映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン2第6話妙な感想文『アンドレアの痛さ』ネタバレ

Yahoo! JAPANカード 発行プロモーション

10,000円獲得のチャンス!!


今Yahoo!JAPANカードを発行申請すると、発行するだけでまずは4,000ポイント、その後1回ショッピング利用するごとに2,000ポイントずつ加算され、最大10,000ポイントまでTポイントが獲得できます!!

通常時は8,000ポイント前後がせいぜいのYahoo!JAPANカードの新規発行キャンペーンボーナスポイントですが、まだYJカードを発行した事が無い人は今が発行の大チャンス!!
絶対にお見逃しなくッ!!!

Yahoo! JAPANカード公式サイトで発行申請をする

ハピタス2大プレゼントキャンペーン

2019年1月15日まで!!

150万円山分け&新規登録者と紹介者に1,000円プレゼント!年末年始の特大イベント開催中!
今ハピタスでは、Yahoo!ショッピングでのお買い物などをはじめ多くの対象広告を利用するだけで、150万円山分け権利にエントリーすることができます。
対象広告を利用すればするほど、応募口数が増えて、山分け率も上がっていく仕組みになっています。
しかもこの期間中、お友達を一人紹介するたびに、そのお友達にもあなたにも1,000円分のポイントがプレゼントされますので、ぜひ紹介しやすいお友達やお知り合いから始めてみてくださいね♪
入会費や年会費等一切お金はかからないので、お気軽にアカウント登録して、年に一度のビッグイベントに参加してみてください!!

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない無料の安心のサービスです。

年末大感謝際キャンペーン!もれなく10,000円分ポイントプレゼン!

2018年12月27日まで!!

今i2iポイントの公式LINE@を友達登録して、毎日配信される案件の中からたった4つ取り組むだけで、その案件で貰えるポイントとは別に、なんとボーナスで10,000円がもれなくプレゼントされます!

年末の超お得な特大キャンペーンが始まりました!
この機会をぜひお見逃しなく!!

さらに詳しくはこちらのページをご覧ください
i2iポイント年末特大キャンペーン詳細

ちなみにi2iポイントは、無料アカウント登録を済ませるだけ1,000pt、簡単なプロフィール登録するだけ1,000pt公式LINE@を友達登録するだけでも500pt稼げてしまう非常にお得なポイントサイトです。

まだ利用したことが無い方はぜひお試しください。

このブログの筆者も愛用している紹介するにたる信頼できるサイトで、利用は完全無料ですのでご安心ください。

無料で簡単1分!i2iポイントに会員登録しに行く
*i2iポイントは年会費・退会費等料金は一切は発生しない無料の安心のサービスです。


オススメ記事



ウォーキングデッド シーズン2第6話のネタバレを含む感想を書いたレビュー記事になります。

かなりネタバレを含んで好き勝手書かせてもらってますので、この感想記事は一度見た後に読まれることをおすすめします。

観る前に読むと、なんのこっちゃ分からないというような内容ですが、観た後だと、わかるわかると頷ける部分もあるのではないでしょうか。あることを祈ります。

 

目次

 

ウォーキング・デッドパトリシアとベス
ウォーキング・デッドシーズン2第6話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Ernest Dickerson/アーネスト・ディッカーソン
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム

 

シーズン2第6話ストーリー・あらすじ

 

邦題 明かされる秘密
原題 Secrets
監督・ディレクター David Boyd/デイビット・ボイド
脚本 Angela Kang/アンジェラ・カング

 

 ⚠この記事には、ウォーキング・デッドシーズン2についてのネタバレ内容が含まれますので、未視聴の方はご注意ください。

 

 ローリの妊娠とハーシェルの秘密をデールに打ち明けるグレン

 

マギーは秘密を言ってしまったグレンに憤りを感じる中、再び調達に出た薬局でウォーカーに襲われる。

 

シェーンに銃の扱いを受けて外に出ていたアンドレアは、ウォーカーに襲われるが、見事次々と打ち倒す。

 

その後ローリは再びグレンに調達してもらった妊娠中絶薬を置きっ放しにしており、リックに見つかってしまうのだった。

 

 

シーズン2のあらすじはこちらの記事でまとめています。

ウォーキングデッド シーズン2ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

シーズン2第6話考察レビュー

 

今回もイライラ回ですぞ。

 

その前に、撃たれまでしたダリルのアンドレアを許す度量の広さ、次はちゃんと頭を打ち抜けと言うかっこよさと、抱えた秘密を吐き出すまでの我慢の無さ加減がすごいグレンは、相変わらず最高だと言っておきます。

 

嘘が苦手だというグレン。

ポーカーができないと言っていましたが、それにしてもひどい。

うろたえまくった挙句もうたまらんといった感じでしょうか、たった一文で速攻で吐き出しましたね。

 

「ウォーカーが納屋に。ローリが妊娠。」

 

 

さて女性陣ですよ。

 

シェーンとの浮気や妊娠のことを全部隠してるローリが、ハーシェルがリック一行を追い出したがってることを伏せていたリックに言ったセリフがこちら。

 

「なぜ私に隠してたの?!」

 

 いやいや…おまえさん…

 

お前さんが隠している事実の重大度は格が違うじゃないか。

なんでそんな自分を棚の一番上に上げてしゃべれるんだ…

 

「ここをもし出ることになっても君とカールだけは絶対守ってみせる。」

 

とリックが言うと

 

「…わかった。」

 

良いんだ。

 

自分とカールだけは絶対守ってもらえるなら良いんだ…

なんなんだこの女は…

私も私のできることであなたとカールを守り抜くというような言葉は出てこんのか?

お前の役目は一体なんなんだ…守られるために生きてるのか…

 

その口で、さらに内緒でグレンに中絶薬を取りに行くよう頼むローリ。

しかもその中絶薬を誰にも相談せずその後すぐ飲む。(吐くけど)

 

あんたどこまでもすげぇよ…

 

3話くらい前では助かったカールを、やっぱり助けないほうがこの子にとって幸せかも、とか言い出すし…

 

次は生まれてくる子供の命を、その不安定に揺れる感情の波ひとつ、独断即決で終わらせにかかるという。

 

ローリはまじで頭ヤバイです。

 

「生まれてくる子は幸せに成長して暮らせる?私の目を見て答えて。」

 

とデールに迫るローリ。

 

私がデールならこう言いたい。

 

「子供が幸せに成長するかどうかは環境の質じゃなく親の質が決めるんだよ。」

 

でもそれはつまり、ローリが親という時点で、”生まれてくる子供は決して幸せになれない”と断言していることになるので、言えません。

言ったら中絶薬への手がにょろにょろと伸びます。

 

また、ハーシェルに近づいていって「感謝するわ」とか結構カジュアルにお礼しただけで、あれだけ「今まで牛や豚を診てきたあなたにはカールを助けるなんて無理よ」とか断言したことへの謝罪も無し。

ハーシェルに「元気になったら出てってくれ」と言われたら、むしろローリのほうが、なんだコイツみたいな顔して無言で去って行きます。

 

つまりここにずっと置いてもらえると信じて疑ってなかったということです。

なんの義理があってハーシェルがそうすると信じていたのか。

自分たちを助けられる価値のある団体だと過信しすぎです。

 

というかローリはとにかく、他人に助けてもらう発想しかありません。

自分は何ができるのか、それをまず考えてくれ。

 

そして妊娠中絶薬を机の上に置きっぱなしにしておくってどんだけ分かりやすいんだ…!

 

その後のリックとの言い争いもすごい内容ばかりです。

 

「俺にずっと黙ってたのか?!」

 

と怒るリックに

 

「今話してるわ。」

 

いやいやいや…

 

「乗り越えられる。」

 

と勇気付けるリックに

 

「どうやって?教えて?」

 

なんで全部他人に答えを求めるんだ…

まあ自分で考えて勝手に出した答えにろくなものが無いので、他人に意見を聞くべきではあるのがローリクオリティなんですが。

 

そしてこれは後のシーズンをずっと見た後に、久しぶりにシーズン2を見ると思うことですが、ベスが若い。

 

話が全然飛びますが、天使指数がさらにえらいことになってます。

 

ただ非常に夢のない分析をひとつ入れるならば、このベス役のEmily Kinneyという女優さん、10代にものすごい美的ピークを迎えて、その後ものすごい勢いで崩れそうな感じが致します。

 

ちょっと肌荒れさせて、ちょっとぽっちゃりさせたら、あの天使感は何処に?!となってしまいそうな儚い美しさを感じます。

 

それで言ったらカールは若すぎますが…(笑

 

この頃のカールは、なんかまるまるとした、腹たつ見てくれをしています。

その後急激に縦への変化を遂げますが。

 

逆にカールは、子供の頃より年を重ねるごとに渋くかっこよく成長していく要素を感じますね。

40歳くらいになったら、渋いヒゲのイカしたおやじになっているのでしょう。

 

カールはその後メキメキと異常な速度で成長し、銃の扱いも上手になり、主力の一員になりますが、この時点で銃の扱いを覚えさすのは怖いですね。

なんかぷよぷよして腹たつ顔してるし。

 

アンドレアはさっそくダリルを撃つし。

 

カールに銃の扱いを覚えさすのは悪い予感がすると、初めてといっていいほどローリと意見が合いました。

そしてそのローリの直感がその後最悪の形で的中し、その後のエピソードで、カールが銃を持ったことによるいちびりが原因で、仲間の一人が犠牲になる事件が発生することになります。

 

続いてアンドレアの、ウォーカーを撃ち倒してからの、車の中での腹たつニンマリ顔からの、シェーンへの非常に直接的な交渉。

 

アンドレアがどんどん痛い感じになっていって、これはこの先も楽しみです。

 

 

次回、シェーンのテンションがなんか破裂します。

 

◆第7話の感想にジャンプ

第7話の感想『シェーン破裂テンション』

 

ウォーキング・デッド最新話はhuluのFOXチャンネルでチェック。

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

 

◆第1話の感想にジャンプ

第1話の感想『カール死亡?』

◆第2話の感想にジャンプ

第2話の感想『シェーンが嫌い』

◆第3話の感想にジャンプ

第3話の感想『アンドレアのコメント』

◆第4話の感想にジャンプ

第4話の感想『ローリまさかの妊娠』

◆第5話の感想にジャンプ

第5話の感想『ダリルを撃つアンドレア』

◆第8話の感想にジャンプ

第8話の感想『ローリよそのまま逝け』

◆第9話の感想にジャンプ

第9話の感想『ローリの悪女っぷり』

◆第10話の感想にジャンプ

第10話の感想『シェーン無駄に死にかける』

◆第11話の感想にジャンプ

第11話の感想『カールの悪ノリ』

◆第12話の感想にジャンプ

第12話の感想『シェーンこの悪い顔!!』

◆第13話の感想にジャンプ

第13話の感想『リック政権誕生』

 

シーズン2関連記事まとめ

 

シーズン2の感想等を書いた関連記事は、こちらで一覧にまとめています。

ぜひご覧ください。

 

ウォーキングデッドシーズン2感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン2の登場キャラクターまとめはこちらをクリック。

 

シーズン2の登場人物 キャスト情報

 

シーズン1のまとめ記事

 

ウォーキングデッドシーズン1感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン3のまとめ記事

ウォーキングデッドシーズン3感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

ウォーキング・デッドにお奨めのVODサービス

 

最新話を最速で観たいなら、huluのFOXチャンネルでどうぞ。

1000円以内の月額料金で、約4万作品以上の映画やドラマがいつでも見放題です。

シーズン1第1話「目覚めの朝」の、通常版より20分長いU.S.特別版も公開中です。

お見逃しなく!

 

今作品のアナザーストーリー『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』もチェックしたい方はAmazonプライムビデオで全シーズン公開中です。

 

hulu公式サイトへ

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

おまけおすすめゲーム実況動画

 

この記事を読まれた方へのおすすめ関連ページ