映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン8第6話妙な感想文『ロジータのロケット』ネタバレ


うたパスキャンペーン

KDDIが提供する音楽聴き放題サービス『うたパス』がauユーザー以外でも誰でも登録可能になったことを記念して、今うたパスの無料1ヶ月お試しトライアルに登録した方に、MUSIC STOREで使える500円分のコインをもれなくプレゼント中!!
2018年8月31日までの限定キャンペーンなのでお早めに!うたパスの登録後は非常に簡単な解約手続き(詳しい手順を別窓で開く)を済ませておけばお金がかかる心配もありませんので、ぜひ500円だけでもゲットしておいてくださいね!!(無料登録を済ませたらMusic Storeにうたパスの登録IDでログインして「今すぐコインを受け取る」ボタンをタップすればすぐに受け取れます。)

まずはココから→うたパスを30日間無料でお試ししてみる

速報



ハピタス初めてのお買い物キャンペーン

総額2,600円以上キャッシュバック?!

2018年8月22日まで限定!
ひかりTVショッピングという通販サイトを利用したことが無い人が、ハピタスを経由して初めて利用すると、購入金額の1.2%還元+1,000円分のハピタスポイント+さらに1,600円分のぷららポイント(ひかりTVショッピング内で使えるポイント)が貰えるキャンペーンにもエントリーできます!!

こんなチャンスは滅多にありませんので、初回利用特典だけでもゲットして、超お得に欲しい物を手に入れてくださいね!
ハピタスへの登録は1分程度の非常に簡単な手続きで完了し、完全無料です。
ハピタスにログインしたら「ひかりTVショッピング」で検索してみてください。

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。
-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技
[夏の特大キャンペーン開催中!]
8月31日まで限定!!今モッピーに新規無料登録した人を対象に漏れなく1,300円プレゼントキャンペーン実施中!!キャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でモッピーに新規無料会員登録

さらに!!

お財布.comでも8月31日まで同様に漏れなく1,300円ゲットできるキャンペーンが開催中ですので、この2つのサイトで合計2,600円棚ぼたゲットできる大チャンス!!この夏の2大キャンペーンを絶対にお見逃しなく!!
お財布.comのキャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でお財布.comに新規無料会員登録

*年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料のサービスですのでご安心ください。

ウォーキング・デッドシーズン8第6話のネタバレを含む感想を書いた記事になります。

かなりネタバレを含んで好き勝手書かせてもらってますので、この感想記事は一度見た後に読まれることをおすすめします。

観る前に読むと、なんのこっちゃ分からないというような内容ですが、観た後だと、わかるわかると頷ける部分もあるのではないでしょうか。あることを祈ります。

 

目次

 

ウォーキング・デッドシーズン8第6話ジェイディス
ウォーキング・デッドシーズン8第6話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Greg Nicotero/グレゴリー・ニコテロ
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Amazonプライム

 

シーズン8第6話ストーリー・あらすじ

 

邦題 分かれ道
原題 The King, the Widow, and Rick
監督・ディレクター John Polson/ジョン・ポルソン
脚本 Angela Kang/アンジェラ・カング
Corey Reed/コリー・リード

 

 

ヒルトップでは捕虜の処遇について決断を迫られるマギー。

 

王国ではエゼキエルが引きこもったまま戦う意思を見せない。

 

リックは今一度あのジェイディス率いる”清掃人”スカベンジャーズのアジトに乗り込み、新たな交渉を申し出る。

 

そんな中ミショーンとロジータが、聖域の状況を確認しに行く途中、リックが把握しきれていなかった救世主の生き残りの集団”オペラ”と出くわした。 

 

シーズン8第6話の詳しいあらすじはこちらの記事でご覧になれます。

ウォーキングデッドシーズン8 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

シーズン8第6話考察レビュー

 

冒頭でメンバーがそれぞれの方面の戦況を手紙で報告しあってましたが、リックだけ電子レンジから取り出しますね。

 

なんで電子レンジから?と一瞬疑問でしたが、リックは終始計画通り動いているわけですから、あのタイミングで掃除人ジェイディスの元に向かう途中で、全体の途中報告を知りたいということで、あそこに手配したのでしょう。

 

配達員みたいなのが居るんでしょうね。

カル辺りがなんとなく似合いそうです。

 

ジェイディスの答えは『ノー』でしたが、明らかに、イエスと答えた時とノーと答えた時のオプションプランが揃ってるようなリックの様子でした。

 

ジェイディスがすごいエプロン姿で作っていた猫のようなヒョウのようなオブジェは、かっこよくて欲しくなりました。

前景にちらっとこれまたエプロン姿のひょろっとした男が映りましたが、髪型からして爺さんのブリオンでしょうか、顔が写らなかったのが救いです。

貧相な肌が顕となっておりましたが、あの無言の存在感が妙にツボです。

 

ゴミ山のメンバーの名前は今の所よく把握できていませんが、少なくともわかっているのは、リーダーのジェイディスと、幹部らしき女性のタミエル。

それから爺さんのブリオンだけでしょうか?

 

あ、あとトゲトゲのウィンスロウ。

スカベンジャーズのセンスは全体的に前衛的で尖ってます。

結構好きなんですよね、スカベンジャーズという名前も含め全体的にあの無骨なセンスがツボです。

 

ジェイディスはすごく喋り方に味があって良いな〜と思って見てます。

口元がいちいちまろやかに動く感じとか。

 

ヒルトップのほうを見ると、大量の捕虜を維持するというのは、大変だということを考えさせられます。

 

戦力にならず、労働力にもならず、ましてや自分たちに敵意を持っている大勢の人間を、ただ維持しなければいけないというのは、実に悩ましいでしょうが、じゃあ処分すればいいかというと、実際自分がその大勢の捕虜を前にすると、なかなか判断は下せないだろうと感じます。

 

個人的な恨みがあれば突き動くこともできますが、うっとうしいのはあのジャレッドくらいのもので、他はただの強い者に従って生きるしか無かった人たちでしかないという現実が付きまといます。

 

でもとりあえずジャレッドはやっとけよと。

 

ジャレッドの他になんとなく良識派そうな救世主がいましたね。

名前はアルデンといいました。

彼も今後物語に絡んでくるんでしょうか、結構な甘いマスクを持っており、姫様を助けに来そうな感じでした。

 

グレゴリーが檻に入れられてちょっと可哀想に。

好きなんですがね、よく分からないところが。

そもそもよくヒルトップのリーダーになれたなという後半のへたれっぷり。

ウォーカー1匹相手に妊婦のマギーにバトンタッチするのとか、大好きでした。

 

あと最近急浮上してきたキャラ『カル』。

彼は的場浩司に似ていてツボです。

目に力を無くして三枚目にした的場浩司を、さらに頭を弱くした感じです。

カルとグレゴリーのセットで、なんかよくわからないけど常にコミカルな雰囲気を場にプラスしていますよね。

 

カルには、今後も画面には頻繁に出てくるけど、ほとんど何も喋らず、とりあえずなんかギクシャクと動いていて欲しいです。

 

私的にはこの二人は絶対生き残らせて欲しいキャラクターですね。

 

そして新キャラが登場。

中東系の『セディク』。

信用できそうな彼ですが、どういう背景で一人きりなのか気になるところです。

これからのストーリーとの絡みに期待。

にしても地味ですよね。

華が無さすぎるんじゃないでしょうか。それともこれから活躍して、なんか不思議だけどかっこよく見えてきた!!みたいな現象が起こるのでしょうか?

 

カールと友情が芽生える感じなんでしょうかね?

 

ロジータのロケットランチャーには笑いました。

 

すごいの見つけたなと。

 

人間一人にオーバーキルにもほどがありました。

 

直撃すぎて分子分解したみたいに男消えたし。

”ロケットランチャーを至近距離で直撃させると人は分子分解したように消え去る”という良い勉強になりました。

 

一昔前の特撮映画みたいな映像でした。

 

あとエゼキエルの住処にショットガンをぶち込もうとしたキャロルも強硬手段にもほどがあるぞと思いました。

ジェリーが食べるのに夢中になってたらそのまま扉を木っ端微塵にして乗り込んでいったのでしょうか?

 

さてさて、あまりにも上手く運びすぎている聖域襲撃に、今後どういうピンチが到来するのか、次回も楽しみに視聴したいと思います。

 

 

次回、トゲトゲとリックの無意味な争いが再演されます。

やったぜ。

 

◆第7話の感想へ

第7話ネタバレ感想『ユージーン飛行機』

 

ウォーキング・デッドを見るならhuluの無料トライアルでどうぞ。

毎週月曜日にhulu内のFOXチャンネルにて最速リアルタイム放送も行なっています。

また『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』ならAmazonプライムビデオで全シーズン見放題公開中です。

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

このエピソードに使われていた挿入歌・BGM詳細

 

『The aria Crudele non mi dir from Don Giovanni』 by Mozart

オペラのトラックの巨大なスピーカーから流れていた曲。

 
 

 

全シーズンで使われた楽曲の一覧はこちらです。

ウォーキング・デッドで使われた挿入曲・BGM一覧

 

7話予告編&6話メイキング・インタビュー動画

 

 

ユージーン役ジョシュ・マクダーミットとエイブラハム役マイケル・カドリッツ来日独占インタビュー1。

  

こちらは6話のメイキング映像&インタビューです。

タラ役のアラナ・マスターソンは愛嬌があって素敵ですね。

 

 

◆第1話の感想へ

第1話ネタバレ感想『リック、イエス様化』

◆第2話の感想へ

第2話ネタバレ感想『若干引き締まったモラレス』

◆第3話の感想へ

第3話ネタバレ感想『これ以上無い濃厚キス』

◆第4話の感想へ

第4話ネタバレ感想『怒りの張飛』

◆第5話の感想へ

第5話ネタバレ感想『開き直ったガブの強さとニーガンの弱み』

◆第8話の感想へ

第8話ネタバレ感想『カールが噛まれた?』

◆第9話の感想へ

第9話ネタバレ感想『カールの最期』

◆第10話の感想へ

第10話ネタバレ感想『先週のカールの話を全然聞いてないパパ』

◆第11話の感想へ

第11話ネタバレ感想『ゲイブリルの神回』

◆第12話の感想へ

第12話ネタバレ感想『急に裸のニーガン』

◆第13話の感想へ

第13話ネタバレ感想『トビン・パニック』

◆第14話の感想へ

第14話ネタバレ感想『主食はカブ』

◆第15話の感想へ

第15話ネタバレ感想『ロジータのフェチ映像』

◆第16話の感想へ

第16話ネタバレ感想『リックくそ卑怯』

 

【まとめ】ウォーキングデッド8関連全記事一覧

 

ウォーキングデッド8各話の感想を書いた記事は、こちらで一覧で管理しております。

 

ウォーキングデッドシーズン8感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

登場キャラクターや俳優情報なども併せてどうぞ。

 

シーズン8の登場人物 キャスト情報

 

シーズン7関連記事はこちら。

 

ウォーキングデッドシーズン7感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

動画配信サービス比較ランキング

当サイトではhuluを料金の面からもコンテンツの面からも総合的に見ておすすめしております。

さらに詳しく主要動画配信サービスのサービス内容の比較をご覧になりたい方は、こちらの記事をご参照ください。

 

おすすめランキング順にご紹介しています。

 

 

懐かしい過去のシーズンを振り返るコーナー