映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン1第2話妙な感想文『シェーンと寝る速度』ネタバレ

速報



ハピタス初めてのお買い物キャンペーン

10万円分の旅行券ゲットのチャンス?!

今ハピタス経由でHABA ONLINE通販サイトを利用したことが無い人が初めて利用すると、購入金額の4.8%還元+300円分のハピタスポイントと、さらにHABA35周年特別記念キャンペーンにもエントリーできます!!
賞品の内容は10万円分の旅行券50名の他、ダイソンのハンドクリーナーや北海道カタログギフト、ダブルチャンスとしてHABA ONLINE SHOPで使える1,000円分のポイントが総勢3,500名様に当たります!!
非常にお得なキャンペーンですので、これを機会にぜひハピタス経由でHABA ONLINEでお買い物をしてみてください!
ハピタスにログインしたら「HABA」で検索してみてくださいね!
ハピタスはただでさえ超おすすめのポイントサイトですので、この貴重な機会お見逃しなく!!

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。
-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技
[秋の特大キャンペーン開催中!]
10月31日まで限定!!今モッピーに新規無料登録した人を対象に漏れなく1,300円プレゼントキャンペーン実施中!!キャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でモッピーに新規無料会員登録

さらに!!

お財布.comでも10月31日まで同様に漏れなく1,100円ゲットできるキャンペーンが開催中ですので、この2つのサイトで合計2,400円棚ぼたゲットできる大チャンス!!この秋の2大キャンペーンを絶対にお見逃しなく!!
お財布.comのキャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でお財布.comに新規無料会員登録

*年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料のサービスですのでご安心ください。

ウォーキングデッド シーズン1第2話のネタバレを含む感想を書いたレビュー記事になります。

かなりネタバレを含んで好き勝手書かせてもらってますので、この感想記事は一度見た後に読まれることをおすすめします。

観る前に読むと、なんのこっちゃ分からないというような内容ですが、観た後だと、わかるわかると頷ける部分もあるのではないでしょうか。あることを祈ります。

作中使われた挿入曲の詳細なども併せて掲載しております。

 

目次

 

ウォーキング・デッドグレンとリック
ウォーキング・デッドシーズン1第2話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Frank Darabont/フランク・ダラボン
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム

 

シーズン1第2話ストーリー・あらすじ

 

邦題 生き残るための方法
原題 Guts
監督・ディレクター Michelle MacLaren/ミシェル・マクラーレン
脚本 Frank Darabont/フランク・ダラボン

 

 ⚠この記事には、ウォーキング・デッドシーズン1についてのネタバレ内容が含まれますので、未視聴の方はご注意ください。

 

グレンによって助けられ、生存者グループと合流したリック

 

しかし荒くれ者のメルルが逆上してウォーカーに向かって屋上から銃を乱射している

 

リックたちが駆けつけて冷静にさせようとするが叶わない。

仕方なく手錠をかけて押さえつけることに。

 

そうこうしているとビルが大量のウォーカーに包囲されてしまう。

 

追い詰められた一行は、”ある方法”で脱出を試みる。

 

その方法とは…

 

 

シーズン1のあらすじはこちらの記事でまとめています。

ウォーキングデッド シーズン1 ネタバレ あらすじ『1話〜6話』

 

シーズン1第2話考察レビュー

 

まずしょっぱなのシーンで、この物語のヒロインというか、とりあえず一番主役となるはずの女性である、ローリ(主人公の妻)に対する心象が、いきなりマイナス100点となる出来事が起こります。

 

物語と仲間の関係をこじれさせるためには、効果的な設定なのでしょうが、分かっちゃいても「なんだコイツ??」と思わざるを得ませんでした。

 

グーグルの検索でも、「ローリ」とタイプすると予想ワードに「うざい」が出てくるほど好感度が低いキャラのようです。

 

ぱっと見大人しそうというか、大人しいじゃないな、気が強いというか芯は強そうで、あまり性欲に流されたり一時の感情に流されない賢さを持ち合わせていそうな感じがするんですが、全然。

 

筋肉と優位性に求められたらふらふらと揺らぐグラグラ女でした。

 

グラグラ女でした。

 

リックはもう助からないと思っていた、彼女の言い分はその辺りでしょうが、早すぎやしないでしょうか?気持ちの切り替えが。

 

男の乗り換えが。

 

第2話ですよ。

アウトブレイクからどれくらい時間が経ってるのか分かりませんが、数ヶ月とか経ってるわけじゃないでしょう。

だってリックが数ヶ月飲まず食わずで病院に放置されてたらそのまま死んでるでしょうしね。

 

ということは数日?

1週間以内ということになりましょうぞ。

 

ローリがリックを失ってからシェーンと寝るまでは1週間以内ということになりましょうぞ。

 

これは早い。早すぎる。

尻が軽いというよりかは、腰が軽いんでしょうか、気持ちが軽いんでしょうか。

 

よく「お金持ちになるための100の習慣」みたいなのに絶対入ってくるであろう、思い立ったらすぐに行動!!みたいなのは大事だと思いますよ。

腰が重い人は成功しない。

 

そういう意味でローリの腰の軽さは一級品です。

 

これから先ローリとリックがどうなってしまうのか、なかなか見ものです。

 

と同時に、物語通してトップ好感度を維持し続ける、グレンが登場。

登場からすでに不思議と魅力に溢れるキャラクターです。

 

その後ビルをウォーカーに囲まれ、逃げだすための妙案は、”ウォーカーの腐肉や血をまとえば生きてる人間だと気づかれない”ということだったんですが、これ見てる時、みなさん思いませんでしたか?

 

それで騙せるならどこまででも逃げられるんじゃないか?

 

この、”匂いで気づかれない”設定は、その後のエピソードでも時々頭をかすめてしまうんです。

車の陰に身を潜めてウォーカーをやり過ごそうとしてる時とか、「それ人間の匂いで気づかれないの?!」とか…

 

もっと言うと、ウォーカーの皮とか剥いで、”死臭全身コート”みたいなのを作って持ち歩いて、やばくなったら全員それ着たらいいんじゃないかとか。

 

でもこれ、のちのち辻褄合わせのためなのか、シーズンが進んでいくと、あんまりウォーカーの腐った血を体に付けると、なんか病気になるというような設定が出てきます。

 

さらにウォーカーの血が体内まで入ってしまうと、命があっても転化する、というようなことまで起こるようです。

 

そういうことを知っている上でウォーキング・デッドを観ていると、それ危ないんじゃないかと、ウォーカーを倒す時に血液をかぶったりしてるシーンとかよくあっていいのかと思います。

 

メルルみたいなキャラって、こういう映画には無くてはならない引っ掻き回しキャラですよね。

 

触る者全てを切りつけるような緊張感しか持たない暴力的な男。

日本でも暴力的な人というのはいくらでもいますが、アメリカではこういう暴力的な育ちの男が、さらにヘロインをキメて銃を持ち出すから恐ろしいですね。

 

よくここまでこのグループの中でやってきたなと。

いや、一週間くらいの話なのか…

 

この辺では登場するキャラの名前や個性を把握するだけで精一杯という感じ。

出てきたキャラは、リックを助けてくれたアジア人グレン、荒くれ者のメルル、黒人のTドッグ、同じく黒人の女性ジャッキー、ブロンドで妹がいるアンドレア、中東系の小太りのおっさんモラレスといったところですか。

あとはアンドレアの妹はアクセサリーの趣味が悪いという情報もありました。

 

それにしてもメルルの置かれた状況を自分に置き換えて想像してみると、心底ぞっとします。

Tドッグもよくうまいこと鍵をあんな排水溝に落としましたね。

さすがすきっ歯。

 

ちなみになんでTドッグなのかというと、キャラの名前がセオドア・ダグラス(Theodore Douglas)だからです。

すきっ歯にはもったいない、副大統領みたいな名前してます。

 

あの顔に向かって「セオドア」は無いですよね。

Tドッグが御誂え向きです。

急に屋台で売られてる食い物感が出て親しみやすくなります。

 

そんなことよりメルルです。

あのあたりの背中がそわそわするような緊迫感は、こういうパニック映画の醍醐味といえますね。

 

しかしあの顔で名前が”メルル”って…可愛すぎです。

 

アトリエで薬でも調合してそうな名前をしてます。

 

名前に食いつきすぎでしょうか。

 

ラストシーン、グレンがスポーツカーでアトランタからの下り車線を疾走してくる画はすごくウォーキング・デッドらしい画という感じがしました。

 

前回のリックが馬に乗ってアトランタの交差点で大量のウォーカーに出くわすシーンも印象的でした。

 

 

次回、リックと再会したローリの微妙な表情が見ものの第3話。

ぜひこちらの変な感想も読んでみてください。

 

◆第3話はこちら

シーズン1第3話 ネタバレ 感想『ローリがクズの理由』

 

 

ウォーキング・デッド見るならhuluで。

20分長いU.S.特別版第1話を視聴することもできます。

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

 

このエピソードに使われている挿入曲・BGM

 

『I’m a Man』 by Black Strobe

サイレンが鳴ったままの赤いスポーツカーでグレンが颯爽とアトランタから去ってくるシーンで流れる曲。

 
 

 

全シーズンで使われた楽曲の一覧はこちらです。

ウォーキング・デッドで使われた挿入曲・BGM一覧

 

Amazonでダウンロード販売されている楽曲(4,000万曲以上)が月額780円で聴き放題になります。

  

◆第1話はこちら

シーズン1第1話 ネタバレ 感想『リック目覚める』

◆第4話はこちら

シーズン1第4話 ネタバレ 感想『穴掘りジムの予知』

◆第5話はこちら

シーズン1第5話 ネタバレ 感想『ローリむかつく』

◆第6話はこちら

シーズン1第6話 ネタバレ 感想『耳打ちジェンナー博士』

◆シーズン2の感想はこちら

シーズン2感想まとめ

 

ウォーキング・デッドシーズン1感想全話まとめ

ウォーキング・デッドシーズン1の関連記事は、こちらに全て一覧で掲載しています。

 

ウォーキングデッドシーズン1感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

また、登場人物一覧がご覧になりたい方は下のリンクから直接ジャンプできます。

 

シーズン1の登場人物 キャスト情報

 

ウォーキング・デッドファンに一押し動画配信サイト

最速で最新話が観れる上、U.S.特別版のシーズン1第1話「目覚めの朝」も観れるhuluはウォーキングデッドを視聴するのには一押しの動画配信サイトです。

 

『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』まで全て観たいという方はAmazonプライムビデオをチェック!

 

hulu公式サイトへ

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

ウォーキング・デッド シーズン1|FOX公式サイト

 

ウォーキング・デッド原作コミック等関連商品まとめ

 

このページを読まれた方へのおすすめ関連ページ