映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ウォーキングデッドシーズン3第2話妙な感想文『ベスかわいい』ネタバレ

お節介ですが…ちゃんと『ちょびリッチ』やってます?


無料で登録・利用できて、アカウントを持っているだけで毎日10人に勝手に500円以上が当たる信じられないようなサイトがあるとしたら、とりあえず登録しておいたほうが良いに決まってます。

それが『ちょびリッチ』というポイントサイトなのですが、このサイトは、なんども言いますが無料で登録・利用(もちろん退会も)できて、ネットショッピングやサービス利用の際にここを経由するだけで色々とお得だったり節約できたりするお役立ちサイトです。
オススメポイントは他にもあるんですが、割愛してここでは一つだけこのサイトの魅力をご紹介します。

まずは下のキャプチャ画像をご覧ください。
毎日10人に1000ポイント以上が当たる!

これは毎日更新される『ちょびリッチ』の懸賞イベントの画面なのですが、10名の方にポイントが当選しているのが分かると思います。
これはいちいち応募が必要無く、ただアカウント登録した人の中から、毎日自動的に10名抽選で選ばれる仕組みになっています。

基本ルールは「毎日10人に1,000pt(500円分のポイント)が当たる」ですが、この賞金は実はこのイベントをチェックしていない人が受け取り損ねるとどんどんキャリーオーバーしていくんです。
ですから上の画像でも、最高で15,000pt(7,500円分)を一気にもらっている人がいますよね。
羨ましい…!!

そんなわけで、このサイトは登録するリスクが一切無く、お得しか無いため、とりあえず今すぐ登録だけでもしておくことを強くお勧めします。
また、下の紹介リンクから登録完了させ、月末までに1ポイントでも獲得すれば、ボーナスとして500ポイント貰えますのでお試しください。

【紹介リンク】簡単1分!ちょびリッチに無料で登録してみる
*ちょびリッチは年会費・退会費等料金は発生しないずっと無料のサービスですので登録はお気軽にどうぞ。
i2iポイント生誕祭
またi2iポイントがとんでもない事を始めました。


2019年5月31日まで!!
最近ものすごいお得なキャンペーンを次々と打ち出し、勢いがとまらないポイントサイト『i2iポイント』がまたやってくれました!

期間中還元ポイントが常に5%増量!
10回に1回の確率で獲得ポイントがなんと2倍!!

クレジットカード発行など高額案件でもめちゃくちゃ稼げますし、100%還元されるサービス(ネスレなど)を利用すれば、お金を貰って商品を受け取ることが可能となります。


その抽選結果をTwitterやInstagramなどSNSでシェアするだけでもAmazonギフト券が当たるダブルチャンスまでアリマス…!!

さらにピックアップ広告を利用するとポイント2倍確率が5分の1になり、例えばオススメはなんといっても『ネスレ ウェルネス アンバサダー』ですが、15,000円分のポイントが通常貰えるんですが、5分の1の確率で30,000円分になっちゃうんです!
当選しなくても100%以上のポイントが返ってきて、コーヒーやキットカットが無料で楽しめますので、やらなきゃ損ですよ本当に。

まずは下のリンクから登録するだけ1,000ptプロフィール登録をするだけでもさらに+1,000pt公式LINE@をフォローするだけでも500ptゲットできます。

さらにさらに、4月30日までに新規会員登録を済ませた方には5,000ptのボーナスが貰える期間限定キャンペーンと、最大18,700pt稼げるウェルカムキャンペーンの対象にもなりますので、どうぞこの機会をお見逃しなく…!!
キャンペーンについて詳しくはこちら

まずは下の【紹介リンク】から無料で会員登録を済ませ「5,555万円もらっちゃって還元キャンペーン」にエントリーして下さい。
登録後は広告還元率が1.25倍になりますので、SMS認証(本人認証)を忘れずにまっさきに済ませておいて下さいね!

【紹介リンク】簡単1分!i2iポイントに無料で登録してみる
*i2iポイントは年会費・退会費等料金は発生しないずっと無料のサービスですので登録はお気軽にどうぞ。


オススメ記事



ウォーキングデッド シーズン3第2話のネタバレを含む感想を書いたレビュー記事になります。

かなりネタバレを含んで好き勝手書かせてもらってますので、この感想記事は一度見た後に読まれることをおすすめします。

観る前に読むと、なんのこっちゃ分からないというような内容ですが、観た後だと、わかるわかると頷ける部分もあるのではないでしょうか。あることを祈ります。

 

目次

 

ウォーキング・デッドトーマス
ウォーキング・デッドシーズン3第2話より

 

基本情報

邦題 ウォーキング・デッド
原題 The Walking Dead
製作総指揮 Glen Mazzara/グレン・マザラ
この作品が観れる
動画配信サービス
hulu
dTV
U-NEXT
Netflix
Amazonプライム

 

シーズン3第2話ストーリー・あらすじ

 

邦題 縄張り争い
原題 Sick
監督・ディレクター Billy Gierhart/ビリー・ギアハート
脚本 Nichole Beattie/ニコール・ビーティー

 

生き残りの囚人たちと話をし、縄張りを決めて交渉することで、共存を図った。 

しかし囚人たちのリーダートーマスがリックに悪意を持って害そうとしたため、リックは持っていたナタでトーマスの頭を切る。

 

ハーシェルはローリの懸命な処置もあって一命を取り留めた。

 

こうして彼らの刑務所での多難な生活が幕を開けた。

 

 

シーズン3のあらすじはこちらの記事でまとめています。

ウォーキングデッド シーズン3ネタバレ あらすじ【全話まとめ】

 

シーズン3第2話考察レビュー

 

292日間食堂でおとなしく生活してた囚人ってちょっと大人しすぎじゃないかと。

とくにあのリーダーの男とよく生きてこれたねという感じがしました。

 

毎度毎度ローリのことで申し訳ないですが、カールがかわいそうです。

 

ハーシェルに必要な包帯を必死で取ってきたカールに一言

 

「アー・ユー・クレイジー?!?」

 

まてまて、わしが息子なら良かれと思って走り回って取ってきたのに母親にそんなん言われたら一生忘れられんわ…

クレイジーなのは完全にお前だから落ち着け。

 

クレイジーかどうかじゃなくて、何に気をつけて生きていくべきなのかを教えてやれ。

 

リックが「母親失格なんかじゃない」と言ったのに対しこうも言います。

 

「妻としては別の話…良くも悪くもね。

 

良くは無いよ!!

悪くしか無いわ。

何を好きなように言ってんだ。

 

ハーシェルを助けてくれたのには礼を言いますが。

 

この辺あたりから、今まで全然注目してなかったんですが、ベスの顔立ちが彫刻のように異常に美しいことに気がつき始める私でした。

 

歌もうまいし。

 

ローリに腹が立ったらベス見てたらいんじゃないでしょうか。

 

 

次回、あのメルルがカムバック!!

 

◆第3話はこちら

第3話感想『キモ変態い総督』

 

クレイジーなローリはhuluでチェック!

hulu公式サイトへ
https://www.happyon.jp

 

◆第1話はこちら

第1話感想『ハーシェル噛まれる』

◆第4話はこちら

第4話感想『ローリ死亡』

◆第5話はこちら

第5話感想『リック電話する』

◆第6話はこちら

第6話感想『電話の相手は誰?』

◆第7話はこちら

第7話感想『キモジェントル総督』

◆第8話はこちら

第8話感想『総督嫌いすぎミショーン』

◆第9話はこちら

第9話感想『アーチェリー女死す』

◆第10話はこちら

第10話感想『総督の逆襲』

◆第11話はこちら

第11話感想『アンドレア中途半端』

◆第12話はこちら

第12話感想『モーガン・パンク』

◆第13話はこちら

第13話感想『マギー総督にされた』

◆第14話はこちら

第14話感想『総督の変態性』

◆第15話はこちら

第15話感想『最期に魅せたメルル』

◆第16話はこちら

第16話感想『放置ミルトン転化プレイ』

 

【シーズン3まとめ】感想記事一覧

 

シーズン3に関する感想記事はこちらに全てまとめています。

 

ウォーキングデッドシーズン3感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン3の登場キャラ一覧もあります。

 

シーズン3の登場人物 キャスト情報

 

シーズン2感想まとめ

 

ウォーキングデッドシーズン2感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

シーズン4感想まとめ

ウォーキングデッドシーズン4感想 登場人物 キャスト情報まとめ

 

おすすめはhulu。フィアーを観るならAmazonプライムビデオ

 

最新シーズンをリアルタイムで観たい場合はhuluは画質も良く、見放題コンテンツが充実しており、とてもおすすめです。

 

通常盤より長い特別版「目覚めの朝」も公開されていますので、無料トライアルでぜひ見比べてみてください。

 

スピンオフ作品である『フィアー・ザ・ウォーキング・デッド』を全話見放題で観れるのは現在のところはAmazonプライムビデオです。

 

hulu公式サイトへ

Amazonプライムビデオ公式サイトへ

 

おまけおすすめゲーム実況動画

 

この記事を読まれた方へおすすめの関連ページ