースが使い難いという評価があります。

 

【TSUTAYA TV/DISCUS】30日間無料トライアルはこちら

 

dアニメストア(定額見放題)

docomoユーザーでなくても利用できる。

アニメ特化のVODサービスで作品数は2200以上月額400円

 

ChromecastやApple TVにも対応、ダウンロードによるオフライン視聴もできます。

 

アニメの充実度だけで言うならU-NEXTよりも上回っています

アニメだけを見たい人向け

 

登録日に関わらず登録月に400円かかるので、月末に登録しないように注意。

 

【dアニメストア】31日間無料トライアルはこちら

 

auビデオパス(定額見放題)

auユーザー向けプラン。

動画数は1万以上

 

月額562円で加入できる「見放題プラン」に加入すると、毎月1枚レンタルチケットが付与され、新作も視聴できます。

 

auポイントを課金の際に転用することができる。

 

【auビデオパス】30日間無料トライアルはこちら

 

DMM見放題ライト(定額見放題)

DMM作品(アダルト)が見たい人向け。

月額500円

 

動画は7000タイトル以上。(内アダルト作品が2000タイトル以上)

 

【DMM見放題ライト】2週間無料トライアルはこちらから

 

 

以上になります。

如何でしたでしょうか?

 

データ上で見てもなかなか内実はわかりにくいと思いますので、ひとまず気になった動画配信サービスは、無料トライアルを試してみるのが良いと思います。

いくつかの動画配信サービスの無料トライアルを試して、できるだけ多くの比較材料を吟味して、その中で、ご自分の好みに合う合わないを判断して、続けられるか、退会されるかを無料期間中に決められるのが良いでしょう。

 

ではでは、良い映画ライフを。

 

この記事に表記されている料金は全て税抜きです。

 

映画やドラマの感想・レビューを投稿しております。

 

当ブログでは、動画配信サービスhuluNetflixで視聴できる映画、邦画や洋画、日本国内のドラマや海外ドラマなどの感想や評価を毎日のように投稿しております。

下のリンクから、当ブログで今まで投稿された映画やドラマのレビュー記事を五十音順で一覧表示できますので、ぜひ気になる作品があったらチェックしてみてください。

 

【サイトマップ】これまでに書いた映画/ドラマのレビュー記事まとめ