映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

【全シーズン】ウォーキングデッドの音楽・挿入曲情報まとめ

i2iポイント春のキャンペーン

2019年3月31日まで!!

「え?!それだけで2,000円貰えるの?!」

今i2iポイントでは、会員登録してSMS認証を済ませ条件を満たせば2,000円分のポイントをプレゼント中!

しかもその条件というのが、「対象広告1件利用+Yahoo!ショッピングでお買いもの(金額下限なし)するだけ」というものなんですよね。
その対象広告というのが5つあるんですが、なんと上記条件は複数回こなせばその度に2,000円貰えます!!
ということは、この対象広告5つ利用して、yahoo!ショッピングで小分けに5回お買いものすると、合計1万円分ものボーナスポイントが貰え、しかも広告の報酬ももちろん貰えるということになります…!
別の言い方をするならば、対象広告を5つ利用すれば、Yahoo!ショッピングで1万円まで無料でお買い物できることにもなります。

これは荒稼ぎ時ですよ!今すぐi2iポイントにGO!!

ちなみにi2iポイントは、新規入会するだけ100円簡単なプロフィール登録するだけで追加100円まで貰えちゃいますし、上の特大キャンペーンとはまた別に、新規入会キャンペーンとして、3月31日までに新規入会し、4月31日までに30,000pt(3,000円分)ポイント獲得して1回以上ポイント交換(Pollet以外)を完了させれば500円分のポイントも貰えます。

二つのキャンペーン達成条件はほとんど被っていますので、同時にキャンペーン条件を満たしてボーナスダブル取りも容易です!
また、新規入会者向けウェルカムボーナスの出る新規入会から7日間限定の特殊な広告も用意されていますから、それらに取り組めば条件達成はさらに簡単です。
入会費や年会費等一切お金はかからないので、お気軽にアカウント登録して、このビッグイベントに参加してくださいね!!

簡単1分!i2iポイントに無料で登録してみる
*i2iポイントは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。


オススメ記事



この記事ではウォーキング・デッド1〜8全シーズンで使われた曲の情報をまとめております。

音楽のダウンロード販売へのリンクもありますので、気になった曲はこちらでお探しください。

 

また、サウンドトラックの販売情報が知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【販売情報】ウォーキングデッド 原作コミック全巻 サウンドトラック DVD ブルーレイ

 

目次

 

  

ここで紹介されているAmazonへのリンクのある全ての楽曲を含め、Amazonでダウンロード販売されている楽曲(4,000万曲以上)が月額780円で聴き放題になります。まずは30日間無料でお試しください。

 

シーズン1で使われた挿入歌・BGM

 

*Amazonへのリンクが正しく表示されない場合、リンク切れではなく、ページを更新すると表示されます。

第1話
『The Mercy of the Living』 by Bear McCreary

モーガンが妻ジェニーを撃とうとして苦悩する時に流れる曲。

 
『Space Junk』 by Wang Chung

戦車の中でグレンから無線をキャッチしたあと流れてくる音楽。
 
第2話
『I’m a Man』 by Black Strobe

けたたましいサイレンと共にグレンの乗った車がアトランタから去ってくるシーンで流れる音楽。

 
 
第5話
『Sunshine (Adagio In D Minor) 』by John Murphy

一行がCDC(アメリカ疾病予防管理センター)に向けて旅たつ時に流れる音楽。

 
 
『Piano Sonata No. 8 in C minor Op. 13 "Pathétique"』by Beethoven

CDC(アメリカ疾病予防管理センター)でジェンナー博士が実験をしている時のBGM

 
第6話
『Tomorrow Is a Long Time』 by Bob Dylan

自爆するCDC(疾病予防管理センター)を後にするリックたちのラストシーンで流れる音楽。

 

 

Apple Musicとは?音楽配信アプリについて

 

シーズン2で使われた挿入歌・BGM

 

第八話
『The Regulator』 by Clutch

リックがデイブとトニーを撃つラストで流れてくる音楽。

 
 
第十話
『Wooden Shjips』 by Lazy Bones

ランダルがイヤホンから聴かされていた音楽。
 
『Faze Wave』 by The Cave Singers

ランダルがイヤホンから聴かされていた音楽その2。
 
『Driver's Seat』 by Sniff'n'the Tears

ランダルがイヤホンから聴かされていた音楽その3。
『Civilian』 by Wye Oak

リックとシェーンが車で帰ってくる時に流れる音楽。

 

 

シーズン3で使われた挿入歌・BGM

 

第一話
『The Parting Glass』 by The Clancy Brothers and Tommy Makem

キャンプファイヤーをしながらマギーとベスが一緒に歌った曲。

 

『Noisy Sunday』 by Patrick Watson

刑務所を制圧し、独房で休むシーンで流れる音楽。

 
 
第五話
『Étude in E Major - Op.10,No.3 "Tristesse"』 by Chopin

冒頭総督が娘の髪をとかすシーンで流れる音楽。

 
第八話
『Bye, Baby Bunting』 by Raya Yarbrough

総督がペニーに話しかけるシーンで流れる音楽。

 
 
第十一話
『Hold On』 by Tom Waits

通路でベスが口ずさんでいる歌。

 
第十二話
『Lead Me Home』 by Jamie N Commons

リックたちが車で帰ってくるラストシーンで流れる音楽。

 
第十三話
『Warm Shadow』 by Fink

リ休戦協定の会談後、それぞれが帰路につくシーンのBGM。

 
第十四話
『You Are the Wilderness』 by Voxhaul Broadcast

アンドレアが拷問室に捕らえられているシーンで流れてくる音楽。

 
第十五話
『Fast And Loose』 by Motörhead

ウォーカーの注意をひくためメルルが車の中で爆音で流している音楽その1。

 
 
『Turn It Up』 by Ted Nugent

ウォーカーの注意をひくためメルルが車の中で爆音で流している音楽音楽その2。

 

 

音楽聴き放題!おすすめの人気定額制ストリーミング配信サービス比較

 

シーズン4で使われた挿入歌・BGM

 

第一話
『Precious Memories』 by The Stanley Brothers

リックが刑務所の庭に畑を作っているシーンで流れる音楽。

 
第二話
『I’ve Got You Under My Skin』 by Frank Sinatra

タイリースがカレンに口ずさんでいた曲。

 
『I don't wanna grow up』 by Tom Waits

ジュディスに対してベスが口ずさんでいた子守唄。

 
第四話
『Serpents (Demo)』 by Sharon Van Etten

リックがキャロルを追放し、キャロルが去っていく時に流れる曲。

 
第五話
『Oats in the Water』 by Ben Howard

ハーシェルが感染者を運ぶ場面と、聖書を取り出す場面で流れるBGM。

 
第六話
『The Last Pale Light in the West』 by Ben Nichols

総督が失意の中ウッドベリーに火をつけるシーンで流れる音楽。

 
『Une Larme』 by Mussorgsky

総督がメーガンに対してチェスを教えている場面でのBGM。

 
第十二話
『Up the Wolves』 by The Mountain Goats

ラストシーンで家を燃やす時に流れるBGM。

 
 
第十三話
『Blackbird Song』 by Lee DeWyze

ボブが孤独に彷徨うシーンで流れるBGM。

 
『Be Good』 by Waxahatchee

ベスがピアノの弾きかたりで歌う曲。

 
 
第十四話
『Maybe』 by The Ink Spots

冒頭、リジーが友達だというウォーカーとじゃれている場面で、室内のレコードプレーヤーから流れている音楽。

 
第十五話
『Be Not So Fearful』 by AC Newman

終着駅にとうとうたどり着いた時に流れる音楽。

 

 

シーズン5で使われた挿入歌・BGM

 

*Amazonへのリンクが正しく表示されない場合、リンク切れではなく、ページを更新すると表示されます。

第四話
『Be Gone Dull Cage』 by Kiev

グレイディ記念病院でベスが病室を出て廊下を行く時のBGM。

 
『It's Nobody's Fault But Mine』 by Blind Willie Johnson

スティーヴンが本音を吐き出す時に流れる曲。

 
第五話
『May The Work I've Done Speak For Me』 by Bro. Bernette and Evangelist Charlene T. Williams

スクールバスのラジオから流れてくる音楽。

 
第六話
『Bad Blood』 by Eric Arjes & Alison Mosshart

追放されたキャロルが一人彷徨う時のBGM。

 
第九話
『Struggling Man』 by Emily Kinney

タイリースが生死の狭間で見た幻覚で、ベスが歌っている歌。

 
 
第十三話
『Gymnopédies: No. 1: Lent et douloureux』 by Erik Satie

アレクサンドリアの歓迎パーティーのBGM。

 
『Nocturnes, Op. 27: No. 2 in D-Flat Major: Lento sostenuto』 by Frederic Chopin

リックとピートが会話している時のBGM。

 
『Spicks and Specks』 by Bee Gees

ウォーカーの気配に壁に手を当てるリックのラストシーンで流れる音楽。

 
第十四話
『Internet Friends』 by Knife Party

エイデンの調達ミックス。

 
第十五話
『Somewhat Damaged』 by Nine Inch Nails

ディアナがエイデンを悼んで流す曲。

 

 

シーズン6で使われた挿入歌・BGM

 

第八話
『Tip Toe Thru The Tulips』 by Nick Lucas

サムが部屋で聴いていたレコードプレーヤーから流れ出す音楽。

 
第十話
『More Than a Feeling』 by BOSTON

リックとカールらが楽しそうに話している時に部屋に流れているBGM。

 
『Action Packed』 by Ronnie Dee

リックが嫌がるダリルを無視して車の中で流す曲。

 
『If My Heart Was a Car』 by OLD 97'S

リックが車で聴いている曲その2。

 
第十二話
『Weeds Or Wildflowers』 by Parsonsfield

キャロル料理しているオープニングシーンで流れる曲。

 
『Arsonist's Lullabye』 by Hozier

救世主のアジトを襲った後に流れてくるBGM。

 
第十四話
『Chapel』 by Nicole Dollanganger

撃たれたユージーンを運び出す時にかかっている曲。

 
第十五話
『It's All Over』 by Johnny Cash

キャロルが出て行く時のBGM。

 

 

シーズン7で使われた挿入歌・BGM

 

第二話
『Don't Think Twice, It's All Right』 by Bob Dylan

王国で合唱団が歌っている曲。(合唱アレンジ)

 
第三話
『Town Called Malice』 by The Jam

ドワイトが様々な材料でサンドイッチを作っていく時のBGM。

 
『Easy Street (feat. Jim Bianco & Petra Haden)』 by The Collapsable Hearts Club

ダリルに食事が運ばれくるとかかる音楽。

 
『Crying』 by Roy Orbison

ダリルが仲間の無残な写真を見せらるシーンで流れる音楽。

 
『An Ending (Ascent)』 by Brian Eno

ドワイトが逃げた救世主を後ろから撃つシーンで流れる音楽。

 
第五話
『Finlandia, Op. 26』 by Sibelius

ヒルトップに仕掛けられた車のスピーカーから流れていた曲。

 
第六話
『Everything's Fucked』 by Dirty Three

タラがサングラスをつけて帰ってくる時に流れている音楽。
 
第七話
『Bang Bang』 by Janis Martin & Her Boyfriends

ニーガンがリックらの家をあちこち探索している時のBGM。

 
第十一話
『Everything Right Is Wrong Again』 by They Might Be Giants

ユージーンが毒薬を製造する時に流れているBGM。

 
第十六話
『Someday We'll All Be Free』 by Donny Hathaway

棺桶で運ばれるサシャがイヤホンで聴いている音楽。

 

 

シーズン8で使われた挿入歌・BGM

 

第一話
『Another One Rides the Bus』 by "Weird Al" Yankovic

年老いたリックが目を覚ました時に流れているBGM。

 
第六話
『The aria Crudele non mi dir from Don Giovanni』 by Mozart

オペラのトラックの巨大なスピーカーから流れていた曲。

 
 
第七話
『Paul Simon』 by The Russian Futurists

ユージーンの作ったラジコン飛行機から流れていた曲。

 
 
第九話

『At the Bottom of Everything』 by Bright Eyes

冒頭カールのシーンでバックに流れているBGM。

 

 

 

シーズン9で使われた挿入歌・BGM

 

第三話
『All We Ever Wanted Was Everything』 by Bauhaus

リックとミショーンがジュディスと戯れている時のBGM。

 
第四話
『Geometría del Universo』 by Colleen

オープニングシーンのBGM。

 
第五話
『Space Junk』 by Wang Chung

リックがヘリに乗せられてアンに助けられるシーンのBGM。
 
第七話
『pril Skies』 by The Jesus And Mary Chain

ジーザスがヒルトップの部屋で聴いていたレコードの曲。

 
第十一話
『It's All Right Now』 by Eddie Harris

映画館からウォーカーをおびきだすのにかかってきた曲。

 
『All My Dreaming』 by Emma Russack

ダリルとコニーがヒルトップを出て行く時に流れるエンディング曲。

 
第十四話
『Souvenir』 by Julien Baker, Phoebe Bridgers & Lucy Dacus

オープニングでミショーンがリックを探し求めるシーンの曲。

 

 

ここで紹介されているAmazonにリンクのある全ての楽曲を含め、Amazonでダウンロード販売されている楽曲(4,000万曲以上)が月額780円で聴き放題になります。まずは30日間無料でお試しください。

 

随時追記していく予定です。

 

ウォーキングデッド関連記事はこちらにまとめております。

シリーズ全話のあらすじや感想記事もありますので、ぜひこちらもご覧ください。

ウォーキングデッド全シーズンあらすじと感想まとめ&最新話配信スケジュール/続編情報]

 

この記事を読まれた方におすすめの関連ページ