映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

フレッツ光からauひかりに乗り換えの手順と注意点!1分で把握!失敗しない切り替え方法

お節介ですが…ちゃんと『ちょびリッチ』やってます?


無料で登録・利用できて、アカウントを持っているだけで毎日10人に勝手に500円以上が当たる信じられないようなサイトがあるとしたら、とりあえず登録しておいたほうが良いに決まってます。

それが『ちょびリッチ』というポイントサイトなのですが、このサイトは、なんども言いますが無料で登録・利用(もちろん退会も)できて、ネットショッピングやサービス利用の際にここを経由するだけで色々とお得だったり節約できたりするお役立ちサイトです。
オススメポイントは他にもあるんですが、割愛してここでは一つだけこのサイトの魅力をご紹介します。

まずは下のキャプチャ画像をご覧ください。
毎日10人に1000ポイント以上が当たる!

これは毎日更新される『ちょびリッチ』の懸賞イベントの画面なのですが、10名の方にポイントが当選しているのが分かると思います。
これはいちいち応募が必要無く、ただアカウント登録した人の中から、毎日自動的に10名抽選で選ばれる仕組みになっています。

基本ルールは「毎日10人に1,000pt(500円分のポイント)が当たる」ですが、この賞金は実はこのイベントをチェックしていない人が受け取り損ねるとどんどんキャリーオーバーしていくんです。
ですから上の画像でも、最高で15,000pt(7,500円分)を一気にもらっている人がいますよね。
羨ましい…!!

そんなわけで、このサイトは登録するリスクが一切無く、お得しか無いため、とりあえず今すぐ登録だけでもしておくことを強くお勧めします。
また、下の紹介リンクから登録完了させ、月末までに1ポイントでも獲得すれば、ボーナスとして500ポイント貰えますのでお試しください。

【紹介リンク】簡単1分!ちょびリッチに無料で登録してみる
*ちょびリッチは年会費・退会費等料金は発生しないずっと無料のサービスですので登録はお気軽にどうぞ。
i2iポイント生誕祭
またi2iポイントがとんでもない事を始めました。


2019年5月31日まで!!
最近ものすごいお得なキャンペーンを次々と打ち出し、勢いがとまらないポイントサイト『i2iポイント』がまたやってくれました!

期間中還元ポイントが常に5%増量!
10回に1回の確率で獲得ポイントがなんと2倍!!

クレジットカード発行など高額案件でもめちゃくちゃ稼げますし、100%還元されるサービス(ネスレなど)を利用すれば、お金を貰って商品を受け取ることが可能となります。


その抽選結果をTwitterやInstagramなどSNSでシェアするだけでもAmazonギフト券が当たるダブルチャンスまでアリマス…!!

さらにピックアップ広告を利用するとポイント2倍確率が5分の1になり、例えばオススメはなんといっても『ネスレ ウェルネス アンバサダー』ですが、15,000円分のポイントが通常貰えるんですが、5分の1の確率で30,000円分になっちゃうんです!
当選しなくても100%以上のポイントが返ってきて、コーヒーやキットカットが無料で楽しめますので、やらなきゃ損ですよ本当に。

まずは下のリンクから登録するだけ1,000ptプロフィール登録をするだけでもさらに+1,000pt公式LINE@をフォローするだけでも500ptゲットできます。

さらにさらに、4月30日までに新規会員登録を済ませた方には5,000ptのボーナスが貰える期間限定キャンペーンと、最大18,700pt稼げるウェルカムキャンペーンの対象にもなりますので、どうぞこの機会をお見逃しなく…!!
キャンペーンについて詳しくはこちら

まずは下の【紹介リンク】から無料で会員登録を済ませ「5,555万円もらっちゃって還元キャンペーン」にエントリーして下さい。
登録後は広告還元率が1.25倍になりますので、SMS認証(本人認証)を忘れずにまっさきに済ませておいて下さいね!

【紹介リンク】簡単1分!i2iポイントに無料で登録してみる
*i2iポイントは年会費・退会費等料金は発生しないずっと無料のサービスですので登録はお気軽にどうぞ。


オススメ記事



フレッツ光からauひかりに乗り換えの手順と注意点!1分で把握!失敗しない切り替え方法

このページでは、まず冒頭にフレッツ光からauひかりに乗り換える際の流れと注意点の要点をまとめて、忙しい方でも失敗しない回線の切り替え手順がすぐに把握していただけるようになっています。

 

その後、各項目に対して詳しいご説明を加えています。

必要に応じてご活用ください。

 

目次

 

フレッツ光からauひかりに乗り換える手続きの手順

 

  1. プロバイダを選んでauひかりに申し込み
  2. 宅内機器のお届け
  3. 工事可能日の連絡・決定
  4. 工事の立会い・宅内機器とパソコンの接続設定

 

*1〜4の手順は、一戸建ての方などホームタイプなら1〜2ヶ月程度、集合住宅などマンションタイプなら2週間程度で完了します。

 

切り替えの際に注意すべき要点まとめ

 

  • auひかりは対応エリアがフレッツ光より狭いので対応しているかをチェック→詳しくはこちら
  • ただし対応エリアの問い合わせは契約の決心がついてから行うべし→詳しくはこちら
  • フレッツ光とプロバイダーで違約金が発生するかと、工事費の分割支払いが終わっているかをチェック→詳しくはこちら
  • ただしauひかり側で違約金負担のキャンペーンがありますので契約時オペレーターに手続きを確認しましょう→詳しくはこちら
  • 工事費が実質無料となるキャンペーンがあります→詳しくはこちら
  • フレッツ光で利用していたプロバイダがauひかりでも選べるかをチェック(ただしキャッシュバック条件に指定プロバイダを選ぶ必要あり)→詳しくはこちら
  • auひかりはどのプロバイダを選んでも料金が変わらないので分かりやすい→詳しくはこちら
  • 大家さんに許可が必要な場合がある→詳しくはこちら
  • フレッツ光からauひかりへの乗り換えは同じ光回線を”転用”するのではなく別の新しい回線を引く工事が必要→詳しくはこちら
  • 工事日はインターネットや電話が使えない期間を無くすように設定しよう→詳しくはこちら
  • 戸建てタイプの方は特に宅内機器の設置場所を決めておこう→詳しくはこちら
  • 場合によっては立会い工事が不要な場合もあります(工事費はかかる)→詳しくはこちら
  • ネット接続に必要な機器をレンタルしている場合機器の返却が必要なので処分してしまわないように注意→詳しくはこちら
  • ひかり電話の電話番号が引き継げるのはNTTの加入電話だった場合のみ詳しくはこちら
  • フレッツ光の解約はauひかりが開通してから行おう→詳しくはこちら
  • プロバイダが変わる場合はNTTだけでなくプロバイダにも個別に解約の連絡が必要→詳しくはこちら

 

以上です。

これらを把握していただけたら、フレッツ光からauひかりへの乗り換えの手順や注意点はバッチリです。

 

もうちょっと詳しく知りたいな?と思われた項目だけ「詳しくはこちら」をクリック/タップしてページ内ジャンプで詳細情報に飛んでチェックしてみてください。

 

以下、手順のステップに沿って、要点や注意点の詳細を解説致します。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

ステップ1:プロバイダを選んでauひかりに申し込みを済ませる

 

まずは対応エリアをチェック!

auひかり対応エリア
キャンペーンサイトより

 

auひかりは、全国のエリアでサービス提供を展開しており、その対応率は約70%以上と言われています。

全国の70%以上の世帯に対応するということは、かなりの高確率で対応していることになりますが、一部エリアや住居の状況などから非対応となっている可能性もあります。

 

ウェブ上でいつでも貴方の自宅がauひかりに対応しているかどうかを一見して確認するといったような方法は無く、個々の家の状況などでも変わってきますので、結局は精通したオペレーターによる案内を受けるしか、確実に回線が引き込める状況なのかどうかを確認する方法がありません。

  

自宅が対応エリアかどうか分からないけど、対応しているなら申し込みたいということであれば、直接公式サイトの「お申し込み」というボタンから住所や電話番号を入力して、送信するのが一番早いです。

お申し込みボタン

 

入力項目も非常に少なく、すぐにオペレーターが案内してくれます。

ちなみに下の画像のように、必須の入力項目は「お名前」「電話番号」「ご住所」のたった3項目だけです。

お申し込みフォーム

「メッセージ」に「自宅が対応エリアかどうか知りたい。対応しているようなら申し込みたい。」などと付け加えておけば完璧です。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

注意!!問い合わせ”だけ”を行うとキャッシュバック対象外となる?!

 

なぜ対応エリアを確認するだけで「お申し込み」から行わないといけないんだと、上の説明で少し疑問に思われたかもしれませんが、それにはワケがあります。

 

対応エリアかどうかを知りたいだけで、契約するかどうかはまだ決めていない、という方は、対応エリアに含まれていたとしたら契約するという決心がついてから問い合わせることを強くお勧めします。

 

なぜならば、auひかり開通のキャッシュバックキャンペーンで莫大なキャッシュバックを受けられるのですが、その条件に「即日申込完了」という項目があるからです。

 

キャッシュバックキャンペーンの即日申込完了という条件について、注意書きとして以下のように記述されています。

 

お問合せいただいた当日、もしくは1回目のお電話でお申し込みいただいた方限定です。

 

つまり、何かしら問い合わせを行った場合、その答えの電話が向こうからかかってきた時、その電話で成約まで至らないと、キャッシュバックの対象外となってしまうということなんです。

 

これを知らずにとりあえず問い合わせて、例えば対応エリアの問い合わせだったとして、1回目の電話で対応エリアであることは確認できたけどその時には契約せず、時間をかけてゆっくり検討してから改めて後日申込を行ったとしたら、キャッシュバック対象外なんて悲しい結果になってしまいます。

 

ですから、高額キャッシュバックを狙われる方は、まずauひかりに契約するかどうかの決心をつけてから、具体的な問い合わせをお申し込みフォームから行うようにしてください。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

auひかりで選べるプロバイダーの種類もチェック!

選べるプロバイダー

 

auひかりに乗り換える時の大きな注意点として、選べるプロバイダーが7つしか無いので、フレッツ光時代に利用していたプロバイダーを解約しないといけない可能性があり、違約金も余計にかかってくることがあります。

 

  1. au one net
  2. So-net
  3. @nifty
  4. BIGLOBE
  5. DTI
  6. ASAHIネット
  7. @T-COM

 

しかも、最大11万円というキャッシュバックを最大限受け取るためには、指定プロバイダーでの契約が必要となり、フレッツ光時代のプロバイダーは解約必至となります。(後述しますがauひかりには乗り換えの際違約金負担のサービスもあります。)

 

ちなみに、選んだプロバイダーによって料金の違いは一切ありません

分かりやすくて良いですので、せっかくキャッシュバックがついてくるなら指定プロバイダ一択でまったく問題無いでしょう。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

フレッツ光や旧プロバイダの解約で違約金が発生するかをチェック!

 

◆NTT東日本の場合

にねん割の解約違約金には、戸建てタイプで9,500円、 マンションタイプで1,500円かかります。

また、工事費の分割払いが終わっていない方は、解約した時点で未払い分が一括で請求されます。

 

◆NTT西日本の場合

「光もっと2割」や「どーんと割」適用の場合、利用年数に応じて5,000円〜30,000円の違約金が発生します。

また、工事費の分割払いが終わっていない方は、解約した時点で未払い分が一括で請求されます。

 

また、プロバイダー各社の違約金が発生しないかも、公式サイトなどからチェックしておいてください。

 

これらは、後述する「スタートサポート」というauひかりの他社違約金負担サービスで補填してもらうことができます。

ですので、違約金に関してはそれほど気にせずに好きなタイミングで乗り換えることができます。

 

NTTフレッツの解約は、西日本・東日本関係なく「0120-116-116」に連絡すればできます。(午前9時〜午後5時で年末年始を除く土曜・日曜・祝日も受け付け中)

 

またプロバイダにも解約の連絡をすることを忘れないようにしましょう。

 

違約金が発生しても大丈夫!auひかりの違約金負担キャンペーン「スタートサポート」は強力!

 

 auひかりでは、他社回線から乗り換えの場合、最大30,000円までかかった違約金をキャッシュバックしてくれるキャンペーンがあります。

 

ただし以下のような条件があります。

 

◆ホームタイプの場合

  • インターネット+電話+電話オプションパックEXに加入
  • 36ヶ月間以上の継続利用
  • ギガ得プランは対象外(ずっとギガ得プランか標準プランに加入が必要)

 

◆マンションタイプの場合

  • インターネット+電話+電話オプションパック
  • 24ヶ月以上の継続利用
  • ギガ得プランは対象外(ずっとギガ得プランか標準プランに加入が必要)

 

ちなみに電話サービスの月額料金は500円ですが、現在60ヶ月無料というお得なキャンペーン中です。

 

現在使っている回線の解約で違約金がかかりそうな場合は、その金額と、どういう手順で手続きすればキャッシュバックされるのかを、auひかり契約時にオペレーターにしっかり聞きましょう。

 

工事費実質無料の月額費割引キャンペーン

 

auひかりの光ファイバー引き込み工事には、ホームタイプで37,500円、マンションタイプで30,000円の費用がかかります。 

ちなみにこれは、立会いが必要ない場合でも請求されます

 

この工事費は、1,250円の24ヶ月払いや30ヶ月払いで分割請求されます。

しかし、その一方でauひかりの利用料金から1,250円割引が24ヶ月間適用されたりと、結局は差し引き0になる実質無料キャンペーンが適用されます。

 

ただしホームタイプの場合は、電話サービスにも加入しないと割引額が減額されてしまうのでご注意下さい。

 

◆ホームタイプ

月額費から625円×60ヶ月割引(電話サービスに加入しない場合は125円×60ヶ月割引)

 

◆マンションタイプ

月額費から1,250円×24ヶ月割引

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

場合によっては工事自体が不必要な時もあります

 

また、すでにauひかり回線が導入されているマンションや、前の住人がauひかりの回線工事を行なってそのままになっている場合などは、工事不要で使い始められます。

下の画像のような光コンセントが設置されている部屋は、なんらかの光回線が引き込まれているということがわかります。

光コンセント1
光コンセント2

よく似たコンセントでも、光コンセントには必ず「」とか「光コンセントSC」と書かれています。

そうでなければ光コンセントではありません。 

 

 auひかりの引き込み工事をしてもよいか大家さんに許可を取る

 

マンションなどでその建物にauひかりの設備が導入されているなら、すぐに契約して大丈夫ですが、そうでない場合は、新しいフレッツ光とは違う光回線を引き込む必要があるので、家主・オーナーに工事の許可が必要な場合があります。

 

新しい回線を引き込むとはいっても、通常すでにある電話の配管に新しい配線を1本増やすだけなので、大家さんなどに不都合なことは無いのですが、稀に配管が使えずに、やむなく壁に5mmほどの穴を開ける必要がある場合があります。

 

そういったことも含めて、どこまでOKかを事前に確認しておきましょう。

大家さんによっては「配管に光ファイバーを通すだけならOK」や「小さな穴を開けるくらいならOK」などと分かれるところでしょう。

もしも穴あけがNGだった場合は、その旨をauひかりのオペレーターや工事担当者に相談する必要が出てきますので注意してください。

 

ステップ2:宅内機器が届く

 

一戸建ての場合などは特に宅内機器の設置場所をあらかじめよく考えておこう

 

通常、auひかりに申し込むとONUと呼ばれる機器と、ホームゲートウェイの2台がまず送られてきます。

マンションがVDSL配線方式の場合は、VDSLとホームゲートウェイが一体型のものが1台だけ送られてくる場合もあります。

 

これら機器は工事まで何もする必要はありませんが、特に一戸建ての場合などはONUの設置場所を決めておきましょう。

それによって、家のどこから光ファイバーを引き込むのかが変わってきます。

 

マンションなどの場合は電話のモジュラージャックを基点にするので特に考える必要はありませんが、新規で引き込み口を決める場合は、工事終了後は変更することが容易にはできませんので、よくよくレイアウトなども含め考えて決めるようにしてください。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

ステップ3:工事日・解約日の連絡・決定

 

フレッツ光からauひかりへの切り替えは”転用”ではできません。新たに工事が必要です。

 

光回線の関係でよく”転用”という言葉を見かけますが、”転用”と”乗り換え”では全然意味が違ってきます。

 

転用とは、フレッツ光系の回線業者だけを変えることで、つまり使う光ファイバーは同じということを意味します。

例えばフレッツ光からドコモ光に光回線の契約を変えても、これは”転用”になります。

ドコモ光はフレッツ光の光回線を借用しているだけの”光コラボレーション事業者”と呼ばれる回線業者だからです。

 

しかし、auひかりはauが独自に引く光回線のため、フレッツ光からauひかりへの契約変更は”転用”ではなく”乗り換え”になります。

 

転用では違約金が発生しなかったり、新たに工事が不要だったりと何かとスムーズな移行が可能ですが、乗り換えとなると、もともとのフレッツ光回線を廃止し、auひかりの光回線を新たに自宅に引き込むことが必要となり、手間やかかる費用もかさみがちとなります。

 

ただし、独自回線を持つauを使うメリットは多いにあり、また違約金負担などのキャンペーンも充実していることから、auひかりへの乗り換えは積極的に行うべきです。

面倒だからという理由で先延ばしにしていると、auひかりのお得なメリットをどんどん逃してしまう結果に繋がります。

 

独自回線の強みやauひかりのメリットについては「auひかりは独自回線・auひかりがお得なワケ」というチャプターで詳しくご説明しています。

 

まずauひかりの工事日を決める(場合によっては立会いが必要無い場合も)

 

フレッツ光からauひかりに乗り換える場合は、まずはauひかり側の工事日程を調整しましょう。

その工事日が確定してから、フレッツ光の撤去工事の日程を立てれば、光インターネットの利用に空白期間が出来ずに合理的です。

 

ただし、auひかりは独自回線であり、契約の際には新たに光ファイバーを引き込む工事が必要と書きましたが、地域や状況によって例外的にNTTの光ファイバーを使う場合があります。

この場合は、フレッツ光の撤去工事もauひかりの引き込み工事も、同時に行えることになります。

 

また、マンションタイプでVDSL・LAN配線方式の場合、宅内工事が必要無い場合もあり、その場合は工事日の調整や立会いが必要ありません。

この場合通常よりも早く1週間程度でauひかりが使い始められます。

ただし工事費は通常通りかかります。

 

auひかりの工事日が決まったらその直後くらいにフレッツ光の撤去工事のスケジュールを入れよう

 

転用と違い、乗り換えの場合は全く別の光回線を扱いますので、二つの回線の撤去と引き込みの工事日程がうまく噛み合わないと、インターネットが使えない期間が出来てしまいます。 

ですので、まずはauひかりの回線を開通させ、その直後にフレッツ光の撤去工事を入れるのが理想的となります。

 

ただし、ひかり電話を引き継ぐ場合は、auひかり側のひかり電話が使えるようになるまで工事後数日から2週間ほどかかるので、それまでフレッツ光を解約せずにひかり電話を使えるようにしておきましょう。

 

光回線を自宅に引く、なんて聞くと、すごく大変で大掛かりな作業となるようなイメージですが、ほとんどの場合は既存の電話の配管を利用しますので、実際は1〜2時間程度で終わります。

 

ですから、午前中にauひかりの開通、午後にフレッツ光の撤去の工事を入れるなど、1日で詰め込んで行うことも可能です。

 

ただし、電話の配管がなんらかの理由から使えない時は、外壁に穴を開けたりといった作業が必要となってきて、少し時間がかかります。

 

電柱に設置されている光クロージャーと呼ばれる分配器から光ファイバーを引き出し、電話の配管に延長して引き入れるのですが、配管が使えるかどうかは工事業者が自宅に訪れるまでは判断できないので、あらかじめ知ることは難しいです。

 

電話の配管を使うか、エアコンのダクトなどを使って室内に引き入れるか、壁に穴を開けて引き入れて、光コンセントが設置されます。

 

先ほども「一戸建ての場合などは特に宅内機器の設置場所をあらかじめよく考えておこう」のチャプターで書きましたが、この光コンセントを一度設置してしまうと、そこから一定範囲内にしかONUなどの機器を置けなくなるので、この光コンセントの位置はよく工事業者の方と相談してください。 

 

光コンセントに機器を接続すればネットの利用開始ができます。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

解約はNTTだけでなくプロバイダーへも連絡が必要です

 

回線業者もプロバイダーも同じようなものという感覚なので、NTTに解約申込をしたらフレッツ光関連の改訳手続きは完了という感じになってしまいがちですが、プロバイダーには自ら直接解約申込をしないと、いつまでもプロバイダーだけ契約が継続してしまい、使ってもいないのに料金が請求されてしまいます。

 

現在契約しているプロバイダーの公式サイトなどから解約連絡先を調べ、忘れずに解約申込を行って下さい。

プロバイダーによっては電話や書面でのやりとりをせずとも、サイトからメールやフォーム入力で解約手続きが取れるところもあります。

 

解約タイミングは、新しいネット環境が整ってから行い、ネットが使えない期間ができないように工夫しましょう。

 

ステップ4:工事の立会いや宅内機器の接続・設定を行う

 

工事日が来たら工事に立会い、作業が終了したら光コンセントにONUなどを接続し、設定マニュアルに沿ってネット接続設定を行って下さい。

 

レンタル機器は全て指示に従って返却が必要です

 

プロバイダなどからネット接続機器をレンタルしている場合は、解約後返却の指示連絡がきますので、指定された方法に従って返却しましょう。

解約手続きが完了した後機器を捨ててしまう方も結構いらっしゃいますので、ご注意ください。

 

アナログ戻し不要!NTTの加入電話だった場合、ひかり電話の電話番号移行(ナンバーポータビリティ)が可能

 

フレッツ光でひかり電話を利用していた場合、auひかりのひかり電話に電話番号をそのまま移すことが可能ですが、それはもともとNTTの加入電話を利用していた場合のみで、ひかり電話を導入時に新たに回線業者から発行された電話番号だった場合は、番号の引き継ぎはできませんのでご注意下さい。

 

また、フレッツ光から電話番号を移行する場合であっても、auひかりの回線工事が終わったからといってすぐにauひかり電話が使えるわけではありません

通常auのひかり電話が使えるようになるのは工事完了から数日〜2週間ほどかかりますので、ひかり電話を引き継ぐ場合は、フレッツ光を早々に解約してしまわないようにしてください。

電話番号の移行が完了する前に解約すると、番号の移行が正常に完了しない可能性もあります。

 

auのひかり電話が使えるようになるまでは、NTTのひかり電話対応ルーターに接続したまま利用しましょう。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

フレッツ光について・光コラボレーションって何?

 

以上がフレッツ光からauひかりへの乗り換え手順と、それに沿った注意点や要点となりますが、ここで最後にフレッツ光と光コラボレーションについて詳しく解説したいと思います。

なぜかと言いますと、それがひいてはauひかりがお得な理由の説明となるからです。

 

まだauひかりに契約しようか迷われている方は、もう少し読み進めてみてください。

 

光回線は「フレッツ光」か「それ以外の独自回線」という分類ができる

 

一昔前、光回線といえばNTTの「フレッツ光」でした。

そしてその時代のNTTは、販売代理店に大きな報酬をばらまいて契約を取らせることに熱心でした。

 

例えば1件契約を取れば10万円の報酬があったとしましょう。

販売代理店はその中から最大限にキャッシュバックなどのキャンペーンを打ち出し、派手な見出しで顧客に対して訴求することができました。

 

ですからその頃のフレッツ光は、なにかとお得な割引やキャッシュバックがついてまわっていました。

 

しかしある時行われた法改正の内容に、その時行っていたNTTの光回線の経営方針に不利な内容が含まれていました。

 

そこでNTTは、販売代理店にばらまく報酬を縮小し、代理店を通じて個人から契約を取るのではなく、企業に対して光回線を卸すことにより儲けるシステムを作り上げました。

 

こうしてNTTは個人からフレッツ光の契約を取ることに熱心でなくなり、今では昔のようなド派手なキャッシュバックやキャンペーンが見られなくなりました。

 

これが”光コラボレーション”の始まりです。

 

今では『ドコモ光』や『ソフトバンク光』などといったたくさんの光回線が出回っていますが、これは実はNTTのフレッツ光回線を、各企業が代金を支払って自社のブランドを付加して売り出しているだけなのです。

 

つまり、『ドコモ光』だろうが『ソフトバンク光』だろうが、光コラボレーション事業者の扱う光回線は、どこまでいっても『フレッツ光』以外のなにものでもない、スペックも一緒の同じ回線なんです。

 

違うのは、どんなサービスが付加されているかです。

ドコモ光ならドコモケータイとのセット割があったり、ソフトバンク光ならソフトバンクケータイとのセット割があったりといった価格競争がありますが、スペックでは何も変わらないのが現実です。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

auひかりは独自回線・auひかりがお得なワケ

 

そんな中現れたのが、『auひかり』を代表とするフレッツ光回線を使わない自前の独自回線を持つ回線業者です。

他にも代表的な独自回線に『NURO光』があり、このNURO光は2Gbpsという速度を売りにしています。

 

auひかりはNURO光のような飛び抜けた回線速度はありませんが、フレッツ光と同じ1Gbpsの回線速度を持ち、なにより他の光コラボレーション事業者と違って自前の回線を持つ強みから、NTTに支払うレンタル料が発生しないため、ものすごくお得なキャンペーンや料金設定で他の光回線に差をつけることが可能です。

 

実際auひかりの料金や割引、キャッシュバックなどの内容はどれも目をみはるものがあります。

 

特に莫大なキャッシュバックと、auケータイとのセット割「auスマートバリュー」の割引内容がすごいです。

 

最大11万円キャッシュバックや、違約金負担最大3万円にさらに条件達成で2万5000円上乗せキャッシュバック、工事費実質無料やauケータイ利用者1人ごとに月々2,000円割引、au電話サービスの月額料金が60ヶ月無料などなど

 

これは、NTTにフレッツ光利用料を支払っている光コラボレーション事業者ではなかなか実現できないお得さです。

 

しかもフレッツ光よりも圧倒的にトラフィックが空いているので、同じスペックでも速度が出やすいというメリットまであります。

 

これがauひかりが今非常にお得になりやすい理由であり、注目すべき所以です。

 

フレッツ光の料金が高かったり、キャンペーンが地味なのは、圧倒的に良いものであるから値下げする必要もなく顧客が集まるとかそういう理由なのではありません。

単純にNTTは今個人に対して熱心に営業する必要が無いだけなんです。

 

ですから、今お得に光回線を利用したいなら、絶対にフレッツ光は避けるべきであり、またフレッツ光系の光コラボレーションよりも圧倒的に独自回線が狙い目です。

 

その中でも特にイチオシの回線が『auひかり』となります。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

auひかりの超高速通信サービス

そしてauひかりは2018年3月より、「 auひかり ホーム 5ギガ・10ギガ」というサービスを開始しました。

 

このサービスに加入すれば、なんと最大5Gbps/10Gbpsの速度で提供されます。

この数値は、NURO光の2Gbpsをはるかに上回る驚異的な数字です。

 

高速サービスを利用する利用料は、5Gbpsで+500円、10Gbpsで+1,280円となっています。

 

提供エリアはまだまだ狭く、東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリアの戸建て、もしくは2階建て以下の集合住宅のみが対象となります。

 

対象エリアに含まれる方は、ぜひこの異次元の速さを体験してみてください。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!

 

フレッツ光からauひかりに乗り換える時の手順と注意・まとめ

 

◆乗り換えの手順

  1. プロバイダを選びauひかりに申し込み
  2. ONUなど宅内機器のお届け
  3. 工事日の調整
  4. 工事の立会い・宅内機器の接続設定

 *かかる時間はホームタイプで1〜2ヶ月程度、マンションタイプで2週間程度、工事が必要無いマンションなら1週間程度

 

◆申込時の注意点・要点

  • auひかりで選べるプロバイダは7つ
  • キャッシュバック条件に指定プロバイダを選ぶ必要がある
  • 対応エリアなど問い合わせを行ったら即日契約しないとキャッシュバック対象とならない
  • 他社回線・プロバイダー解約違約金でかかったお金は条件を満たせばキャッシュバックされる
  • 工事費も条件を満たせば実質無料となる
  • 賃貸などの場合は大家さんに工事許可を得る
  • 工事が無用な場合もある

 

◆宅内機器が届いた時の注意点・要点

  • 戸建ての場合などは特に宅内機器の設置場所・コンセント設置場所をよく考えておこう

 

◆工事日程の調整時の注意点・要点

  • auひかりの引き込み工事が決まったらその後にフレッツ光の撤去工事を入れ、ネットができない期間をなくそう
  • 解約連絡はNTTだけでなくプロバイダーにも必要

 

◆工事の立会い・宅内機器接続設定時の注意点・要点

  • ひかり電話の電話番号はNTT加入電話だったら引き継ぎ可能
  • ひかり電話の利用は工事直後にできるわけではないのでフレッツ光のひかり電話を即時解約しないようにする
  • レンタルしていた機器は捨てずに返却

 

*このページに書かれている内容は、なるべく最新の情報に更新するように心がけてはおりますが、もしかしたら古い情報となっており、キャンペーン内容や料金等が変更になっている可能性もありますので、キャンペーンサイトに移動したら、よく内容の確認をお願いいたします。

 

キャンペーンサイトでauひかりのお得なキャンペーン内容をチェック!