映画の感想文

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

映画見放題!おすすめ無料アプリ/人気動画配信サービス徹底比較2018

-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技
『おすすめ人気動画配信サービス』比較ランキング2018

最終更新日2018.1.3

 

数ある動画配信サービス(VOD)の、どれがご自分にピッタリの条件を兼ね備えたサービスなのかをはっきりと比較検討するために、分かりやすく各社のサービス内容の特徴をまとめて、比較しつつご紹介しています。

 

数ある人気動画配信サービス(VOD)から【Hulu】【dTV】【U-NEXT】【TSUTAYA TV/DISCUS】【Netflix】【Amazonプライム】【FOD(フジテレビオンデマンド)】【スターチャンネル】【dアニメストア】【auビデオパス】【DMM見放題ライト】のサービス内容を、料金・画質・動画配信数などから徹底比較していますので、ぜひ、動画配信サービス選びにご活用ください。

 

これを読めば、きっと貴方にぴったりの動画配信サービス(VOD)が見つかりますよ。

 

目次

 

動画配信サービスVODとは?

 

VODとは”ビデオ・オン・デマンド”の略で、観たい時に観たい映像を視聴することができるサービスのことです。

”電子レンタルビデオ”とも呼ばれ、これからの新しいレンタルビデオの形態として、ますます定着していくこととなるでしょう。

動画配信サービス”といったほうが一般的です。

 

見たい動画(映画・ドラマ)を選べば、オンデマンド(要求に応じて)視聴できます。

こういったオンデマンドでダウンロードではなくストリーミングで配信するサービスは、確実にこれからの主流となるでしょう。

音楽ももうダウンロードの時代が終わりつつありますが、映画やドラマもそうなっていくでしょう。

音楽聴き放題!おすすめの人気定額制ストリーミング配信サービス比較

 

動画配信サービス(VOD)の課金形式

 

動画配信サービス(VOD)には二種類の課金形式があります。

 

  1. 月額利用料を支払えば旧作の映画やアニメが見放題という定額制。
  2. 新作作品などに対してコンテンツ毎に課金し、一定期間視聴できるPPV(ペイ・パー・ビュー)方式。

 

基本的にどこの動画配信サービスも、月額利用料を支払って旧作映画やアニメなどが見放題できるというのは共通しています。

中にはそれにプラスα、新作映画などはPPV方式で個別にレンタルして視聴できるという形式をとっている動画配信サービスもあります。

 

では具体的にどういう種類の動画配信サービスがあり、それぞれどういう特色があるのか?ご自分のニーズに合ったお得な動画配信サービスはどこなのか?ということを検討しやすい各社のサービス比較を、順番にご紹介していきたいと思います。

 

4万本以上の見放題作品、特に海外ドラマの充実度が嬉しい - Hulu

 

hulu

2007年にロサンゼルスで設立されたhuluは、定額制VODの先駆け的存在。

FOXやディズニーといったアメリカ大手映画会社やテレビ局が出資しており、豊富で高品質なコンテンツを提供できる環境が整っており、hulu独占配信作品なども増えてきています。

 

その中でも、日本ではなかなか視聴できる機会の無いような、アメリカやイギリスのドラマシリーズのコンテンツの充実っぷりは、他の追随を許さない状況です。

洋画、邦画、アニメなど各ジャンルで充実したラインナップを誇り、幅広い年代層に対応しています。

 

また2014年からは日本テレビが国内事業を買収し、日本のドラマ、アニメコンテンツも着実に増加の一途をたどっています。

日本のコンテンツは、日本テレビ系列に限らず、TBS・フジテレビ・NHKなど主要放送局の人気番組をカバー。

また「日テレオンデマンド」と連携されており、現在放送中のドラマやバラエティの見逃し配信、昔の懐かしの番組も多く用意されています。

 

アダルト作品は無し

 

Huluは月額933円の定額以外に、PPV課金は一切かかってこないのも特徴のひとつ。

 

「FOXチャンネル」をはじめとした人気海外ドラマ専門放送局を視聴でき、最新海外ドラマも課金なしでリアルタイムで見れます。

→FOXチャンネル公式ページ(http://tv.foxjapan.com)

 

映像の面では、基本720pのHD画質で、スマホなどの端末からは過負荷を避けるために、回線速度に合わせて288p、360p、480pと自動調整してくれる機能があります。(自己設定も可)

 

他にも、視聴者にとってベストなタイミングで字幕が現れるように調節されていたり、日本語字幕のみならず、英語字幕、吹き替えなども各種豊富に用意されています。

 

途中再生機能(レジューム機能)があり、いつでも再生を中断、再開することができます。

 

ただし現在、U-NEXTなどでできる複数端末同時視聴は不可、またダウンロード視聴も不可となっていますので、家族で別の動画を別の端末で同時に見たい方、ダウンロードして出先で見たいという方はお気をつけください。

 

視聴再生できるデバイスは多肢にわたり、ざっと挙げてみると、PC、スマホ、タブレット、Hulu対応TV、などはもちろんのこと、PS3、PS4、Wii、WiiU、Xbox360、ニンテンドー3DS、プレイステーションVitaといったゲーム機にも対応している。

 

Huluを選ぶメリット

 

  • 定額見放題のコンテンツが最も豊富で充実している。(海外ドラマは特に)
  • Huluでしか見れないHuluオリジナル作品が多数ある。
  • 世界的な大手動画配信サービスで今後のさらなる充実・展開も期待できる。
  • 画質が優れている。

 

Huluのデメリット・退会した人の理由

 

  • 夜の回線が混むとの口コミも。
  • 検索が不便で見にくい。
  • 無料お試し期間が2週間と短い

 

Hulu基本情報

月額 933円
コンテンツ 4万以上(全て見放題)
画質 HD
ダウンロード ×
複数端末同時視聴 ×
課金(PPV) なし
無料お試し期間 14日間
テレビ視聴 hulu対応TV、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、PayPal、キャリア決済、huluチケット、iTunesStore

 

【hulu】2週間無料トライアルはこちらから

 

ラインナップは日本人好み!コスパで選ぶなら - dTV

 

dTV

NTTdocomoとエイベックス通信放送が運営する動画配信サービス。

2015年4月のキャリアフリー化によってドコモユーザーでなくても利用できるようになり、500万を超える会員数はVODサービスでは国内最大の規模。

 

月額500円とリーズナブルな料金ながら、コンテンツ数は12万以上

ただし、このコンテンツにはPPVによる有料作品や、カラオケ・ミュージックビデオ等も多く含まれており、定額で見放題の映画・ドラマ等コンテンツは、例えばHuluと比べると劣ります

 

日本人の嗜好に合った作品の制作や、J-POPのライブ生配信やミュージックビデオ、様々なジャンルのカラオケ映像などの音楽コンテンツ、アニメにも力を入れ、さらにFOD(フジテレビオンデマンド)との共同制作や、オリジナルドラマなど、オリジナル限定配信コンテンツにも力を注いでいます。

 

「韓流・華流コンテンツ」が豊富で、アダルト作品は無い

 

ドラマのスピンオフ作品やスライドショー形式で視聴できるマンガ「ムービーコミック」など、docomoがエイベックスグループと共同で提供している『BeeTV』が見放題。

 

dTVのスマホアプリには「ザッピングUI」という機能が採用されています。

これによりテレビのザッピングのように、アプリを立ち上げた際に過去の視聴履歴などから、好みを予測して次々とチャンネルを回すようにオススメの動画を提案してくれます。

 

画質は多くがHD以下で、SD画質が主流

通信状況などにより、時折画質が大きく荒れる場合があるのと、Macでは一部のコンテンツがHDで再生できないという不具合もあったもよう。

 

ダウンロード視聴は可能だが、複数端末同時視聴は不可

 

ゲーム機には非対応。

dTVターミナルという専用テレビ視聴デバイスを併用すれば、自宅のテレビで視聴が可能。

Apple TVもサポートしている。

 

dTVを選ぶメリット

 

  • 月額利用料が500円ととてもリーズナブルで、コスパで選ぶならdTVかAmazonプライムビデオ
  • 見放題作品2万3000以上を含むコンテンツ数も、500円にしては充実している。
  • ダウンロード視聴が可能。

 

dTVのデメリット・退会した人の理由

 

  • 総コンテンツ数は膨大だが、メジャーな動画が少なく、Huluなどに比べると見たい見放題作品が少なかった。
  • HD非対応作品も多く、SD画質だと見る気になれない。U-NEXTやHuluなどの高画質映像に慣れていると尚更。

 

dTV基本情報

月額 500円
コンテンツ 12万以上(見放題は2万3000以上)
画質 SDが主/一部HD・4K
ダウンロード ◯(PC/スマホ両方可)
複数端末同時視聴 ×
課金(PPV) あり
無料お試し期間 31日間
テレビ視聴 dTVターミナル、dTV対応テレビ、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、デビッドカード、docomo決済

 

【dTV】31日間無料トライアルはこちらから

 

最新作品も月額料金内で!無料トライアル申し込みで600円分のポイントが貰える! - U-NEXT

 

U-NEXT

国内の動画配信サービスでも古参のU-NEXT。

 

dTVに匹敵する映像コンテンツ数(アダルトコンテンツ1万以上を含む)を誇り、地上波番組の見逃し配信も実施。

 

コミック・書籍が20万冊以上、雑誌が70誌以上と動画以外も充実している

 

最新映画はブルーレイやDVDの発売と同日配信と配信タイミングが早く、更新頻度も高いと評判です。

 

料金は月額1,990円

この内、実質見放題料金は790円で、残りの1,200円は『U-NEXTポイント』として月初に付与される還元ポイントとなる。

この『U-NEXTポイント』は、「ポイントOK」のアイコンが付いている作品、コミックや書籍のレンタル・購入時に利用できる他、全国のイオンシネマや松竹マルチプレックスシアターズの映画チケットのクーポンに交換できたり、オンライン予約サービス『KINEZO』を利用する際の割引に使ったりもできる。

 

別料金になるが、NHKオンデマンドの「見逃し見放題パック(月額900円)」や「特選見放題パック(月額900円)」を契約すると、U-NEXTのプラットフォームから視聴でき、しかもこの料金は、U-NEXTポイントで支払うこともできるので、U-NEXTポイントの使い道は多種多様に用意されている。

 

動画配信サービス以外のサービスも充実しており、株式会社USENが運営する「SMART USEN」が聴き放題になる「音楽chポイントサービス(月額490円)」、カラオケ歌い放題の「カラオケサービス(月額990円)」などがあります。

 

コンテンツはストリーミングの他、ダウンロードしてオフライン再生が可能

また、親アカウント1つにつき子アカウント3つ作ることができ、最大4つのデバイスでそれぞれが別々のコンテンツを同時に楽しむことができる他、R制限のあるコンテンツに対して、子アカウントの表示・非表示を設定、また有料コンテンツの購入制限も設定できる安心の『ペアレンタルロック』機能を有しています。

ペアレンタルロック設定方法

 

動画の視聴に際しては、視聴済み/視聴途中の履歴を残すことができ、次回再生した際には、コンテンツが途中停止されている場合、自動的に停止ポイントから再生されるようになっている。(この機能はデバイスが変わっても引き継がれる。)

 

画質は基本的にフルHDで、4K画質のコンテンツも配信され始めています。(一部作品によってHD画質、SD画質のものも含む)

 

現在無料トライアルを申し込むと、特典として600円分のU-NEXTポイントがもらえるので、最新作や有料のコミックなども楽しむことができるので、迷ったらとりあえず無料トライアルを試してみることをオススメします。(気に入らなかった場合”解約”を忘れないように)

 

U-NEXTを選ぶメリット

 

  • 見たい新作をいち早くU-NEXTポイントで見ることができる。
  • 見放題作品5万以上を含む、コンテンツ充実度も業界トップレベルで、特に見放題で見れるアニメ作品の本数が多い。
  • ダウンロード視聴・複数端末同時視聴が可能。
  • 無料トライアルに申し込むと1ヶ月無料になるだけでなく、600円分のポイントが貰える。

 

U-NEXTのデメリット・退会した人の理由

 

  • アダルト作品が必要無いので。
  • 月額料金が高い。
  • 月額利用料金が高いわりに、見放題の作品が少ない。

 

U-NEXT基本情報

月額 1,990円
コンテンツ 12万以上(見放題作品は5万以上)
画質 フルHDが主/一部4K・HD・SD
ダウンロード ◯(iOS、Androidアプリでのみ可)
複数端末同時視聴 ◯(4台まで)
課金(PPV) あり
無料お試し期間 31日間(600ポイント特典あり)
テレビ視聴 U-NEXT対応TV、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、デビットカード、U-NEXTカード、キャリア決済

 

【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらから

 

TSUTAYAのヘビーユーザーはこちらに移行されてみては? - TSUTAYA TV/DISCAS

 

TSUTAYA TV/DISCAS

レンタルビデオの最大手TSUTAYAが運営する新しい配信&配達サービス。

ちょっとプラン等が込み入っていて、分かりにくいのがこのTSUTAYA TV/DISCAS。

順にご説明していくと、まず大きく分けて2つのコースがあります。

 

月額933円の「動画見放題プラン(TSUTAYA TV)」に入ると、約8,000作品がいつでも見放題となるのと、毎月1080円分のポイントが付与されるので、これでPPVの新作動画等も2本無料で見れます

 

月額1,865円の「定額レンタル8(TSUTAYA DISCAS)」は、TSUTAYAが扱う膨大なDVDやCD等が、送料も延滞金もなしで、新作も月最大8枚までレンタルできる、というサービス。

 

無料トライアルに登録すると、30日間はこのTSUTAYA TV(933円/月)とTSUTAYA DISCAS定額レンタル8(1,865円/月)の両方が無料で楽しめますので、かなりお得です。

期間終了後は、動画見放題のTSUTAYA TVや、TSUTAYA DISCAS定額レンタル4などのプランに自由に移行させられます。

 

動画配信サービスのコンテンツは32,000以上(うち無料で見放題の作品は約8,000以上)、DISCASのほうの借り放題作品はというと約23万タイトル+CD約17万タイトルから選べるため、他の動画配信サービスで見つからない作品も見つかりやすいです。

 

アダルト作品あり。

 

TSUTAYA TVの中ではさらに「定額動画ポイント1300」「定額動画ポイント2600」「定額動画ポイント3900」「定額動画ポイント5200」「月額見放題フル」というプランに分かれており、それぞれ次のような特徴があります。

 


定額動画ポイント1300:1,300ポイント分の動画視聴ポイント付与(月額990円)

定額動画ポイント 2600:2,600ポイント分の動画視聴ポイント付与(月額1,980円)

定額動画ポイント 3900:3,900ポイント分の動画視聴ポイント付与(月額2,970円)

定額動画ポイント 5200:5.200ポイント分の動画視聴ポイント付与(月額3,960円)

月額見放題フル:アダルト作品50,000本以上が見放題(月額2,381円)

 

これに関してはスタンダードプランの月額933円で動画視聴ポイントが1080円分ついてくるというのが最もコスパも良くおすすめだと言えます。

「2600」以上のプランとなってくると非常に高額で、それならU-NEXTなどのほうが作品数も多く画質も良いので、そちらにしたほうが良いということになってきます。

また、「月額見放題フル」に契約してまでアダルト作品が見たい場合は、後述するDMM見放題ライトにしたほうが絶対にお得です。

 

TSUTAYA DISCASの中ではさらに「定額レンタル4」「定額レンタル8」「定額レンタル16」「定額レンタル24」と分かれており、それぞれ新作を含む全てのレンタル作品の中から毎月4枚から24枚まで借りれるプランがあります。

料金は次の通りです。

 

定額レンタル4:月額933円

定額レンタル8:月額1,865円

定額レンタル16:月額3,670円

定額レンタル24:月額5,423円

 

規定枚数以下しか借りない月があった場合、次月に持ち越されるサービスもあります。

参照→自動繰り越しサービスについて(公式サイト)

 

逆に規定枚数を超えると、新作と準新作が借りられなくなりますが、それ以外の作品なら定額で何枚でも引き続き借りることができます。(定額レンタル4では旧作借り放題サービスはありません。

 

動画見放題のTSUTAYA TVプランと、TSUTAYA DISCAS定額レンタル8プランを同時に契約すると、通常合わせて2,798円のところ、2,417円に割引されるので、どちらも楽しみたい方はぜひこの「動画見放題+定額レンタル8」プランをお選びください。

 

TSUTAYA TVにはこれといった強いここだけの魅力といった点は見つけられませんが、TSUTAYA DISCASはTSUTAYAならではのサービスですので、TSUTAYAのヘビーユーザーにはとにかくおすすめです。

 

TSUTAYA TV/DISCASを選ぶメリット

 

  • TSUTAYA TVは月額933円で動画見放題+1080ポイント分の視聴ポイントが付く。
  • TSUTAYA DISCASは23万タイトルもの圧倒的なレンタル作品を宅配してもらえる。TSUTAYAにしかできないサービス。
  • TSUTAYAをよく利用する人がレンタルや返却に店舗に通う手間を省ける。

 

TSUTAYA TV/DISCASのデメリット・退会した人の理由

 

  • 動画見放題の見放題作品数8,000は少なめ。
  • TSUTAYA TVはTVで視聴しない限りSD画質で見ることに。
  • 対応端末が少ない。
  • 月額利用料が高め。

 

TSUTAYA TV/DISCAS基本情報

月額 933円(TSUTAYA TV)/ 1,865円(TSUTAYA DISCAS定額レンタル8)
コンテンツ 約23万タイトル以上(見放題作品は8000以上)
画質 PC・スマホから再生(SD)/TVで再生(HD画質の作品はHD)*回線速度による
ダウンロード ◯(アプリのみ可)
複数端末同時視聴 ◯(マルチスクリーン対応作品のみ2台まで)
課金(PPV) あり
無料お試し期間 30日間
テレビ視聴 ネット接続可能なTVで可
PC・タブレット視聴 視聴可能(マルチスクリーン対応作品のみ)
スマホ視聴 視聴可能(マルチスクリーン対応作品のみ)
支払方法 クレジットカード、 ドコモケータイ払い、auかんたん決済、Softbank決済

 

【TSUTAYA TV/DISCAS】30日間無料トライアルはこちら

 

クオリティの高いオリジナル作品群がハマる人にはたまらない - Netflix

 

netflix

世界最大手とも言われる映像ストリーミング配信事業会社が運営するNetflixは、huluと同じく世界中で親しまれ、7000万近いユーザー数を誇る動画配信サービスで、日本では2015年9月にサービスがスタートした後発のVODサービス。

 

豊富なNetflixオリジナル作品群には、アカデミー賞やエミー賞などを受賞するなど、クオリティの高い作品が非常に多い。

 

しかし、国内系コンテンツdTVU-NEXTと比べると明らかに劣っています。

また全体の総コンテンツ数でも少なめ。

アダルト作品無し

 

月額料金プランは、ベーシック(SD画質・1ストリーミング・650円)、スタンダード(HD・2ストリーミング・950円)、プレミアム(4K・4ストリーミング・1450円)に分かれているので、用途に合ったプランを選ぶことができます。

 

プラットフォームが洗練されており、特にパーソナライズ検索と呼ばれる、視聴履歴などからオススメ動画が自動で選び出される、レコメンド機能が秀逸。

 

PPV課金はなく、完全定額制

 

ダウンロード視聴機能は実装されていなかったが、2016年11月30日に、iOS/Androidアプリでのみ動画ダウンロード機能が追加された

 

海外作品が充実しているNetflixですが、日本で配信している作品には、すべて日本語吹き替えがついています。

 

Softbankが日本法人Netflix株式会社と業務提携を結んでおり、SoftbankのオンラインアカウントからNetflixの料金をSoftbank経由で支払うことが可能。

 

国内テレビメーカー各社からもNetflix対応テレビがぞくぞくとラインナップされてきています。

 

Netflixを選ぶメリット

 

  • Netflixでしか見れないNetflixオリジナル作品の質が高い。
  • 洋画のコンテンツが充実している。
  • ダウンロード視聴ができる。

 

Netflixのデメリット・退会した人の理由

 

  • 見たい作品が見つからないし、Netflixにはあってhuluにはないというようなコンテンツが少ない。
  • いつ何が追加されてるのか分かりずらく、更新ペースが遅い。
  • 作品数が少なく、邦画や日本のドラマ等はほとんど無い。
  • 画質の高い契約だとコンテンツ量の割に月額量がすごく高い。

 

Netflix基本情報

月額 650円(SD)/ 950円(HD)/ 1450円(フルHD・4K)
コンテンツ 約8千以上(非公開)
画質 ベーシックプラン(SD)/スタンダードプラン(HD)/プレミアムプラン(4K)
ダウンロード ◯(iOS、Androidアプリでのみ可)
複数端末同時視聴 ベーシックプラン×/スタンダードプラン◯(2台まで)/プレミアムプラン◯(4台まで)
課金(PPV) なし
無料お試し期間 1ヶ月間
テレビ視聴 Netflix対応TV、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、 デビットカード、PayPal、Softbank決済、iTunesStore

 

【Netflix】1ヵ月間無料トライアルはこちらから

 

Amazonプライムにくっついてきたびっくり特典 - Amazonプライムビデオ

 

2013年に国内サービスを開始した、日本では後発組のVODサービス。

 

Amazonプライム会員なら追加料金なしで利用できるので、他のAmazonプライム特典にも魅力を感じている人には有利なサービス。

しかし純粋にVODサービスとして他の動画配信業者のサービスと比較すると、料金が安いという点以外の全ての点で見劣りします。

 

動画見放題といっても、総コンテンツ3万以上に対して、実際に追加料金無しで視聴できるのはその10分の1程度の数に限られる

ほとんどがPPV課金方式がとられている。

 

アダルト作品無し

 

画質に関しては現在大半がSD画質だが、HD画質に対応している作品もあります。

HD画質のビデオをレンタル・購入する場合、SD画質でレンタル・購入するより高くなる場合がほとんどなので注意。

 

しかし圧倒的にコスパがよく、実質月額325円と、dTVよりも安くなっており、他のAmazonプライム特典も考慮に入れると、破格のお得サービスであることは疑いないでしょう。

 

Apple TVに非対応だったが2017年6月から対応したとのこと。

ダウンロード視聴が可

複数端末同時視聴も3台まで可。 

 

Amazonプライムビデオを選ぶメリット

 

  • 月額料金を考えるなら最もリーズナブル。
  • Amazonプライムの他の特典がAmazonをよく使う人には魅力的。
  • Amazonプライム特典の「おまけ」で見れると考えたら逆にすごい。

 

Amazonプライムビデオのデメリット・退会した人の理由

 

  • 見放題の動画数は少なく、あくまで他のプライム特典のオマケレベル。
  • ほとんどがSD画質。

 

Amazonプライムビデオ基本情報

月額 実質325円(年会費3900円)
コンテンツ 3万2000以上(PPVを多く含む)
画質 多くがSD/一部HDや4K
ダウンロード ◯(iOS、Androidアプリでのみ可)
複数端末同時視聴 ◯(3台まで)
課金(PPV) あり
無料お試し期間 30日間
テレビ視聴 Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、au WALLET プリペイドカード

 

【Amazonプライムビデオ】30日間無料トライアルはこちらから

 

フジテレビによるフジテレビのための - FOD(フジテレビオンデマンド)

 

フジテレビが運営するVODサービス、FOD(フジテレビオンデマンド)

特徴としては、とにかくフジテレビの番組が観れるということです。

 

逆に言うと、フジテレビの番組以外はほとんど何も無いと言っても良いくらいで、最新映画などが観たい方はU-NEXT、海外ドラマが観たい方はhuluなどをお選びください。

フジテレビで放送されたドラマやバラエティ番組、アニメや映画、配信限定オリジナル番組などが観たい方向けの動画配信サイトです。

フジテレビ系だけで、他局のドラマなどは観れません。

日テレ作品に興味がおありの方は、日本テレビが権利を買収したhuluをおすすめします。

 

コンテンツは約2万以上といったところ。

 

動画だけでなく雑誌や漫画が100冊以上無料で読める有料会員特典があり、また毎月有料コンテンツに使えるポイントが100ポイント付与されたり、8の付く日にログインして所定のボタンをクリックすると、400ポイントがプレゼントされたりするキャンペーンも開催しています。

 

つまり最大月に1,300円分の有料コンテンツが無料で楽しめるチャンスがあるということですので、月額費の元が取れすぎるくらい取れてしまいます。

 

+7(プラスセブン)という最大7日間無料の見逃し配信が登録不要で利用でき、最新ドラマやバラエティー番組などが、放送直後から期間限定配信されます。

 

テレビで出力する機能は無く、PCやスマホ、タブレットでの視聴専用のサービスとなっています。

また、オフライン再生もできません。

 

最安値の月額888円の「 FODプレミアム」というコース以外にも、様々なコースがあり、詳細は以下のようになります。

 

【見放題コース】

 

FODプレミアム:月額888円

通常の見放題コースで、約2万本以上のドラマやアニメが見放題。

 

競馬予想TV!月額見放題コース:月額1000円

見栄晴、松本ヒロシ、横山ルリカ出演の「競馬予想TV!」見放題の付いたコース。



【ライブコース】(普通のテレビ番組のようにリアルタイム配信形式)

 

ワンツーsmartコース:月額1000円

フジテレビONEsmart(スポーツやバラエティー)、フジテレビTWOsmart(ドラマやアニメ)の2チャンネルがセットになったコース。

 

ネクストsmartコース:月額1200円

フジテレビNEXT ライブ・プレミアムがベースとなった、世界のスポーツや、各種音楽フェス、K-POPライブ、ドラマやグルメ、パチスロ番組などが配信されているフジテレビNEXTsmartが見放題のコース。

 

ワンツーネクストsmartコース:月額1500円

 上記フジテレビONEsmart、フジテレビTWOsmart、NEXTsmarの3チャンネルがセットになったコース。(別々に契約するより700円お得)

 

フジテレビONEsmart(ワンスマ) 週間番組表 

フジテレビTWOsmart(ツースマ) 週間番組表

フジテレビNEXTsmart(ネクスマ) 週間番組表 

 

FOD各種コース

 

多彩な無料アプリが用意されていて、スマホからも快適にコンテンツが楽しめます。

 

各種無料アプリ一覧

「FOD」見放題FODプレミアムと見逃し配信プラスセブンが視聴できるアプリGoogle PlayApp Store

「FODマガジン」雑誌が読めるアプリGoogle PlayApp Store

「FODライブPlayer」ライブ配信が視聴できるアプリGoogle PlayApp Store

「FOD VR」VR映像が楽しめるアプリGoogle PlayApp Store

 

FODを選ぶメリット

 

  • とにかくフジテレビの番組が観れる。
  • 最大1,300円分のポイントで有料動画や新刊コミックなどが毎月無料で楽しめる。
  • フジテレビの過去のドラマなど懐かしい作品が観れる。

 

FODのデメリット・退会した人の理由

 

  • 配信作品が少ない。
  • フジテレビ以外の番組も観たい。
  • コンテンツ量が物足りない。

 

FOD基本情報

月額 888円
コンテンツ 1万以上
画質 SD/HD
ダウンロード ×
複数端末同時視聴 ◯(5台まで)
課金(PPV) あり
無料お試し期間 31日間
テレビ視聴 ×
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能 
支払方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、SoftBank決済、OCNペイオン決済、楽天スーパーポイント

 

【FOD(フジテレビオンデマンド)】31日間無料トライアルはこちら

 

あの映画専門チャンネルを持ち運べる喜び - スターチャンネル オンデマンド/インターネットTV

 

スターチャンネル

スターチャンネルとは、スカパーやJ:COMなどのケーブルテレビ局で契約すれば見れる映画専門チャンネルで、以前はアンテナをつけて回線を引いて家で大きなテレビの前でじっと座って観なければいけないチャンネルでしたが、2017年10月よりインターネットTVサービスが開始され、パソコンやスマホで視聴できるようになっています。

 

「今すぐ申し込む!>」と書かれた上の画像をクリックすると分かりますが、面倒な契約書などの記入や書類のやりとり一切無し、ネットからの申し込み最短3分で終わる入力手続きだけで、すぐに視聴開始できる手軽さは、今までのケーブルテレビ等の視聴の敷居の高さをぐっと下げてくれる素晴らしいサービスだと思います。

 

さらにそのインターネットTVの中で”オンデマンド”方式で視聴できるコンテンツが設けられており、視聴者は好きな時に映画を楽しむことができるようになりました(スターチャンネル オンデマンド)

 

スターチャンネルは映画エンターテイメントサービスと銘打つだけあり、映画、特に洋画と海外ドラマに特化されており、邦画や国内ドラマ、アニメ等は放送されません。

 

スターチャンネルのインターネットTVサービスとは、ネット回線で観れるリアルタイム配信の番組で、テレビのようにタイムラインに沿って放送されている中で視聴していく形になります。

番組表はインターネットTVのトップページにていつでも確認可能。

 

チャンネルには3種類あり、それぞれ次のような特色があります。 

 

STAR1プレミアム:最新作や近年のメガヒット作、独占で日本初放送の海外ドラマなど、最新のエンターテイメント盛りだくさんのチャンネル。


STAR2セレクト:スターチャンネル独自のセレクトによる、最新作から不朽の名作まで、あらゆる映画ファンをうならせる様々な作品が取り揃えられたチャンネル。

 

STAR3吹替専門:24時間全て日本語吹替の映画のみを扱う日本唯一のサービスで、字幕が苦手な方や画面から目を離して視聴したい方、家族で楽しみたい方にうってつけのチャンネル。

 

それとは別にオンデマンド形式の動画も取り揃えられており、スターチャンネルが独自に選び出した最新作から往年の名作まで、必見作がいつでも追加料金なしで見放題になります。

 

料金は月額2,484円で、この月額料金以外に課金要素はありませんが、注意としては2点。

1つ目は、他のVODサービスと違い無料期間中に解約できないこと。

2ヶ月目から解約可能です。

2つ目は、”初月”無料なので、もし月末に申し込むと、たった数日で無料期間が終わるおそれがありますので、なるべく月初に申し込んでください。

 

アンテナの設置など一切不要で、申し込んだすぐに視聴可能。

2ヶ月で解約したとしても違約金等も一切ありませんのでご安心ください。

 

スターチャンネル加入者限定の特典としては、「MY STAR CLUB」にて試写会/オンライン試写会へのご招待や、劇場鑑賞券のプレゼント、国内外の映画祭などのイベントへの特派員派遣など、プレミアムな内容で毎月様々に提供されています。 

 

パソコンで見るには専用プラグインのインストールが必要。

パソコン専用プラグインのインストール手順|視聴方法|インターネットTV|MY STAR CLUB |映画・海外ドラマのスターチャンネル[BS10]

ちなみに現在Macからの視聴が制限されているもよう。

以下公式サイトからの引用です。

 

スターチャンネル オンデマンドをMacでご利用の皆様へ
※本件はJ:COM、CATVでスターチャンネル オンデマンドをご利用いただいている方が対象です。

平素はスターチャンネル オンデマンドをご利用いただきありがとうございます。
2017年10月1日より、スターチャンネル オンデマンドは権利の都合上、一時的にMacでご視聴頂けなくなります。
ただ今、Macでもご視聴頂けるよう準備を進めており、環境が整い次第お知らせ致しますので、しばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます。尚、引き続き、iPhone、iPad、PC(Windows)、Android端末、FireTV/FireTV Stickにおきましては、従来通りご視聴頂けます。
Macにてスターチャンネルオンデマンドをご利用のお客様には、ご不便をおかけいたしますが、ご了承いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

「スターチャンネル」より

 

関連ページ:スターチャンネルオンデマンドがFire TV Stick対応。秋にはインターネットTV

 

スターチャンネルアプリ:[App Store] [Google Play]

 

スターチャンネルを選ぶメリット

 

  • テレビでしか観れなかったケーブルテレビの番組が各種端末で簡単に視聴可能。
  • 洋画と海外ドラマが大好きなコアな映画ファンに非常におすすめ。
  • 加入者限定の特典も嬉しい。

 

スターチャンネルのデメリット・退会した人の理由

 

  • 洋画・海外ドラマ以外のコンテンツが無い。
  • 月額利用料が高い。
  • 1ヶ月目で解約できない。

 

スターチャンネル基本情報

月額 2,384円
コンテンツ 100以上(オンデマンド動画数)
画質 選択不可。回線速度によりSD~HD?
ダウンロード ×
複数端末同時視聴 ×
課金(PPV) なし
無料お試し期間 初月無料
テレビ視聴 Fire TV、Fire TV Stick
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能 
支払方法 クレジットカード

 

【スターチャンネル】初月無料で始めてみる

 

アニメがとにかく観たいなら - dアニメストア

docomoユーザーでなくても利用できるdアニメストア

アニメ特化のVODサービスで作品数は2400以上月額400円

dTVとは別サービスなので注意。

 

最新作から昔なつかしい名作アニメまで見放題で観れる他、アニソンライブや、2.5次元ミュージカルなども配信しています。

 

検索が有能で、作品名の他声優名や監督名、ジャンルや年代など様々なキーワードから好みのアニメが探せます。

またトップではリコメンド機能により貴方におすすめのアニメがピックアップされたり、今話題の作品なども随時紹介されていて、トレンド情報もキャッチできます。

 

アニメイトと連携しており、アニメ関連グッズを直接購入することもできます。

 

ChromecastやApple TVでTV出力にも対応、ダウンロードによるオフライン視聴もできます。

 

アニメの充実度だけで言うならU-NEXTよりも上回っています

アニメファン必見!

 

人気アニメのオープニング曲やエンディング曲のミュージッククリップ等も聴き放題というサービスまであります。

 

専用無料アプリ[App Store] [Google Play]はこちら。

 

dアニメストアを選ぶメリット

 

  • アニメが一番観れるのはココで決まり!
  • 月額料金もお手頃。
  • アニメだけでなく声優ファンや2.5次元ファンにも嬉しいサービス満載

 

dアニメストアのデメリット・退会した人の理由

 

  • HD対応アニメが少ない
  • レンタル作品を観ると高くつく
  • アニメといってもキッズ向けの作品は無い

 

dアニメストア基本情報

月額 400円
コンテンツ 2,400以上
画質 SD/HD
ダウンロード ◯(iOS、Androidアプリでのみ可)
複数端末同時視聴 ×
課金(PPV) あり
無料お試し期間 31日間
テレビ視聴 Chromecast、AirPlay、dTVターミナル、Android TV 、Fire TV、Fire TV Stick 
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能 
支払方法 クレジットカード、ドコモケータイ払い

 

【dアニメストア】31日間無料トライアルはこちら

 

auユーザーにおすすめ - auビデオパス

 

auビデオパス

auユーザー限定のサービスで、auユーザーであり、映画やドラマライトユーザーにおすすめのプランです。

動画数は約1万以上

 

月額562円で加入できる「見放題プラン」に加入すると、毎月”ビデオコイン”という新作視聴の課金につかえる通過が540コインが付与されますので、ビデオコイン対象作品であれば、毎月1作新作映画等も楽しむことができます。

 

また、「auマンデイ」と「auシネマ割」という特典があります。

 

auマンデイ:TOHOシネマズで毎週月曜日に1,100円(高校生以下900円)に割引になる(さらにポップコーンセット半額)

参照→[auマンデイ] 毎週月曜日は映画が1100円(公式サイト)

auシネマ割:ユナイテッドシネマで毎日いつでも1,400円(高校生・大学生1,300円/シニア1,000円/中学生以下900円)に割引になる(さらにポップコーンが100円OFF)

参照→[auシネマ割]|ついにまいにち、映画が大人1400円!(公式サイト)

 

アダルトありのプランも存在しますが、非常にコストパフォーマンスが悪いのでおすすめしませんし、プランの詳細のご紹介も省きます。

アダルトが見たい人はとりあえずDMMに行ってください。

 

画質はほとんどがSD画質で、スマホで主に観る方向けといった感じ。 

無料アプリを使えば動画をダウンロードして、オフライン環境や電波状況の悪い場所でも視聴することができます。

 

au IDと紐付けされていますので、複数端末でログインして利用することができますが、同時に複数台の端末で同時にログインして動画を視聴するのは不可能となっています。

 

dTVに迫るコスパの良さですが、dTVのほうが安くてサービス内容も充実しているので、迷ったらdTVですが、auビデオパスの特徴としては、「auマンデイ」と「auシネマ割」の存在があり、映画館に頻繁に通う方でauユーザーの方は、こちらを優先させたほうが絶対にお得でしょう。

 

auポイントを課金の際に転用することができます。

 

auビデオパスを選ぶメリット

 

  • 映画館の入場料が安くなる。
  • 月額料金が安く、PPV方式の動画もひと月540円分までなら無料で観れる。
  • auユーザーでスマホメインで動画を楽しむ方におすすめ。

 

auビデオパスのデメリット・退会した人の理由

 

  • auユーザーしか利用できないサービス。
  • ほとんどがSD画質。
  • コンテンツ量が物足りない。

 

auビデオパス基本情報

月額 562円
コンテンツ 1万以上(PPVを多く含む)
画質 多くがSD/一部HD
ダウンロード ◯(iOS、Androidアプリでのみ可)
複数端末同時視聴 ×
課金(PPV) あり
無料お試し期間 30日間
テレビ視聴 Chromecast、Apple TV、Smart TV Box、Smart TV Stick、ケーブルプラスSTB、STW2000、auビデオパス対応TV
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能 
支払方法 auかんたん決済(クレジットカード、au WALLET、WebMoney)

 

【auビデオパス】30日間無料トライアルはこちら

 

大人の方向け - DMM見放題chライト

 

DMM見放題chライト

DMM.comが運営するDMM作品(特にアダルト)が見たい人向けのサービスで月額540円

DMM動画の作品約5,000本+DMM.R18のアダルト作品約2,000本が見放題になります。

 

バラエティ番組に力が入っており、アニメや映画等はほとんどありません。

アダルトかバラエティか、実に分かりやすいラインナップとなっておりますので、そこに重点を置きたい方にはお手軽な月額料金でおすすめです。

 

案外いろんな端末に対応しており、いろんな支払方法もあります。

家族バレがまずい方はDMMプリペイドカードでの支払いにすればまずバレる心配は無いでしょう。

 

DMM見放題chライトは、その名の通りライトなプランですので、どうしてもラインナップは浅いですが、もっとディープな作品まで見たいという方には、各種のプランが他に取り揃えられておりますので、観たい作品が見つからないという事はまず無いでしょう。

無料期間の2週間が設けられているのはこのライトだけなので、とりあえずこちらでお試しして2週間は無料で利用されることをおすすめします。

 

ダウンロードはできず、ストリーミング再生のみになりますが、ライト以外のプランに移行するとダウンロードにも対応するようになります。

 

複数端末同時視聴には対応しています。

マルチデバイス対応でもっと便利に!(公式ページ)

 

DMM見放題chライトを選ぶメリット

 

  • アダルトが観たいならここが最も作品が充実していてコスパも良い。
  • ついでにバラエティなども楽しめる。
  • 様々な需要に応じて様々なプランが用意されている。

 

DMM見放題chライトのデメリット・退会した人の理由

 

  • 無料期間が短め。
  • 画質がそれほど良く無い。
  • ライトプランではラインナップの充実度に満足できなかった。

 

DMM見放題chライト基本情報

月額 540円
コンテンツ 7千以上(内2,000以上がアダルト作品)
画質 SD・HD・一部フルHD(グラビア系で一部フルHDに対応)
ダウンロード ×
複数端末同時視聴
課金(PPV) なし
無料お試し期間 14日間
テレビ視聴 DMM見放題chライト対応TV、Amazon Fire TV Stick、Chromecast、Apple TVなどがあれば可能
PC・タブレット視聴 視聴可能
スマホ視聴 視聴可能
支払方法 クレジットカード、 DMMポイント、DMMプリペイドカード、ドコモケータイ払い、auかんたん決済、SoftBank決済

 

【DMM見放題chライト】2週間無料トライアルはこちらから

 

各動画配信サービス比較ランキング

 

料金ランキング表
  月額料金(税抜)
1位Amazonプライム 実質300円
2位dアニメストア 400円
3位dTV 500円
4位DMM見放題chライト 540円
5位auビデオパス 562円
6位FOD 888円
7位Netflix 650円/950円/1450円
8位Hulu 933円
9位TSUTAYA TV/DISCAS 933円/ 1,865円
10位U-NEXT 1990円
11位スターチャンネル 2,384円

 

映画見放題作品数ランキング表
  コンテンツ数
1位Hulu 4万以上(全て見放題)
2位U-NEXT 12万以上(見放題作品5万以上)
3位dTV 12万以上(見放題作品2万3000以上)
4位TSUTAYA TV/DISCAS 約23万タイトル以上(見放題作品は8000以上)
5位Netflix 約8千以上?(全て見放題)*動画数は非公開
6位Amazonプライム 3万2000以上(見放題作品3,000以上)
7位DMM見放題chライト 7千以上(全て見放題)
8位dアニメストア 2,400以上(全て見放題)
9位FOD 1万以上(見放題作品2,000以上)
10位auビデオパス 1万(見放題作品は少数)
11位スターチャンネル 100以上(スターチャンネルオンデマンド)

映画やドラマの見放題作品充実度を重視して比較

 

画質ランキング表
  画質
1位U-NEXT フルHDが主/一部4K・HD・SD
2位Hulu HD
3位Netflix ベーシックプラン(SD)
スタンダードプラン(HD)
プレミアムプラン(4K)
4位DMM見放題chライト SD・HD・一部フルHD
5位FOD SD/HD
5位dアニメストア SD/HD
6位dTV 多くがSD/一部HDや4K
8位Amazonプライム 多くがSD/一部HDや4K
9位TSUTAYA TV/DISCAS PC・スマホから再生(SD)/TVで再生(HD対応作品はHD)
10位auビデオパス 多くがSD/一部HD
スターチャンネル 選択不可/不明

 

ダウンロード視聴比較表
  ダウンロード視聴
dTV PC/アプリ両方◎
U-NEXT アプリのみ◯
TSUTAYA TV/DISCAS アプリのみ◯
Netflix アプリのみ◯
Amazonプライム アプリのみ◯
auビデオパス アプリのみ◯
dアニメストア アプリのみ◯
Hulu ×
スターチャンネル ×
FOD ×
DMM見放題chライト ×

 

複数端末同時視聴比較表
  複数端末同時視聴
DMM見放題chライト 5台まで◯
U-NEXT 4台まで◯
Amazonプライム 3台まで◯
Netflix ベーシックプラン×
スタンダードプラン2台まで◯
プレミアムプラン4台まで◯
TSUTAYA TV/DISCAS ◯(マルチスクリーン対応作品のみ2台まで)
dTV ×
Hulu ×
auビデオパス ×
FOD ×
スターチャンネル ×
dアニメストア ×

 

課金・支払方法比較表
  課金 支払方法
Hulu なし

クレジットカード
PayPal
キャリア決済
huluチケット
iTunesStore

dTV あり クレジットカード
デビッドカード
docomo決済
U-NEXT あり クレジットカード
デビットカード
U-NEXTカード
キャリア決済
TSUTAYA TV/DISCAS あり クレジットカード
キャリア決済
Netflix なし クレジットカード
デビットカード
PayPal
Softbank決済
iTunesStore
Amazonプライム あり クレジットカード
au WALLET プリペイドカード
FOD あり クレジットカード
キャリア決済
OCNペイオン決済
楽天スーパーポイント
スターチャンネル なし クレジットカード
dアニメストア あり クレジットカード
ドコモケータイ払い
auビデオパス あり auかんたん決済
DMM見放題chライト なし クレジットカード
DMMポイント
DMMプリペイドカード
キャリア決済

 

筆者が実際利用してみた感想、各サービスの特徴

 

Huluを使ってみた感想

月額利用料933円という手頃な料金設定と、見放題作品が4万以上というコンテンツ充実度のバランスが素晴らしい。

また画質も申し分ありません

 

海外のドラマなどが好きな方は、迷わずHuluを選ばれたら良いでしょう。

また、何が見たいかはっきりしない、どの動画配信サービスが自分に合うか、比較情報を見てもよくわからないと、迷ってらっしゃる方も、とりあえず国内番組なども充実しているHuluを選ばれたら、ひとまず間違いないと思います。

 

Huluはダウンロード視聴や、複数端末同時視聴ができないので、出先や家族と観たい方は注意。

また、新作映画は無いので、新作が観たいという方は、U-NEXTを候補にしてみてはいかがでしょうか。

 

【hulu】2週間無料トライアルはこちらから

 

dTVを使ってみた感想

月額利用料金が500円ととてもリーズナブルな上、見放題作品2万3000以上を含む、膨大なコンテンツを誇るdTVは、広く一般的におすすめできるという感じです。

 

月額利用料が低い代わりに、同じPPV方式をとっているU-NEXTなどよりも、コンテンツ充実度や画質などの面で劣りますので、どちらも無料トライアルを試して、使い勝手を試してみることをおすすめします

 

見放題作品2万3000以上と数字上では膨らんでいても、その中には、漫画やミュージックビデオなどのコンテンツも多く含まれていますので、ご注意ください。

 

【dTV】31日間無料トライアルはこちらから

 

U-NEXTを使ってみた感想

U-NEXTは、月額利用料金が高く1,990円となっていますが、その内訳は790円の見放題料金と、1,200円分の”U-NEXTポイント”となっています。

このU-NEXTポイントを使って、新作のPPV方式の動画などを観ることができます。

 

新作映画など、PPV動画を定期的に見る予定のある方には、高画質でコンテンツ充実度も抜群のU-NEXTがおすすめです。

 

しかし注意としては、dTVでも同じことを書きましたが、一覧表に現れてくるコンテンツ数の数字は、その額面通り受け取らないほうが無難です。

 

U-NEXTは総コンテンツ数12万以上

うち見放題作品は5万以上となっていますから、単純にHuluよりも見放題作品も充実していると受け取れるかもしれませんが、この中には、多くのカラオケコンテンツや無料で読める書籍なども含まれてきています

 

ですから、映画やドラマの充実度は、単純に数字だけの比較では表しきれない部分があります。

実際に無料トライアルを試してみる中で、ご自分の見たいタイトルがあるか無いかを、実感していただく中で判断するのが最も確実だと思います。

 

特にこのU-NEXTは、無料トライアルに申し込むと600円分のU-NEXTポイントが貰え、課金制のコンテンツが楽しめるので、お得感が倍増でした。

 

【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらから

 

TSUTAYA TV/DISCASを使ってみた感想

DVDやCDを扱うので、店舗に通うことを思うとはるかに便利で楽ですが、中身を確認して返送したり、傷物だとうまく視聴できないものがあったりがちょっと面倒に感じました。

 

ただしその分現在ストリーミングサービスには絶対実現できないような、膨大なラインナップから注文できるのは、TSUTAYAの強みだなと感じます。

 

1度に借りられるのは2枚までで、返送完了すればすぐに在庫がある注文順に送られてきます。

ですので、観たい映画をばーっと選んで注文しておけば、順に2枚ずつ自分のペースで視聴していくという形になります。

 

在庫があれば97%の確率で翌日配送と言われているようで、実際注文して翌日に着ということがほとんどでした。(返送して2日後に着)

郵便屋さんの努力の賜物でしょう。

 

ポストさえあればどこでも返却できるので返却に困るということはまあ無いです。

 

TSUTAYA TV(動画見放題サービス)のほうは、おまけ程度という感じでしょうか。

わざわざ数ある動画配信サービスからTSUTAYA TVがオススメ!と述べるべき点は特に見つかりません。

TSUTAYA DISCASはTSUTAYAユーザーはぜひ一度利用お試ししてみてください。

 

【TSUTAYA TV/DISCAS】30日間無料トライアルはこちら

 

Netflixを使ってみた感想

好みに偏りが出てくるだろうなと感じたのがこのNetflix、広くおすすめできるという点では、劣るかなと感じます。

 

Netflixは海外の映画やドラマは充実していますが、国内の映画やバラエティーなどのテレビ番組は、上の三つのサービスに比べるとほとんど無いといっても良いくらいの貧弱なラインナップです。

 

国内作品に重点を置いている方は、Netflixは避けたほうが良いでしょう。

 

しかし、話題のテラスハウスや、ハウス・オブ・カード、ブラック・ミラーといったNetflixオリジナル作品郡は、非常にクオリティが高いです。

これらNetflixオリジナル作品にハマるかハマらないかが、Netflixを選ぶ選ばないの大きな境目になると思います。

 

ハマるともうNetflixから離れられない中毒性も、同時にあります

 

【Netflix】1ヵ月間無料トライアルはこちらから

 

Amazonプライムを使ってみた感想

Amazonプライムは、月額300円で、いろんなプライム特典が受けられる、その中の一環として、プライムビデオが楽しめるという点では優れています。

筆者もわざわざ登録したわけではなく、もともとAmazonでの買い物において必須級のサービスだったため、入会しており、そんな特典まであったんだという感じで観てみたしだい。

 

Amazonをよく使い、他のプライム特典に魅力を感じ、映画などはライトに楽しむだけで十分、という方には、とてもリーズナブルでおすすめできるサービスです。

 

しかも結構嬉しい作品が混じっていたりもして、こんなの無料で観れるんだ!という驚きもありました。

Amazonプライムは他の特典が非常に優秀ですし、入会されてないかた、入会しているけどプライムビデオは観たことがない方などは、一度チェックしてみてください。

 

【Amazonプライムビデオ】30日間無料トライアルはこちらから

 

FODを使ってみた感想

フジテレビの昔懐かしいドラマなんかが、見つけると結構嬉しい感じで、こんなんあったな〜懐かしい〜とつい観てしまいます。

 

国内外のドラマを視聴する時は必ず言えることですが、絶対見放題サービスで視聴したほうがお得です。

全12巻あるシリーズを1巻ずつ借りて観るなんてやってられません。

そういう意味で、映画ファンよりもさらに、ドラマファンと動画見放題サービスの相性は非常に良いと思います。

 

ダウンロード視聴ができないので、出先で観るには適していないのが惜しいところですが、料金が888円とお手頃で、何より8の付く日にこまめにポイントを貰えばひと月1,300円分の有料コンテンツも利用できるのはすごくお得です。

 

コミックなどが20%ポイント還元で買えるという特典もあるのですが、400円のコミックを実質320円で買えて、読み終わったらメルカリなどで370円くらいで売りに出す、というようなこともできます。

 

無料で100冊以上読める雑誌は、FRIDAYやFLASH、週刊ポストなど週刊誌から、CanCam、Oggi、non-noなどの女性ファッション誌、週刊エコノミストや週刊プロレスなどなど、とても充実したラインナップが取り揃えられておりました。

 

フジテレビの番組に興味がなければそれまでですが、ドラマなどでツボにはまれば888円で相当楽しめると思いますよ。

 

【FOD(フジテレビオンデマンド)】31日間無料トライアルはこちら

 

スターチャンネルを使ってみた感想

このサービスは他の動画配信サービスと少し違って、オンデマンドで観れる動画はごく限られている、インターネット映画チャンネルということになります。

 

家でしか観れなかったケーブルテレビがどこででも観れるようになった、という驚きのサービス。

新作映画の劇場公開から、スターチャンネルで放送されるまでにかかる時間は、ハリウッドメジャースタジオの新作で約1年、その他は3〜6ヶ月だそうです。

劇場で見損ねた最新作が、まだ記憶に新しいうちから手元の端末で楽しめるようになるということで、確かに月額2,384円とこの中では最高値ですが、その価値はあるなという印象。

 

最新映画に興味のある映画ファンの方は、このスターチャンネルかU-NEXTあたりで検討してみると良いのではないでしょうか?

 

【スターチャンネル】初月無料で始めてみる

 

dアニメストアを使ってみた感想

アニメを主に観たいと思われる方にとっては、2,400以上のコンテンツを誇るこのdアニメストアは最良の選択なのではないでしょうか。

お値段も400円とお手頃価格、画質も見た感じ気になるということはありませんでした。

TVでの視聴をおすすめできるほどではありませんが、スマホなどで観る分には十分すぎるほど綺麗でした。

回線も止まって苦労したということは私の環境ではありませんでした。

 

「キングダム」など超有名どころも取り揃えられており、ラインナップへの評判も上々です。

 

スマホアプリでダウンロードした動画も観れるので、どこかに旅行に行く際に車中などで流したりするのも良いのではないでしょうか。

 

ラインナップに無い作品を気軽にリクエストできるんですが、ネットでもちらほら「マイナーな作品をダメ元で言ってみたらほんとに来た」なんて声も聞こえてくるほどで、結構ユーザーと密接に運営されているようです。

 

アニメ好きの方にならまず一番におすすめしたい動画配信サービスです。

 

【dアニメストア】31日間無料トライアルはこちら

 

auビデオパスを使ってみた感想

コンテンツ数は1万以上と控えめな印象の数字ですが、カラオケコンテンツやミュージックビデオ、雑誌等を入れずに厳選動画だけで1万以上という数字ですので、ラインナップにそれほど遜色は感じません。

新作を見たければPPVになりますが、頻繁に見ないのなら毎月もらえるコインでうまくやりくりできたらお得感もかなりのもの。

 

月額料金が562円とdTV並みに安いので、auユーザーならまずauビデオパスをお試ししてみては如何でしょうか。

 

特に私は映画館が大好きな人間でして、よく以前は毎月1日映画の日を狙って安く映画を鑑賞したりしていましたが、このauビデオパスの特典「auマンデイ」を知ってからは、月曜日に利用しまくってます。

動画うんぬん全部なしにしても、私のような映画館ファンには、それだけでも加入していたい嬉しい特典だと感じましたね。

 

【auビデオパス】30日間無料トライアルはこちら

 

DMM見放題chライトを使ってみた感想

まず感じるのは、画質が綺麗な作品が多いように思いました。

やはり画質が重要視されるジャンルで勝負しているからでしょうか。

 

あと料金も安いですね。

540円で1ヶ月2,000以上のそういった動画が見放題というサービスは、よっぽどディープな作品まで要求するユーザーでなければ、十分満足できるでしょう。

 

おまけ程度にバラエティなども観れますので、息抜きにちょうど良いのでは無いでしょうか?(抜いてしかいないなという感じですが

 

驚くほどがっつりマルチデバイスに対応していて、TVの大画面で観たい方も色んなアプローチで出力できます。

支払方法も各種取り揃えられており、DMMさすが!儲かってるね!サービスが行き届いてるという感じではありました。

 

何はともあれ男性の方は試してみられてはいかがでしょうか。

とりあえず2週間楽しんでみてください。

 

【DMM見放題chライト】2週間無料トライアルはこちらから

 

 

以上になります。

長々とお付き合いいただきありがとうございました。

 

データ上で見てもなかなか内実はわかりにくいと思いますので、ひとまず気になった動画配信サービスは、無料トライアルを試してみるのが良いと思います。

いくつかの動画配信サービスの無料トライアルを試して、できるだけ多くの比較材料を吟味して、その中で、ご自分の好みに合う合わないを判断して、続けられるか、退会されるかを無料期間中に決められるのが良いでしょう。

 

ではでは、良い映画ライフを。

 

この記事に表記されている料金は全て税抜きです。

 

映画やドラマの感想・レビューを投稿しております。

 

当ブログでは、動画配信サービスで視聴できる映画、邦画や洋画、日本国内のドラマや海外ドラマなどの感想や評価を毎日のように投稿しております。

下のリンクから、当ブログで今まで投稿された映画やドラマのレビュー記事を五十音順で一覧表示できますので、ぜひ気になる作品があったらチェックしてみてください。

 

【サイトマップ】これまでに書いた映画/ドラマのレビュー記事まとめ