映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン5最終回16話『DV夫vsキャロル』妙な感想文ネタバレ

速報



ハピタス初めてのお買い物キャンペーン

2018年11月30日まで!!

1.8%還元&250円プレゼント&500円OFF&送料無料で注文できる?!おまけに1,000円OFFクーポンと10%OFFクーポンも貰える!
今ハピタス経由でセシールオンラインショップを利用したことが無い人が初めて利用すると、購入金額の1.8%還元+250円分のハピタスポイントが貰える他、新規注文時に限り送料無料&500円OFFが適用でき、さらにはログイン後セシールの公式LINEを友達追加するだけで1,000円OFFクーポン、ID連携するだけで10%OFFクーポンをプレゼント中!
最大90%OFFなどお得なセール商品も取り扱っており、まだセシールオンラインショップでお買い物をした事が無い方は、超お得にショッピングが楽しめるチャンスですので、この機会にぜひハピタス経由でセシールオンラインショップでお買い物してみてください!
まずはハピタスに無料会員登録してログインしたら「セシール」で検索してみてください。
入会費や年会費等一切お金はかからないので、お気軽にアカウント登録してちょっぴりお得生活始めちゃってくださいね!

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。
オススメ記事



ウォーキングデッドシリーズ最新話ついに配信開始!
シーズン9第1話感想はこちら!
↓↓↓

-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技

ウォーキングデッド5第16話のネタバレを含む感想を書いたレビュー記事になります。

かなりネタバレを含んで好き勝手書かせてもらってますので、この感想記事は一度見た後に読まれることをおすすめします。

観る前に読むと、なんのこっちゃ分からないというような内容ですが、観た後だと、わかるわかると頷ける部分もあるのではないでしょうか。あることを祈ります。

 

目次

 

モーガン
ウォーキング・デッドシーズン5第16話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Greg Nicotero/グレゴリー・ニコテロ
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム

 

シーズン5最終話16話ストーリー・あらすじ

 

邦題 古き友よ
原題 Conquer
監督・ディレクター Greg Nicotero/グレゴリー・ニコテロ
脚本 Scott M. Gimple/スコット・M・ギンプル
Seth Hoffman/セス・ホフマン

 

モーガンは森の中で額に「W」の文字を刻んだ男たちに襲われる。

彼らを棒で気絶させ、さらに進むモーガンは、リックの手がかりを追っていた。

 

アレクサンドリアの街中でピートと乱闘騒ぎを起こして、ミショーンの手によって取り押さえられ、その後部屋の中で気がついたリックは、住民を集めて話し合いの場がもたれることを告げられる。

 

捜索に出ているアーロンとダリルは、缶詰工場で何者かのトラップにかかり、危うく命を落としそうになるが、モーガンが現れて助けだされる。

 

ニコラスは森にグレンをおびき寄せて、銃を向ける。

もみ合いとなる二人。

 

アレクサンドリアの住民の会合に姿を現さないリック。

しかしその頃リックは、ゲイブリルが原因で街に侵入したウォーカーを討伐していた。

 

ウォーカーを担いで会合の場に現れたリックは、「生きぬき方を教える。運が尽きる前に決断しろ」と言い放った。

 

その時、ピートが現れてリックを糾弾しはじめた…

 

 

シーズン5のあらすじはこちらの記事でまとめています。

ウォーキングデッド シーズン5ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

シーズン5最終話16話考察レビュー

 

ウルブス(Wolves)のオーウェンがモーガンに話した狼のストーリーは、たぶんオーストラリアに入植してきたヨーロッパ人による、フクロオオカミの”狩り”のことを指していると思われます。

 

ウルブスの残虐性を正当化する効力はまったくありませんが、それとは別にこのフクロオオカミに関する話は痛々しい限りで、フクロオオカミは、入植者に連れられて大陸に入ってきた犬との生存競争に負け、追い立てられ、家畜を襲って生きていると、そのフクロオオカミの口の裂けたような見た目の醜さも合間って、入植者から「害獣」として酷く忌み嫌われ、懸賞金をかけて徹底的に狩られました。

 

しかもただ撃つだけではなく、方法はエスカレートし、亡骸を切り刻んだり吊るし上げたりしていたようです。

リックの言うところの「生きるためにやるべきことをやる」という範囲から、明らかに逸脱していったという所でしょうか。

 

懸賞金でますます拍車のかかったフクロオオカミ狩りは、1930年代に最後の一頭が狩られるまで続き、フクロオオカミの”完全な絶滅”により終焉を迎えます。

 

もしもフクロオオカミがオーウェンのように地上に「戻った」としたら、見かけた人間を片っ端から引き裂いて回っても不思議は無いとは思います。

 

それとウルブスとはまた別の話ですが。

 

右手にナイフ、左手に料理という、圧倒的”飴と鞭”を携えたキャロルがピートを脅すシーンでは、DVをする男の心理を知り尽くしたキャロルの言葉が印象的でした。

 

「かかってきなさいよ」とキャロル。

「来るの?来ないの?来ないわよね」と。

 

立場の弱い者にしか手を上げられない男を見据えた目をしていました。

 

ウォーカーに囲まれた車の中では、ダリルがアホほどカッコいい事を言ってウォーカーのただ中に飛び込もうとします。

 

「誰のせいでもない。ただこの一本だけ吸わせろ。」

 

たしかアンドレアが間違ってダリルを撃ったりした時も、一切責任を追及せずに、あっさりと許して、むしろ仲間のためにやったことだろとフォローまでしてやってましたが、ダリルめちゃくちゃでかい男だと思わされます。

 

 

それに比べて…

 

 

「覚悟はできた」

 

そう言ってウォーカーに両手を広げて近づいていくゲイブリル。

その後どれくらい覚悟ができていなかったかが即座に証明されます。

そして頭を抱え込んで泣き崩れる。

 

女か。

 

その後アレクサンドリアにおめおめ戻ってきて、門を施錠せずに放っておいて、コイツは本当に心底頭おかしいと、思います。

自分が一人で自決できないので、その気持ちを他人に向けて、何の罪もないその辺の人まで巻き込む犯罪ってたまにありますよね。

 

完全に犯罪。

教会の外に救えない人間を見捨てたとのとは、まったく次元の違う、悪意のある犯罪だと思います。

 

これまではただの、救える人間を救えなかった罪悪感に苛まれる小人でしかありませんでしたが、この瞬間からゲイブリルは、他人を進んで害そうとした罪人になったと私は思います。

懺悔くらいで済んでいたゲイブリルですが、これはいくらなんでも許されない罪でしょう。

 

 

シーズン6に続く!

次回、ウォーキング・デッド史上最も多くのウォーカーが画面に映ります。

 

◆シーズン6第1話に続きます。

シーズン6第1話の感想『ヘッドホン視聴禁止』

 

ゲイブリルの覚悟はhuluでチェック。

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

 

◆第1話へ戻る

第1話の感想『キャロル無双』

◆第2話へ戻る

第2話の感想『ボブ、食われる』

◆第3話へ戻る

第3話の感想『女は旨い(比喩的な意味ではなく)』

◆第4話へ戻る

第4話の感想『ゴーマンの眉毛』

◆第5話へ戻る

第5話の感想『崩れ落ちるエイブラハム』

◆第6話へ戻る

第6話の感想『警官に轢かれるキャロル』

◆第7話へ戻る

第7話の感想『ロジータがウザい』

◆第8話へ戻る

第8話の感想『ベスの最後』

◆第9話へ戻る

第9話の感想『ノアの家族構成』

◆第10話へ戻る

第10話の感想『ウォーカーのいなし方』

◆第11話へ戻る

第11話の感想『ドドスコアーロン』

◆第12話へ戻る

第12話の感想『イグアナ村長』

◆第13話へ戻る

第13話の感想『リックまさかのキス!相手は旦那持ち!場所はパーティー会場!』

◆第14話へ戻る

第14話の感想『ニコとガブのクズ2TOP』

◆第15話へ戻る

第15話の感想『キス?カールとイーニッドの距離』

 

ウォーキング・デッド5総まとめ

 

シーズン5関連の感想を書いた記事などは、こちらに一覧になっております。

 

ウォーキングデッドシーズン5感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

また、ウォーキング・デッドの全シーズンの登場人物まとめはこちら。

 

登場人物・キャスト一覧【全シーズンまとめ】

 

シーズン4も感想記事を投稿しています。

 

ウォーキングデッドシーズン4感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン6も感想記事を投稿しています。

ウォーキングデッドシーズン6感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

ウォーキング・デッドにオススメの動画配信サイト

 

ウォーキング・デッド全話見放題で視聴でき、最新話もリアルタイムで視聴可能。

さらにU.S.特別版のシーズン1第1話も公開中のhuluは、ウォーキング・デッドファンにも一押しの動画配信サイトです。

 

海外ドラマのラインナップが充実していて、画質や月額料金の面でも非常に優秀です。

もしまだ試したことが無い方は、ぜひこれを機会に無料トライアルをお試しください。

 

海外ドラマ観るならhuluで

 

ウォーキング・デッドのスピンオフ作品『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』はAmazonプライムビデオで全シーズン見放題。

お見逃しなく!

 

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

おまけおすすめ動画

 

この記事を読まれた方ににおすすめの関連ページ