映画の感想文

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン2詳細なあらすじとネタバレ感想【全話まとめ】

速報


i2iポイント4周年記念キャンペーン

赤字覚悟の大放出キャンペーンi2iポイントでキマシタ!!
6月30日までにi2iポイントに無料登録して4つの案件クリアするだけ!
それだけでなんとなんと

全員に?!もれなく!!

10,000円プレゼント!!!


こんなおいしいキャンペーンはほんとーっに滅多にお目にかかれませんっ!!
このチャンス絶対にお見逃しなく!!

i2iポイントへの無料会員登録はこちらから!還元ポイントが増えるのでSMS認証もお忘れなく!!
↓↓↓
1日5分からのお小遣い稼ぎ『i2iポイント』ここから登録すると1,000ptプレゼント!
無料登録するだけでいきなり1,000ptゲットできます
-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技

ウォーキング・デッドシーズン2全話のあらすじをまとめた記事です。 

 

目次

 

ウォーキング・デッドリック
ウォーキング・デッドシーズン2第1話より

 

この記事には、ウォーキング・デッドシーズン2についてのネタバレ内容が含まれますので、未視聴の方はご注意ください。

 

基本情報

 

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Ernest Dickerson/アーネスト・ディッカーソン
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム

 

第1話ストーリー『カール撃たれる』

 

ウォーキング・デッドダリルバイク
ウォーキング・デッドシーズン2第1話より

 

邦題 長い旅路の始まり
原題 What Lies Ahead
監督・ディレクター Ernest Dickerson/アーネスト・ディッカーソン
Gwyneth Horder-Payton/グウィネス・ホーダー=ペイトン
脚本 Ardeth Bey /アーデス・ベイ
Robert Kirkman/ロバート・カークマン

 

CDCを離れ、フォートベニング基地に向かう一行。

 

途中、大量の車が道を塞いでいる場所で、キャンピングカーが故障してしまう。

 

修理のために停車している間、周りの車から物資や燃料などを集めていると、そこにウォーカーの群れがやって来る。

 

なんとか身を潜めてやり過ごそうとするが、キャロルの娘ソフィアが見つかって道路脇の林へと逃げ込む。

 

一時はリックに保護されたソフィアだったが、一瞬目を離した隙に見失ってしまった。

日没まで搜索するが、一向に見つかる気配は無い。

 

翌日もソフィア搜索が行われる中、鐘の音から教会を見つけて、ソフィアもここに来るかもしれないとしばらく待ってみることに。

 

リックとカール、そしてシェーンが教会の近くを搜索していると、鹿を見つける。

鹿とカールは目線が合い、カールは惹かれて近づいていく。

 

その時、どこからか銃声が響き、次の瞬間、カールが倒れたのだった。

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第1話 ネタバレ 感想『カール死亡?』

 

第2話ストーリー『シェーンとオーティス』

 

ウォーキング・デッドリックとローリ
ウォーキング・デッドシーズン2第2話より

 

邦題 命の代償
原題 Bloodletting
監督・ディレクター Ernest Dickerson/アーネスト・ディッカーソン
脚本 Glen Mazzara/グレン・マザラ

 

カールは鹿を撃った弾が貫通して被弾していた。

鹿を撃った男オーティスは、カールまで撃ってしまったことに慌てふためき、急いで仲間の元へと案内した。

 

そこには農場があり、家から出てきた医者らしい、ハーシェルと呼ばれる初老の男が、被弾したカールを見て女たちに指示を出して手当にかかった。

 

カールの体に残った弾を全て取り除くには、道具が足りないとハーシェルは言い、5マイル先にある高校の緊急避難所に物資があるはずと、取りに行くことに。

 

シェーンが1人で行くと主張するが、救命士の経験もあるオーティスは自分にも責任があるとついていき、ハーシェルの娘マギーは、ローリを農場に連れてくるために馬を走らせた。

 

高校内部に潜入したシェーンとオーティスは、必要な物資を手に入れることに成功するが、ウォーカーの大群に囲まれ、ついには追い込まれてしまう!!

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第2話 ネタバレ 感想『シェーンが嫌い』

 

第3話ストーリー『シェーンの銃弾』

 

ウォーキング・デッドシェーン  
ウォーキング・デッドシーズン2第3話より

 

邦題 最後の銃弾
原題 Save the Last One
監督・ディレクター Phil Abraham/フィル・アブラハム
脚本 Scott M. Gimple/スコット・M・ギンプル

 

カールの手術に必要な物資を調達に高校に来たシェーンとオーティスは、もう少しのところでウォーカーに囲まれてしまう。

 

その頃グレンやTドッグたちも、グリーン農場に到着し合流した。

 

夜になってもソフィア捜索を続けるアンドレアとダリルは途中、絶望から首吊りをした男が、そのまま転化したウォーカーを見つけて、トドメをさすが、ソフィアの手がかりは掴めないでいた。

 

オーティスたちの帰りが遅いため、これ以上待ってはいられないと、とうとう最終判断を迫られることになる。

 

葛藤の末、十分な道具も無いままに手術を敢行することを決め、今まさにメスが入るという時、表に車が到着する音が聞こえてシェーンが帰って来た。

 

手術は無事成功し、カールの容態は安定している。

しかし、オーティスは帰還をなしえぬまま、帰らぬ人となってしまったのだった…

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第3話 ネタバレ 感想『アンドレアのコメント』

 

第4話ストーリー『ローリに子供が…』

 

ウォーキング・デッドダリル
ウォーキング・デッドシーズン2第4話より

 

邦題 涙に咲く花
原題 Cherokee Rose
監督・ディレクター Billy Gierhart/ビリー・ギアハート
脚本 Evan Reilly/エバン・レイリー

 

カールは順調に回復し、別れていたデールたちとも農場で合流した。

ソフィアが見つかるまでここに止まることに。

 

さらに薬や包帯が必要と、街の薬局までグレンとマギーで調達に行く。

好意をお互い感じていた2人は、そこで結ばれる。

 

ダリルは1人でソフィア捜索を続けている。

 

森の中に小屋があり、入ってみると、まだ新しい食べさしの缶詰や、毛布にくるまって隠れていたような痕跡があったが、そこにソフィアはおらず、一輪の白いバラが咲いていた。

 

夜、ローリは薬局に行くグレンに密かに取ってくるよう頼んでおいた妊娠検査薬を使って検査してみる。

 

果たしてその結果は陽性であった。

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第4話 ネタバレ 感想『ローリまさかの妊娠』

 

第5話ストーリー『ダリルウォーカー』

 

ウォーキング・デッドマギー
ウォーキング・デッドシーズン2第5話より

 

邦題 無限の生命力
原題 Chupacabra
監督・ディレクター Guy Ferland/ガイ・ファーランド
脚本 David Leslie Johnson/デヴィッド・レスリー・ジョンソン

 

ソフィア捜索が長引き、リックとシェーンの間で意見が対立する。

 

ダリルはその頃小川のほとりでソフィアの持っていたぬいぐるみを見つける。

有力な手がかりを掴んだダリルであったが、蛇に驚いた馬が暴れて、崖から転落してしまう。

 

矢が体に刺さり、ウォーカーにも襲われ、命からがら崖を登り、なんとか登り切る。

 

ボロボロの体でなんとか農場へと帰り着いたダリルであったが、遠目からはあまりの惨状にアンドレアからウォーカーと見間違われ、狙撃される。

 

幸い、弾はかすっただけでダリルは命拾いする。

 

その夜、リック一行を受け入れてくれたハーシェルたちへのお礼として、豪華な夕食を作ってもてなした。

その席でマギーはグレンにメモを渡し、密会の場所を問う。

 

喜んで返事をよこしたグレンの提案は”今夜納屋の屋根裏は?”というものだったのだが…

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第5話 ネタバレ 感想『ダリルを撃つアンドレア』

 

第6話ストーリー『ローリと中絶薬』

 

ウォーキング・デッドパトリシアとベス
ウォーキング・デッドシーズン2第6話より

 

邦題 明かされる秘密
原題 Secrets
監督・ディレクター David Boyd/デイビット・ボイド
脚本 Angela Kang/アンジェラ・カング

 

 納屋にはウォーカーたちが閉じ込められていた。

 

ハーシェルたちの秘密を知ってしまったグレンは、ローリの妊娠の秘密も同時に抱えて苦悩する。

 

すっかり回復したカールは、銃の扱いを習いたいと言いだし、若いジミーや女性たちと一緒に訓練を受けることに。

皆が移動してデールと2人になったグレンは、秘密を打ち明ける。

 

マギーは、ローリに頼まれて薬局に向かうグレンに付いていって、秘密を言ってしまったことを責める。

言い争いながら薬局で薬を探していると、突然マギーがウォーカーに襲われた。

 

グレンに助けられたマギーであったが、ローリに対して、軽率な頼みごとでグレンを危険に晒したことに怒りをあらわにする。

 

一方シェーンとアンドレアはソフィアを探しに街に行くが、そこでウォーカーと出くわす。

アンドレアは訓練の成果を表し、ウォーカーを射ち倒すことに成功し、その帰り道、興奮して車の中でシェーンと肉体関係を結ぶ。

 

その後、テントに中絶薬を見つけたリックが、ローリを問いただすと、ローリは全ての秘密を明かしたのだった。

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第6話 ネタバレ 感想『アンドレアの痛さ』

 

第7話ストーリー『納屋からソフィア』

 

ウォーキング・デッドハーシェル
ウォーキング・デッドシーズン2第7話より

 

邦題 死の定義
原題 Pretty Much Dead Already
監督・ディレクター Michelle MacLaren/ミシェル・マクラーレン
脚本 Scott M. Gimple/スコット・M・ギンプル

 

グレンはみんなに納屋にウォーカーがいることを打ち明ける。

 

ここでも、様子を見るべきと、ここを発つべきという意見で、リックとシェーンが対立する。

 

シェーンの影響で好戦的になっていくアンドレアと、それを心配するデールの間にも言い争いが始まり、納屋のウォーカーの件でもリックとハーシェルが言い争っている。

おまけにローリに、生まれてくる子供は自分の子供だと主張するシェーン。

 

グループのそこかしこに諍いが起こっていた。

 

アンドレアから銃を遠ざけようと森に隠そうとするデールを見つけ、脅し、銃を取り返したシェーンが農場に帰ってくると、そこにウォーカーを生け捕りにしてきたハーシェルとリックたちがやってくる。

 

それを見て逆上したシェーンが、納屋の扉をこじ開け、中のウォーカーを全て銃で撃ってしまったのだった。

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第7話 ネタバレ 感想『シェーン破裂テンション』

 

第8話ストーリー『ローリそのまま逝け』

 

ウォーキング・デッドローリ  
ウォーキング・デッドシーズン2第8話より

 

邦題 希望という幻想
原題 Nebraska
監督・ディレクター Clark Johnson/クラーク・ジョンソン
脚本 Evan Reilly/エバン・レイリー

 

 

納屋のウォーカーの中にはソフィアが居た。

彼女はとっくにウォーカーになってしまっていたのだ。

 

遺体の埋葬が終わると、ハーシェルの娘ベスが高熱を出して倒れたが、ハーシェルがどこにも居ない。

 

どうやら街の酒場にいるようだということで、リックとグレンが迎えにいく。

 

酒場に居たハーシェルと話し、娘たちのために戻ろうと意を決したところに、見知らぬ2人の男が酒場に入ってきた。

 

危険な雰囲気を漂わせた男2人と、話すほどに緊張感の高まるリックたち。

執拗に安全なハーシェルの農場に関心を寄せてくる。

1人の男は、用心深く拒絶するリックたちに痺れを切らして「農場を乗っ取ろう」とまで言い出すと、場の緊張は最高潮に高まり、とうとう銃を手にしようとした相手の男の先手を取って、リックは引き金を引く。

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第8話 ネタバレ 感想『ローリよそのまま逝け』

 

第9話ストーリー『ローリの囁き』

 

ウォーキング・デッドカール
ウォーキング・デッドシーズン2第9話より

 

邦題 繰り返されるウソ
原題 Triggerfinger
監督・ディレクター Billy Gierhart/ビリー・ギアハート
脚本 David Leslie Johnson/デヴィッド・レスリー・ジョンソン

 

バーから脱出しようとするも、男の仲間が銃声を聞きつけて集まってきた。

リックは交渉しようとするが、撃ち込んでこられたので裏口へと逃げ、グレンがあわや被弾しそうになる。

 

ウォーカーも集まってきて、逃げ出す男たちの中で、グループの若い少年が鉄柵に足を貫かれ見捨てられたのを放って置けず、足を引き抜いて連れて帰ることに。

 

事故に遭ったローリは、ウォーカーから逃れ、命からがら帰路の途中探しにきたシェーンに拾われる。

 

翌日農場に帰ったリックたち。

助けてきた少年を見てまたシェーンが騒ぐ。

 

ハーシェルは少年とベスの手当てを済ませ、アンドレアとシェーンは自分たちは似た者同士でここを出て行くべきだったと話しており、そしてローリは…

 

家族の安全のために人を撃ったと言ったリックに反応し、シェーンは危険だと、いつか暴走するだろうと刷り込むのだった…

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第9話 ネタバレ 感想『ローリの悪女っぷり』

 

第10話ストーリー『マギーの同窓生ランダル』

 

ウォーキング・デッドランダル  
ウォーキング・デッドシーズン2第10話より

 

邦題 決闘
原題 18 Miles Out
監督・ディレクター Ernest Dickerson/アーネスト・ディッカーソン
脚本 Scott M. Gimple/スコット・M・ギンプル
Glen Mazzara/グレン・マザラ

 

傷が回復した捕虜の少年ランダルを解放するべく、農場から遠く離れた場所まで車を走らせるリックとシェーン。

 

途中ローリのことについて腹を割って話すリック。

 

ベスは容態を回復させるが、生きる希望が持てず心を強く持てないでいる。

 

ランダルを置いて行こうとした2人だったが、思いがけずランダルがマギーと同じ高校に通っていたことを知り、農場の場所が割れていることを悟る。

 

彼を消すべきとシェーンは主張し、リックと激しく揉め、やがて乱闘に発展する。

そうこうしているうちにウォーカーが現れ、場は修羅場と化した。

 

一方マギーがベスの部屋を訪れるが、ベスの姿が見えない。

鍵のかかった扉をこじ開けると、鏡で手首を切ったベスが居た。

 

シェーンは大量のウォーカーに囲まれ、バスの中に閉じ込められてしまった。

リックはランダルを助け、一旦その場を去る。

 

シェーンはその姿を見て、リックたちに見捨てられたことを悟るが…

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第10話 ネタバレ 感想『シェーン無駄に死にかける』

 

第11話ストーリー『デールの説得』

 

ウォーキング・デッドリックとハーシェル  
ウォーキング・デッドシーズン2第11話より

 

邦題 生かすか殺すか
原題 Judge, Jury, Executioner
監督・ディレクター Greg Nicotero/グレゴリー・ニコテロ
脚本 Angela Kang/アンジェラ・カング

 

ダリルの手荒い尋問でランダルから仲間の情報を聞き出す。

さすがのリックも、とうとうランダルを処刑することを決定するが、そこでさらにデールが反対する。

 

夕刻の決定までに、デールはメンバー一人一人説得に回るが、デールの意見に加担する者は現れない。

 

うろうろしているカールは、ダリルの荷物から銃を見つけて、好奇心から持ち出して森へと行くと、そこには沼にはまって動けないウォーカーが。

 

近づいて撃とうとすると、足が抜けたウォーカーにあわや捕まりかけ、慌てて逃げ帰る。

 

夕方、デールは強硬にランダルの命を助けるべきだと説くが、アンドレアだけが支持したのみだった。

 

夜、ランダルの処刑が決行されようとしたとき、カールが側に来たのを見て、リックはためらい、デールの言葉が胸に残っていたのか、思いとどまり、しばらく拘束すると決定する。

 

アンドレアは喜び、デールを探しに行くが、その頃デールは農場の外れで、ウォーカーに襲われていた…

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第11話 ネタバレ 感想『カールの悪ノリ』

 

第12話ストーリー『シェーンの悪い顔』

 

ウォーキング・デッドシェーン
ウォーキング・デッドシーズン2第12話より

 

邦題 深い森の中で
原題 Better Angels
監督・ディレクター Guy Ferland/ガイ・ファーランド
脚本 Evan Reilly/エバン・レイリー
Glen Mazzara/グレン・マザラ

 

 ハーシェルの葬儀をすませ、ウォーカーに備えて警備を強化する。

リックたちはハーシェルの家で生活することに。

 

カールはシェーンに「デールを襲ったウォーカーは自分のせいで沼から抜け出してきた」と打ち明けた。

 

ローリはシェーンに、アトランタから救ってくれたことに改めて礼をいい、そして今の状況に対して心から悪いと思っていると謝った。

 

その後シェーンは、ランダルをこっそり納屋から連れ出し危害を加え、自分はランダルに襲われたふりをして皆の前に現れた。

 

シェーンの嘘に誘われて、リックとシェーン、ダリルとグレンが二手に分かれて森の中を捜索することに。

 

森の中でランダルが転化したウォーカーと遭遇したダリルは、噛まれた痕が無いことに不審を抱く。

その頃シェーンはリックを誘い出し、とうとう2人の関係に終末の決断を下そうとしていた…

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第12話 ネタバレ 感想『シェーンこの悪い顔!!』

 

第13話ストーリー『リック政権』

 

ウォーキング・デッドリックとローリ
ウォーキング・デッドシーズン2第13話より

 

邦題 壊れゆく人格
原題 Beside the Dying Fire
監督・ディレクター Ernest Dickerson/アーネスト・ディッカーソン
脚本 Robert Kirkman/ロバート・カークマン
Glen Mazzara/グレン・マザラ

 

ウォーカーが人知れず農場にぞくぞくと集結していた。

 

銃声に刺激されてウォーカーがリックたちに襲いかかる。

納屋に隠れたリックとカール、ウォーカーがなだれ込んでくると同時に火を放った。

 

ダリルはバイクで移動しつつウォーカーを迎え撃ち指示を出す。

ベスのボーイフレンドジミーはキャンピングカーで納屋のリックとカールを助けに行く。

 

Tドッグとアンドレア、グレンとマギーがそれぞれ2人ずつ2台の車に分乗してウォーカーを倒すがキリが無い。

 

女性たちは徒歩で逃げるが、途中オーティスの妻パトリシアが犠牲に。

 

グレンとマギーの車はウォーカーに囲まれてやむなく農場を離脱する。

ハーシェルもウォーカーに囲まれかけていたが、間一髪でリックが助け、3人で車に乗って農場を後にした。

 

アンドレアはキャロルを助けに車を降りた後、混戦になって置き去りにされる。

代わりに車に乗ったローリとベスを連れて逃げるTドッグ。

逃げ惑うキャロルは、ダリルに助けられた。

 

散り散りに農場から逃げ延びた後、ソフィアを待ったあの車の場所がランドマークとなって、皆がうまく再結集することができた。

 

東へ向かって移動を始める一行であったが、途中ガソリンが残り少なくなったので野営することに。

 

一方アンドレアは、森の中を逃げ惑い、銃弾も体力も尽き、ついに倒れる。

諦めかけたその時、フードを被った謎の刀使いに助けられたのだった。

 

野営するにあたって、グループの行動の決定についてメンバーとリックの間で衝突が起こり、リックは言う。

 

「俺がいないほうがいいか?行きたいなら行け。はっきりさせよう。でももし残るなら…ここにデモクラシーは無い。

 

 

◆感想記事はこちら

シーズン2第13話 ネタバレ 感想『リック政権誕生』

 

ウォーキング・デッド観るならhulu

 

◆シーズン1のあらすじはこちら

ウォーキングデッド シーズン1 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

◆シーズン3のあらすじはこちら

ウォーキングデッド シーズン3 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

◆シーズン4のあらすじはこちら

ウォーキングデッド シーズン4 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

◆シーズン5のあらすじはこちら

ウォーキングデッド シーズン5 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

◆シーズン6のあらすじはこちら

ウォーキングデッド シーズン6 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

◆シーズン7のあらすじはこちら

ウォーキングデッド シーズン7 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

◆シーズン8のあらすじはこちら

ウォーキングデッド シーズン8 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

ウォーキング・デッドシーズン2まとめ&全シーズンまとめ

 

シーズン2関連の記事をこちらで一覧にまとめています。

 

 

こちらでは全シーズンの記事をエピソード順に一覧にまとめております。

他のシリーズ、エピソードも気になる方は、ぜひこちらからチェックしてみてください。

 

 

評判の良いおすすめ動画配信サービスとは?

今最も人気で、充実したサービスを誇る、当ブログでも一押しの動画配信サービスhulu

月額933円で約4万以上のコンテンツが見放題!

 

他にも、メジャーな5つの会社のサービス内容を比較表にまとめ、おすすめ順にランキングでご紹介しております。

これを見れば必ず貴方にオススメの動画配信サービスが見つかります!!

 

 

この記事を読まれた方へのおすすめ関連ページ