映画の感想文

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン7第3話妙な感想文『ドワイトはダリルが好きなのか?』ネタバレ

-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技

ウォーキング・デッドシーズン7第3話のネタバレを含む感想を書いた記事になります。

かなりネタバレを含んで好き勝手書かせてもらってますので、この感想記事は一度見た後に読まれることをおすすめします。

観る前に読むと、なんのこっちゃ分からないというような内容ですが、観た後だと、わかるわかると頷ける部分もあるのではないでしょうか。あることを祈ります。

 

目次

 

ドワイトとダリル
ウォーキング・デッドシーズン7第3話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Greg Nicotero/グレゴリー・ニコテロ
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム

 

シーズン7第3話ストーリー・あらすじ

 

邦題 囚われて
原題 The Cell
監督・ディレクター Alrick Riley/アルリック・ライリー
脚本 Angela Kang/アンジェラ・カング

 

 

救世主のアジトに捕らえられたダリル。

裸にされ、ドッグフードを与えられ、惨めな虜囚の生活を強いられていた。

 

ドワイトはかつての逃亡生活から、全てを捨てて生き延びることを選択し、ニーガンに服従していた。

 

ドワイトの命を救うためにシェリーもニーガンの妻となっていた。

 

ダリルは一度逃げ出そうとするが、すぐに捕まってしまう。

ニーガンはダリルを試してわざと独房の鍵を開けさせていたのだが、ダリルに「まだ理解が足りないようだ」と言ってもう一度閉じ込めた。

 

そんな中一人の救世主の男が逃走を試みる。

ドワイトが追って捕まえるが、全てに絶望した男は「それで満足なのか?」とドワイトに問う。

 

ニーガンがもう一度ダリルを呼び出して言う。

 

「お前は誰だ?」

 

 

シーズン7第3話の詳しいあらすじはこちらの記事で詳細に書いています。

ウォーキングデッドシーズン7 ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

シーズン7第3話考察レビュー

  

ダリルが悲惨な回でした。

特にあのマインドコントロールみたいに繰り返し聴かせられる音楽…

 

ドッグフードサンドイッチを与えられながら聴くには、最悪のチョイスですね。

 

でも普通に聴く分には気分の良い曲です。

各エピソードで使われた挿入歌は、記事の下に情報をまとめておりますので、興味のあるかたはどうぞ(クリックでページ内ジャンプ)

 

真っ暗闇の何も無い空間に閉じ込められるって、相当にヤバいようですね。

 

五感を奪う拷問を”ホワイトトーチャー”と呼ぶそうですが、その中でも光を奪う拷問は絶大な効果があるそうです。

テロリストや政治犯に自白を促すのによく使うんだとか。

 

とにかく神経が衰弱し、幻覚を見たり正気を保てなくなる。

大音量の音楽を流し続けるという拷問もあるようで、ダリルはよく「ニーガンだ」と言わなかったと感心します。

 

ドワイトはしかし、なんで羽のモチーフのついたあのダリルのクソダサいベストを着ているんでしょうね?

ダリルが着ても若干ダサいというのに、他の人が着たら目も当てられないと思うのですが…

 

嫌がらせなのか、それゆえに好きなのか?

 

とりあえずダリルの心を折ってニーガンに服従させることで、少なくともダリルの命だけでも助けたいと必死になっているという様子は見て取れるのですが、そのベストはなんなんだと。

 

あ、他の信用ならない救世主の手にダリルのベストが渡ると後でどうにもできないから、自分がちゃっかりキープしておいて、あとでダリルに返そうとでも思っているんでしょうかね?

 

それだったらドワイトなかなかいい奴です。

 

個人的にはダリルには、これを機に羽の無いベストを着てもらいたいですが…

 

ドワイトとシェリーの関係は、どうなんでしょう?

途中二人が話していて、ドワイトは「これで良い」とか言ってますが、全然良い感が無いんですがね。

 

なんでダリルのバイクを盗んだ時に遠くに二人で逃げなかったんだと。

ニーガンに降って処刑されるか、シェリーを妻に取られるくらいなら、絶対放浪したほうがいいと思いますが。

 

そういえばカーソン医師のところでシェリーが「陰性だった」とかなんとか言って「次こそは」みたいなこと言ってましたが、どういうことなんでしょうか?

大丈夫なんでしょうかそんな事やってて…

 

というかまさか、ニーガンの子供を作ろうと頑張ってるってことですかね?

 

だとしたら苦痛すぎるでしょう。

 

どっちにしてもヤバいと思います。

 

ドワイトとゴードンのやり取りはすごく切なかったです。

ゴードンは冒頭ではニワトリ小屋で雑務をこなしてましたね。

その時からむっちゃ鬱な表情を浮かべてました。

ドワイトもきっとシェリーを失うとゴードンのようになるんじゃないでしょうかね。

 

彼を後ろから悲痛な表情で撃つ時に流れているのは、ブライアン・イーノの『An Ending』という曲です。

下に詳細があります。

歌はありませんが、とても美しいインスト曲です。

 

 

次回、完全に玉を潰されたリックが必死にニーガンに従います。

 

◆第4話はこちら

第4話ネタバレ感想『飼い犬リック』

 

ウォーキング・デッドシーズン7を見るなら huluの二週間無料トライアルをお試しください。

また『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』ならAmazonプライムビデオで全シーズン見放題公開中です。

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

第3話の挿入曲・BGM情報

 

『Town Called Malice』 by The Jam

冒頭ドワイトがサンドイッチを作る時に流れている曲。

 
『Easy Street (feat. Jim Bianco & Petra Haden)』 by The Collapsable Hearts Club

ダリルのもとに食事が運ばれる時に流れる音楽。

 
『Crying』 by Roy Orbison

ダリルがポラロイド写真を見て泣くシーンで流れる曲。

 
『An Ending (Ascent)』 by Brian Eno

ドワイトがゴードンを撃つ時に流れる曲。

 

 

全シーズンで使われた楽曲の一覧はこちらです。

ウォーキング・デッドで使われた挿入曲・BGM一覧

 

上でご紹介した楽曲を含め、Amazonでダウンロード販売されている楽曲(4,000万曲以上)が月額780円で聴き放題になります。まずは30日間無料でお試しください。

 

第三話メイキング&インタビューyoutube動画

 

 

 

◆第1話はこちら

第1話ネタバレ感想『グレン死亡』

◆第2話はこちら

第2話ネタバレ感想『ジェリーのしやわせな笑顔』

◆第5話はこちら

第5話ネタバレ感想『マギーは男を産む』

◆第6話はこちら

第6話ネタバレ感想『PPPの意味』

◆第7話はこちら

第7話ネタバレ感想『シェリーの手がエロい』

◆第8話はこちら

第8話ネタバレ感想『アーロンは”ASSHOLES”』

◆第9話はこちら

第9話ネタバレ感想『歌い出す前に止めておこう』

◆第10話はこちら

第10話ネタバレ感想『これは臭そう。臭い。臭いぞ!』

◆第11話はこちら

第11話ネタバレ感想『あるわけないでしょ。(食い気味)』

◆第12話はこちら

第12話ネタバレ感想『水鉄砲を発見!ロジータお手柄!』

◆第13話はこちら

第13話ネタバレ感想『なんでリチャード殺したし』

◆第14話はこちら

第14話ネタバレ感想『鉄砲玉サシャ&水鉄砲ロジータ』

◆第15話はこちら

第15話ネタバレ感想『コレじゃな~~い顔サシャ』

◆第16話はこちら

第16話ネタバレ感想『ポピョ…ピョ…チョチョチョチョ……』

 

ウォーキングデッド7全話まとめ記事

 

ウォーキングデッド7についての感想等の記事はこちらに一覧にまとめております。

 

ウォーキングデッドシーズン7感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン7登場キャラクター一覧はこちら。

 

シーズン7の登場人物 キャスト情報

 

シーズン6の全話感想はこちらから。

 

ウォーキングデッドシーズン6感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン8の全話感想はこちらから。

ウォーキングデッドシーズン8感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

huluでウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドを視聴するなら、huluの無料トライアルをお試しください。

料金も手頃で、ウォーキング・デッド等海外ドラマのラインナップが非常に充実しております。

 

他のサービスとのサービス内容比較がしたい場合は、ぜひこちらの記事を活用してください。

 

 

この記事を読まれた方におすすめの関連ページ