映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン8第15話妙な感想文『ロジータのフェチ映像』ネタバレ


うたパスキャンペーン

KDDIが提供する音楽聴き放題サービス『うたパス』がauユーザー以外でも誰でも登録可能になったことを記念して、今うたパスの無料1ヶ月お試しトライアルに登録した方に、MUSIC STOREで使える500円分のコインをもれなくプレゼント中!!
2018年8月31日までの限定キャンペーンなのでお早めに!うたパスの登録後は非常に簡単な解約手続き(詳しい手順を別窓で開く)を済ませておけばお金がかかる心配もありませんので、ぜひ500円だけでもゲットしておいてくださいね!!(無料登録を済ませたらMusic Storeにうたパスの登録IDでログインして「今すぐコインを受け取る」ボタンをタップすればすぐに受け取れます。)

まずはココから→うたパスを30日間無料でお試ししてみる

速報



ハピタス初めてのお買い物キャンペーン

総額2,600円以上キャッシュバック?!

2018年8月22日まで限定!
ひかりTVショッピングという通販サイトを利用したことが無い人が、ハピタスを経由して初めて利用すると、購入金額の1.2%還元+1,000円分のハピタスポイント+さらに1,600円分のぷららポイント(ひかりTVショッピング内で使えるポイント)が貰えるキャンペーンにもエントリーできます!!

こんなチャンスは滅多にありませんので、初回利用特典だけでもゲットして、超お得に欲しい物を手に入れてくださいね!
ハピタスへの登録は1分程度の非常に簡単な手続きで完了し、完全無料です。
ハピタスにログインしたら「ひかりTVショッピング」で検索してみてください。

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。
-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技
[夏の特大キャンペーン開催中!]
8月31日まで限定!!今モッピーに新規無料登録した人を対象に漏れなく1,300円プレゼントキャンペーン実施中!!キャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でモッピーに新規無料会員登録

さらに!!

お財布.comでも8月31日まで同様に漏れなく1,300円ゲットできるキャンペーンが開催中ですので、この2つのサイトで合計2,600円棚ぼたゲットできる大チャンス!!この夏の2大キャンペーンを絶対にお見逃しなく!!
お財布.comのキャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でお財布.comに新規無料会員登録

*年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料のサービスですのでご安心ください。

ウォーキング・デッドシーズン8第15話のネタバレを含む感想を書いた記事になります。

 

目次

 

ウォーキングデッドシーズン8第15話ネタバレ感想『ユージーンゲロを吐くの巻』
ウォーキング・デッドシーズン8第15話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Greg Nicotero/グレゴリー・ニコテロ
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT

 

シーズン8第15話ストーリー

 

邦題 偽りの顔
原題 Worth
監督・ディレクター Michael Slovis/マイケル・スロービス
脚本 David Leslie Johnson/デヴィッド・レスリー・ジョンソン
Corey Reed/コリー・リード

 

リックがカールの手紙を読む。

そこにはカールの幸せな過去の記憶や、未来への願いが書かれていた。

 

工場で銃弾の製造に追われていたユージーンは、出来上がった弾の試し打ちに外に出た一瞬の隙をつかれ、ダリルとロジータに拉致されてしまう。

 

その頃聖域では、サイモンの行動に対するニーガンの決断が下されようとしていた。

床に膝まずかされ、「抵抗しない」と覚悟するサイモンだったが、ニーガンは彼を許してヒルトップ攻略の作戦を皆に話した。

 

囚われたユージーンは、ダリルが離れた隙に、ロジータに向かって嘔吐するという方法で逃げ出す。

 

一方アーロンは森の中で飢えと疲労に苦しみながらウォーカーと戦っていた。

倒れて気を失った所を、オーシャンサイドの女たちに発見されて、気がつくと取り囲まれていた。

「恐怖を断ち切るために一緒に戦え!」と気力を振り絞り訴えるアーロン。

 

サイモンはニーガンへの反旗を収めることはできず、ついにドワイトらを誘って反乱実行を企てるも、ドワイトの密告によって全てニーガンの知る所となる。

それでもニーガンは「俺はやり方を変えない」と言ってサイモンにチャンスを与え、力ずくて奪ってみろと一対一の決闘をすることになる。

 

その決闘のどさくさに紛れ、ドワイトはニーガンのヒルトップ攻略の作戦が書かれた地図をグレゴリーに託す。

 

しかしニーガンは、ドワイトの裏切りを知る幹部ローラを、聖域に来る途中発見していたのだ。

全てを知った上で泳がされていたことを知るドワイト。

 

その後ミショーンからニーガンの元に無線が入る。

カールからの手紙を読みあげるミショーンだったが、ニーガンは「もう話は終わりだ」と言って無線機を踏み砕いてしまった。

 

 

シーズン8第15話の詳しいあらすじはこちらの記事で詳細に書いています。

ウォーキングデッドシーズン8 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

シーズン8第15話考察レビュー

 

誰かカールの夢物語も少しは聞いてやってください…!!

 

 

そんな感じで始まりました、いや終わりました第15話。

邦題「偽りの顔」ということで、誰の顔のことでしょうか。

ドワイトか、サイモンか、ニーガンか、ユージーンか、グレゴリーか?

原題は「Worth」ということで”価値”というような意味となっており、何の価値のことでしょうか。

サイモンを生かす価値?ドワイトを生かす価値?ユージーンの頭脳の価値?

戦う価値?和平の価値?

 

でもまあ…マシンガン持って救世主のトラックに忍び込んで、ニーガン撃たずに別の救世主の下っ端を撃ち殺したりして暴れた挙句に、「パパが和平を申し込んだら受けてあげて」というのも違和感しか無いですが。

 

 

またもしそのパパが和平を申し込んだら申し込んだで、どのツラ下げて平和を語るんだという感じです。

 

親子だなあ、といったところ。

 

パパは15話の間中ずっとカールの手紙を熟読していたようですが、最後16話、どんなテンションでおっ始めるんでしょうか?

 

やっぱりあのままなんでしょうかね?

 

ユージーンはイワシとニンニクとマカロニチーズがどうこうとやけに語るなと思っていたら、ゲロの伏線をせっせと作っていたんですね。

 

でも分かりますよ。

ロジータみたいなタイプには、思いっきりゲロ浴びせかけてみたい、みたいな男のロマンがありますよね。

ストレートに高飛車にいじめられたい、蔑まれたいというのと逆ベクトルに進むようで、結局最終的には人間のクズを見るような目で見られたいという所に帰結していくという意味では、同じことなんだと思います。

 

男のこじれた性癖です。

 

そんなプチフェチシズム映像をお楽しみくださいというサービスシーンだったのでしょう。

どうせなら顔にかけて欲しかった。

 

この話で一番腑に落ちたのは、オーシャンサイドの男衆を全滅させたのはサイモンの独断だったという事実です。

なるほど、前からニーガンのやり方が、生温すぎたり残酷すぎたりでどうもちぐはぐだと思っていたんですが、これで納得できました。

 

ニーガンはサイモンの残虐性を知った上でなお、自分の配下にがっちり置く事で監視・教育していたと。

ニーガンやっぱり人格者ですよね。

問題児を殺して問題解決してしまうのは簡単だったろうに、最後の最後まで更生のチャンスを与えていました。

 

あとドワイトが過去の流れからして明らかに信用できないはずなのに、以前からえらい厚遇して信頼しきっているのが、ちょっといくらなんでも警戒心なさすぎだろうと違和感を感じていましたが、服従したとしても寝返ったとしてもちゃんと縄をつけていたといった所でしょうか、ニーガンが一枚上手だったという展開で落ち着いて、なんか安心しました。

 

前々回くらいからのニーガンは、仲間の裏切りにも気付かず、リックの奇襲にも対応できず、なんか簡単にやられてしまいそうな弱々しさがあったので。

 

しかしこれでサイモンが消え、ドワイトの裏切りも表沙汰となり、いよいよニーガンの周りが手薄になってきている印象です。

 

ローラが生きていたのが嬉しいところ…あ、ローラだったんですね、前回車でニーガンが誰かを見つけて「おやおやおったまげたぜホーリーヘル」みたいなことを言っていたのは。

 

救世主の主要人物は、ローラとレジーナアラットゲイリー、この4人くらいしか居なくなってきました。

あとユージーンと。

 

ユージーンは完全にニーガン信奉者となってましたね。

ただユージーンはそもそも初めから、リック陣営の中で、大事な仲間として扱われていた描写が一切無いといっても良いような感じで、お荷物としてよくロジータあたりに邪険に扱われておりました。

 

ウォーカーの秘密を握る科学者だという嘘がバレる前は、重要人物だということで守られていただけで、仲間だから守られていたわけではありませんでしたし、嘘がバレた後は、ナイフ一本ろくに扱えないということでボロクソ怒られたりしてました。

 

その頃は誰もユージーンの頭の良さについて、重要視する者は無かったように思うので、ニーガンにいきなりお前はすごいとかもてはやされて重要な役割を与えられたら、役立たず役立たずと言われる輪の中から逃げて、そっち付いて行ったとしても、褒められたことではないですが、今更「裏切った」などと、特にロジータお前には言われたくないわという心境があるのではと思います。

 

ロジータの相手への人格否定の罵詈雑言の数々は昔から聞いていて胸糞悪かったんですよね。

そのくせ自分は水鉄砲ひとつしか見つけることしかできない上、超至近距離からニーガン仕留め損なってオリビア犠牲にした次の回には、何事もなかったかのようになっており、無謀な提案を止めてくれるタラには「大人になって」とかなんとか言っておりました。

 

早くロジータのウォーカー姿が見たいところ。

 

アーロンはアーロンで最初から最後まで何をしとるんだという、よくわからない無駄なピンチを自ら作り出してなんとなく説得できてしまいそうな流れに強引に持っていってました。

アーロンは見ていて笑けます。

貴重な逸材。

 

イーニッドと別れ際、「必ず生きて再会する」とかなんとか約束したわりに、いきなり飢え死に寸前みたいな状態で登場するアーロン。

 

カブを食えカブを。

口の中さっぱりするから。

 

パパもアーロンも、交わした約束をちょっとは胸に刻んで行動してくれよ。

 

いよいよ来週シーズン8最終話。

ウォーキングデッドの変な面白さを、乞うご期待!!

 

 

次回、最後の最後でリックがくっそ卑怯です。

くっっっっそ卑怯です。

なんなんだこの主人公は。

 

◆第16話の感想記事にジャンプ

第16話ネタバレ感想『リックくそ卑怯』

 

ウォーキング・デッドシーズン8を見るならhuluで。

2週間の無料トライアルをお試しください。

また『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』ならAmazonプライムビデオで全シーズン見放題公開中です。

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

シーズン8第16話予告編youtube動画

 

続きが気になる!!16話予告篇はこちら。

 

◆第1話の感想記事にジャンプ

第1話ネタバレ感想『リック、イエス様化』

◆第2話の感想記事にジャンプ

第2話ネタバレ感想『若干引き締まったモラレス』

◆第3話の感想記事にジャンプ

第3話ネタバレ感想『これ以上無い濃厚キス』

◆第4話の感想記事にジャンプ

第4話ネタバレ感想『怒りの張飛』

◆第5話の感想記事にジャンプ

第5話ネタバレ感想『開き直ったガブの強さとニーガンの弱み』

◆第6話の感想記事にジャンプ

第6話ネタバレ感想『ロジータのロケット』

◆第7話の感想記事にジャンプ

第7話ネタバレ感想『ユージーン飛行機』

◆第8話の感想記事にジャンプ

第8話ネタバレ感想『カールが噛まれた?!』

◆第9話の感想記事にジャンプ

第9話ネタバレ感想『カールの最期』

◆第10話の感想記事にジャンプ

第10話ネタバレ感想『先週のカールの話を全然聞いてないパパ』

◆第11話の感想記事にジャンプ

第11話ネタバレ感想『ゲイブリルの神回』

◆第12話の感想記事にジャンプ

第12話ネタバレ感想『急に裸のニーガン』

◆第13話の感想記事にジャンプ

第13話ネタバレ感想『トビン ・パニック』

◆第14話の感想記事にジャンプ

第14話ネタバレ感想『主食はカブ』

 

ウォーキングデッド8ネタバレ感想まとめ

 

金曜の夜にピザを食べたくなった筆者のウォーキングデッドシーズン8まとめ

 

ウォーキングデッドシーズン8感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

だんだん減ってくる登場人物もまとめてます。

 

シーズン8の登場人物 キャスト情報

 

シーズン7もぜひぜひ読んでください。

 

ウォーキングデッドシーズン7感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

ウォーキング・デッドは安さならdTV、おすすめはhulu

ウォーキングデッドをはじめ、海外ドラマを観るならhuluがものすごく充実していて見尽くすことがありません。

ウォーキングデッド最新シーズンを安く見るならdTVの500円が最安です。

1ヶ月無料トライアルをまだお試しじゃないかたはぜひ!

 

hulu公式サイトへ

dTV公式サイトへ

 

動画配信サービスの比較などもやってますので覗いてみてください。

 

 

懐かしいシーズン振り返りコーナー