映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

邦楽派?洋楽派?料金の比較で選ぶ一番おすすめの音楽アプリはどこ?


うたパスキャンペーン

KDDIが提供する音楽聴き放題サービス『うたパス』がauユーザー以外でも誰でも登録可能になったことを記念して、今うたパスの無料1ヶ月お試しトライアルに登録した方に、MUSIC STOREで使える500円分のコインをもれなくプレゼント中!!
2018年8月31日までの限定キャンペーンなのでお早めに!うたパスの登録後は非常に簡単な解約手続き(詳しい手順を別窓で開く)を済ませておけばお金がかかる心配もありませんので、ぜひ500円だけでもゲットしておいてくださいね!!(無料登録を済ませたらMusic Storeにうたパスの登録IDでログインして「今すぐコインを受け取る」ボタンをタップすればすぐに受け取れます。)

まずはココから→うたパスを30日間無料でお試ししてみる

速報



ハピタス初めてのお買い物キャンペーン

総額2,600円以上キャッシュバック?!

2018年8月22日まで限定!
ひかりTVショッピングという通販サイトを利用したことが無い人が、ハピタスを経由して初めて利用すると、購入金額の1.2%還元+1,000円分のハピタスポイント+さらに1,600円分のぷららポイント(ひかりTVショッピング内で使えるポイント)が貰えるキャンペーンにもエントリーできます!!

こんなチャンスは滅多にありませんので、初回利用特典だけでもゲットして、超お得に欲しい物を手に入れてくださいね!
ハピタスへの登録は1分程度の非常に簡単な手続きで完了し、完全無料です。
ハピタスにログインしたら「ひかりTVショッピング」で検索してみてください。

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。
-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技
[夏の特大キャンペーン開催中!]
8月31日まで限定!!今モッピーに新規無料登録した人を対象に漏れなく1,300円プレゼントキャンペーン実施中!!キャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でモッピーに新規無料会員登録

さらに!!

お財布.comでも8月31日まで同様に漏れなく1,300円ゲットできるキャンペーンが開催中ですので、この2つのサイトで合計2,600円棚ぼたゲットできる大チャンス!!この夏の2大キャンペーンを絶対にお見逃しなく!!
お財布.comのキャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でお財布.comに新規無料会員登録

*年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料のサービスですのでご安心ください。
月額料金比較から選ぶ!!1番お得な音楽配信サービスはどこ??

このページでは、数ある音楽ストリーミング配信サービスを、特に料金の安さに重視して、各サービスの洋楽や邦楽の充実度・ラインナップの傾向から分類した上で比較し、あなたに最適なサービスを簡単に導き出せるように、分かりやすく情報をまとめ、おすすめ順に紹介しています。

 

なるべく無駄な出費は抑え、低予算で最大限の満足を与えてくれる自分に最も適した音楽アプリをここで見つけてください。

 

目次

 

このページの見方、使い方

 

ここでは、まず数ある音楽配信サイトを、邦楽寄りのラインナップのアプリか、洋楽寄りのラインナップのアプリかで二つに分類し、それぞれのサービスの料金プランやサービス内容の紹介を一通りした上で、その中で比較し、最後に最もオススメのサービスと料金プランをベスト3という形でご紹介しています

 

邦楽・J-POPが充実している音楽アプリの中で比較されたい方は「邦楽が多い音楽ストリーミング配信サービス一覧(クリックでジャンプ)」のチャプターへ、洋楽が充実している音楽アプリの中で比較されたい方は「洋楽が多い音楽ストリーミング配信サービス一覧(クリックでジャンプ)」のチャプターへお進みください。

 

それぞれのサービスの月額プランの詳細やサービス内容などまだるっこしい情報は飛ばして、いきなり当ページがお勧めするアプリ・料金プランの結論をご覧になりたい方は、邦楽の多いおすすめアプリなら「邦楽好き向けのおすすめ音楽聴き放題サービスBEST3(クリックでジャンプ)」、洋楽が多いおすすめアプリなら「洋楽好き向けのおすすめ音楽配信サイトBEST3(クリックでジャンプ)」のチャプターにジャンプしてください。

 

邦楽が多い音楽ストリーミング配信サービス一覧

 

AWAの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

AWAの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 960円(Standardプラン)
無料(Freeプラン)
楽曲数 約4,500万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生
歌詞表示機能
無料お試し期間 3ヶ月間

 

サービスの内容的には全てが水準以上でパーフェクトな印象のAWA。

ただし料金的には選択肢の幅が無く、無料プランか有料プランかの二択となります。

 

有料プランは高くも安くも無い普通のお値段。

 

無料プランはオフライン再生不可、月に20時間のみ、90秒間のハイライト再生のみという制限がありますが、他のサービスでは30秒間の試聴しかできないのに対し90秒間と長い上、Spotifyのように広告が挿入されるということが無いのがメリットです。

 

最大のポイントは無料お試し期間が3ヶ月もあるということで、AWAは継続して使う意思が無くとも、とりあえず登録しておく価値があるサービスです。

 

3ヶ月まるまる無料で使い倒し、その後無料プランを試してみて、やっぱり物足りないなと感じたら改めて他の音楽聴き放題サービスを探してみるというのも経済的で合理的です。

 

機能的には非常に優秀で、配信曲数も多く、邦楽の網羅率も高いので、学割や家族割がプランに無いですが、かなりおすすめのサービスではあります。

 

AWAを3ヶ月無料で試してみる

 

さらに詳しいAWAの情報はこちら→AWAとは?評判や使い方まとめ

 

うたパスの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

うたパスの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 324円(ベーシック)
540円(Myうたプラス)
楽曲数 約500万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生 △(毎月10曲まで)
歌詞表示機能
無料お試し期間 30日間

 

うたパスの最大の特徴は3点。

メジャーな邦楽・J-POPが非常に充実しているということと、料金が324円からと業界最安値であること、そしてラジオ型の再生方式を取っているということです。

 

総配信楽曲が500万曲と他のサービスに比べて少ないですが、ラインナップは邦楽の人気曲に特化されており、オリコンチャートに載るようなメジャーなアーティストの楽曲に関しての充実度では、実は業界最高峰です。

 

ですので、邦楽・J-POPの最新曲など話題の楽曲に興味がある方には、まずおすすめしたい音楽アプリなんですが、一つクセのある特徴として、ラジオ型の再生方式というものに注目しなければなりません。

 

このラジオ型の再生方式は、プレイリストごとに再生する方式で、個別に楽曲を選んでその曲だけを聴くということが、基本できません。

その名の通りラジオのように、流れてくる曲を聴くという使い方が基本なので、BGM向きです。

 

しかし、好きな曲を聴きこみたい人への救済処置として、月額540円支払えば、毎月10曲好きな曲をダウンロードすることができ、その10曲に関してはオフライン再生や個別再生(オンデマンド再生)も可能になり、お気に入りの楽曲は毎月10曲ずつ増やしていけるので、1年間課金すれば最大120曲ダウンロードすることができます。

 

高いほうの540円のプランでも、ダウンロード曲数に満足さえできるならば、邦楽が多く聴き放題で聴けるサービスの中でコスパ的に最高峰のですので、ラジオ型の再生方式の如何も含めて、一度ぜひお試ししてください。

 

ちなみにauユーザーでなくても誰でも登録できますのでお気軽に無料トライアルに登録してみてください。

 

うたパスを30日間無料で試してみる

 

さらに詳しいうたパスの情報はこちら→うたパスとは?評判や使い方まとめ

 

dヒッツの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

dヒッツの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 540円
324円(Myヒッツ不可)
楽曲数 約550万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生 △(毎月10曲まで)
歌詞表示機能
無料お試し期間 31日間

 

先にご紹介したうたパスとほぼ同じ形態のサービスです。

特徴もまったく一緒。

メジャーなJ-POPが非常に充実しており、料金が格安で、ラジオ型の再生方式を採用しています。

 

じゃあうたパスとdヒッツとどちらに登録しても同じかというと、若干の違いがあります。

ラインナップももちろん少し違いますが、大きな違いは機能面です。

 

うたパスでは、アーティストや有名人とチャットをしながら、その人が選曲したセットリストをリアルタイムで一緒に聴けるという『Listen with』という機能がついていたり、360VR映像で、スマホを傾けたりすれば映像もその方向に動き、まるでその場に居るかのような臨場感で視聴できるライブ『LIVE streaming/VROOM』という機能もあり、そういったイベントが定期的に開催されてアナウンスされますが、dヒッツにはそういった機能はありませんので、この機能に魅力を感じられる方は、同じ条件ならdヒッツよりもうたパスのほうがオススメです。

 

うたパスに無くてdヒッツにはあるメリット、というのが特に見つからないので、dヒッツは悪いサービスでは全然ありませんが、うたパスを差し置いてdヒッツをおすすめしたいという要素がありません。

 

あとは実際に使い比べて、自分の好きなアーティストの楽曲充実度がどっちのほうが上かということくらいで比較するしかありません。

 

こちらもdocomoの回線を契約していなくても、どなたでも登録できますので、気になったら一度お試ししてみてください。

 

dヒッツを31日間無料で試してみる

 

さらに詳しいdヒッツの情報はこちら→dヒッツとは?評判や使い方まとめ

 

レコチョクBestの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

レコチョクBestの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 980円(聴き放題プラン)
324円(アーティストプラン)
楽曲数 約650万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生
歌詞表示機能
無料お試し期間 30日間

 

レコチョクBestの特徴は、うたパスdヒッツと同じくらいメジャーな邦楽が充実しているということと、うたパスやdヒッツと違ってオンデマンド再生できるということです。

ラジオ型の再生方式じゃないということですね。

 

その代わり料金はその楽曲数でその値段か〜と微妙なところです。

が、邦楽に特化されていますので、実は最もオンデマンドで邦楽の人気楽曲が聴けるサービスだったりします。

 

J-POPしか聴かないという人にはかなり優先度の高いサービスです。

価格がもう少し下がると邦楽好きには最高のアプリなんですがね…。

 

ちなみにアーティストプランとは、特定のアーティストの楽曲が聴き放題になるプランですが、特定のアーティストしか聴かないならそもそも月額で課金するのは損だと思います。

 

ちなみに最大1ヶ月の無料トライアルは、登録時に決済方法で「クレジットカード決済」か「キャリア決済」をお選びください。(それ以外だと無料期間は3日間だけです。)

また、このトライアルは月区切りですので、月末に登録するとすぐに無料期間が終わるので、なるべく月初に登録したほうがお得です。

 

レコチョクBestを最大1ヶ月無料で試してみる

 

さらに詳しいレコチョクBestの情報はこちら→レコチョクBestとは?評判や使い方まとめ

 

KKBOXの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

KKBOXの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 980円
楽曲数 約3,500万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生
歌詞表示機能
無料お試し期間 30日間

 

このKKBOXの特徴を語るのは非常に簡単です。

特色が非常にはっきりしています。

それは、K-POP、C-POP、J-POPなど、アジア圏の音楽が非常に充実しており、アジア圏の音楽の網羅率では、世界最高のサービスであるということです。

 

韓国の音楽が好きな方というのはものすごくたくさんいらっしゃると思いますが、そういった方は、全てを差し置いてとりあえずこのKKBOXがおすすめです。

 

ただし料金がAWAのように選択肢に幅が無く、割引プランが無いのが残念なところです。

 

ちなみにうたパスでも楽しめる『Listen with』(アーティストや有名人とチャットをしながらリアルタイムに音楽を共有できる機能)が、このKKBOXにも搭載されています。

 

また機能面で特筆すべきは検索機能で、メロディーがなんとなく分かるのに曲名が分からないという時に、鼻歌で旋律を歌うと、その音声で該当する音楽を検出してくれる音声検索機能が備わっています。

この音声検索ができる音楽配信サービスは、AWAくらいのもので(Siriに「今流れている曲は何?」と聞いても可能)とても便利なのでおすすめですね。

 

KKBOXを1ヶ月無料で試してみる

 

さらに詳しいKKBOXの情報はこちら→KKBOXとは?評判や使い方まとめ

 

LINE MUSICの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

LINE MUSICの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 500円(ベーシックプラン)
300円(ベーシック学割)
960円(プレミアムプラン)
9,600円(プレミアム年間)
480円(プレミアム学割)
1,400円(ファミリープラン)
14,000円(ファミリープラン年間)
無料(LINEログイン必要)
楽曲数 約4,000万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生
歌詞表示機能
無料お試し期間

3ヶ月

 

料金プランが業界で最も細かく分かれているサービスです。

しかも唯一中学生や高校生でも学割がきく、学生に最もオススメのアプリです。

 

Apple MusicSpotifyでも学割プランがありますが、あれは大学生しか適用されないのが残念なところ。

しかしLINE MUSICでは学生であれば全て認証されますので、学生さんには最もお得なサービスです。

 

さらに学生じゃなくとも、年払いができるプランがあり、年額でまとめて支払うと2ヶ月分無料になるAmazon Music Unlimitedと同じ方式を取っています。

これで支払えば、実質月額が800円となり、4000万曲以上がオンデマンドで聴き放題のサービスではAmazon Music Unlimitedに次いで安く、しかもこちらは邦楽・J-POPが充実していますので、邦楽好きの方にはかなりおすすめのプランです。

 

もう一つもっと節約できる方法としては、LINEモバイルに契約する方法があります。

LINEモバイルの契約者には、LINE MUSICが追加で2ヶ月間無料+4ヶ月間月額500円+その後もずっと月額750円で利用できるという特典があります。

 

LINE MUSICは現在3ヶ月無料トライアル期間を設けていますので、うまくやれば最大5ヶ月無料+4ヶ月500円+その後ずっと750円ということになり、相当な節約になります。

これを機会にLINEモバイルデビューもぜひ検討してみてください。

申し込みもネット完結で非常に分かりやすく簡単にできます。

 

LINEモバイル公式サイトを別窓で見てみる

 

機能面で特徴的なのは、LINEと連携してタイムライン上にお気に入りの楽曲を投稿したり、LINEのプロフィールに好きな曲をBGMとして登録できるところです。

LINEを普段使いされている方は、ぜひお試しください。

 

LINE MUSICを3ヶ月無料で試してみる

 

さらに詳しいLINE MUSICの情報はこちら→LINE MUSICとは?評判や使い方まとめ

 

楽天ミュージックの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

楽天ミュージックの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 500円(ライトプラン)
980円(スタンダードプラン)
1,080円(apple決済)
楽曲数 約4,000万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生
歌詞表示機能
無料お試し期間

30日間

 

楽天が提供する音楽ストリーミング配信サービスで、料金面では平凡、機能面でもやや弱く、他の配信サービスを差し置いて楽天ミュージックを推す理由がなかなか見当たりません。

 

ただし一点、楽天ポイントは貯まります。

楽天ポイント漬けの毎日を送っておられる方は、楽天ミュージックに登録して、様々な楽天ミュージックユーザー限定のキャンペーンを活用して、さらに効率よく楽天ポイントを貯めてみてください。

 

それ以外に特筆すべき点はありません。

 

ちなみにライトプランとは、LINE MUSICのベーシックプランも同じですが、月20時間までの再生制限があるプランです。

これら時間制限付きプランに月々500円も払って加入するくらいなら、Spotifyの無料プランを使ったほうが賢明です。

 

また、楽天ミュージックに登録してみる場合、普通に登録するよりもポイントサイト『ハピタス』を経由するとポイントが二重に稼げてお得です。

ハピタスの利用は完全無料ですし、他にも色々お得なポイント稼ぎが手軽にできますので、これを機会にぜひアカウントを一つ作っておいてください。

 

簡単登録1分!ハピタスに無料会員登録してみる

 

さらに詳しい楽天ミュージックの情報はこちら→楽天ミュージックとは?評判や使い方まとめ

 

ANiUTa(アニュータ)の月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

ANiUTa(アニュータ)の月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 600円
楽曲数 約6万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生 ×
歌詞表示機能
無料お試し期間

30日間

 

このサービスは、KKBOXと同じくらい特徴を述べるのが簡単です。

とにかくアニソン特化のサービスで、アニソンだけに照準を当てた音楽配信サービスというのは、日本で唯一、というか世界で唯一らしいです。

 

アニメ好きの方、ゲームミュージックが好きな方、声優ファン、ボカロ音楽などが好きな人は、このアニュータより充実しているストリーミング配信サービスを見つけることはできないでしょう。

 

アニソンなどのイベントのチケットの先行販売や優先予約などの特典もありますので、アニメファンの方はぜひ一度試してみてください。

 

ANiUTaを30日間無料で試してみる

 

さらに詳しいANiUTaの情報はこちら→ANiUTaとは?評判や使い方まとめ

 

最もコスパがいい邦楽好き向けのおすすめ音楽聴き放題サービスBEST3

 

まず料金を安く抑える上で1番先に試していただきたいのが『うたパス』です。

ラジオ型の再生方式というクセのある形式でしか音楽を聴けませんが、日常の中でなんとなくBGMとして音楽をかけたいとか、ドライブの時に車の中で良い雰囲気のBGMが欲しいとか、そういう用途で音楽アプリを使いたい方には、うってつけのサービスとなる可能性があります。

ダウンロード機能を捨てれば月額324円からで、業界最安値で、豊富な邦楽・J-POPが聴けます

ラジオ型を1ヶ月無料で試してみて、やっぱりこれじゃあダメだと思ったならば、次のサービスに移るというのでも遅くは無いでしょう。

カラオケの料金が最大1,200円オフになるなどの会員特典もあります。

 

うたパスを30日間無料で試してみる

 

続いておすすめなのが『LINE MUSIC』です。

ラジオ型ではダメだ、オンデマンドで聴きたいとなったらこちらを試してみてください。

特に学生さんにオススメで、学割の月額480円は、4000万曲以上聴き放題という水準のサービスではAmazon Music UnlimitedのEchoプランに次いでリーズナブルです。

学生じゃなくとも、年額支払いで実質月額800円にできるのもかなりお得です。

さらにLINEモバイルに契約すれば月額750円まで落とせます。

無料期間も現在3ヶ月のキャンペーンを行なっており、登録するなら今です。

 

LINEモバイル公式サイトを別窓で見てみる

LINE MUSICを3ヶ月無料で試してみる

 

最後は『AWA』です。

AWAはサービス内容的には最高峰で、UIの操作性も抜群でデザインもおしゃれですのでぜひ一度使ってみて欲しいアプリです。

料金的に960円か0円かという二択しか無いのが惜しいですが、無料プランが充実している数少ないサービスですので、一度試してみる価値はあります。

もしあなたのニーズを無料プランで満たしているなら、これより安く済むプランは存在しません。

無料期間も3ヶ月と長く、トータルで考えた時には当サイトで最も推している音楽配信サービスです。

 

AWAを3ヶ月無料で試してみる

 

番外編としては、K-POPなどアジア圏の音楽が好きな人に試してもらいたい『KKBOX』と、アニメファンの方に使ってみていただきたい『ANiUTa』です。

該当する方はぜひ注目してみてください。

 

KKBOXを1ヶ月無料で試してみる

 

ANiUTaを30日間無料で試してみる

 

洋楽が多い音楽ストリーミング配信サービス一覧

 

Apple Musicの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

Apple Musicの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 980円(個人プラン)
1,480円(ファミリープラン)
480円(学生プラン)
9,800円(個人年額)
楽曲数 約4,500万曲以上
音質 最大256kbps
オフライン再生
歌詞表示機能
無料お試し期間 3ヶ月

 

世界的な音楽ストリーミング配信サービスで、Spotifyと何千万人という有料会員数を競い合っています。

日本で最もユーザーの多いストリーミング配信サービスとも言われています。

 

料金面では年額一括支払いで2ヶ月分無料になるプラン(実質月額800円強)があるのが特徴です。

 

ちなみに学割プランは、大学生のみ適用され、中学生や高校生では適用されません。

 

iPhoneにはデフォルトでインストールされており、iPhoneユーザーにはまず試してもらいたい音楽アプリです。

無料期間が3ヶ月と長く、AWALINE MUSICとこのApple Musicの無料トライアル巡りをするだけで9ヶ月無料で音楽聴き放題が楽しめます。

 

サービス水準は世界最高峰であることは間違いありませんので、あとは好みの問題というのが大きいところでしょうか。

 

Apple Music3ヶ月無料トライアルを試してみる

 

さらに詳しいApple Musicの情報はこちら→Apple Musicとは?評判や使い方まとめ

 

Spotifyの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

Spotifyの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 980円(Spotify Premium)
1,480円(ファミリープラン)
480円(学割プラン)
無料(Spotify Free)
楽曲数 約4,000万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生
歌詞表示機能
無料お試し期間 3ヶ月100円

 

Spotifyの特徴は、とにかく無料プランでできることが充実しているところです。

とことん無料で音楽アプリを使いたい、聴き放題で楽しみたい、絶対お金を払いたく無いという人は、Spotifyがお勧めです。

 

無料プランの制限は、スマホアプリ版とパソコン版とでそれぞれ違います。

スマホではシャッフル再生しかできず、しかも1時間に6回までしか曲をスキップできないという制限があります。

パソコンではそういった制限が無い代わりに1ヶ月に15時間までしか再生できないという制限があります。

そのほかに両方共通で、オフライン再生不可最高音質での再生不可広告が挿入されるという制限もあります。

 

この2通りの特性をうまく活用すると、パソコンからは聴きたい曲をオンデマンドで再生し、BGMをなんとなく流したい時はスマホでプレイリストをシャッフル再生する、といった使い方でかなりやりくりできます。

 

Spotifyを3ヶ月100円で試してみる

 

さらに詳しいSpotifyの情報はこちら→Spotifyとは?評判や使い方まとめ

 

Amazon Music Unlimitedの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

Amazon Music Unlimitedの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 780円(プライム会員)
980円(プライム会員以外)
1,480円(ファミリープラン)
380円(Echoプラン)
7,800円(プライム会員年額)
14,800円(ファミリー年額)
楽曲数 約4,000万曲以上
音質 最大256kbps
オフライン再生
歌詞表示機能 ×
無料お試し期間 30日間

 

Amazon Music Unlimitedは、もともとAmazonプライム会員の方にはうってつけのサービスです。

特に注目すべき数字は、プライム会員が年額支払いした時の年額7,800円(実質月額650円)と、Amazon Echoでの再生のみという制限付きのEchoプランの月額380円です。

 

4000万曲以上オンデマンドで聴き放題というサービスで、月額650円は最安値ですし、Echoプランに至っては驚異的な安さです。

 

スマホとパソコンで再生できないという制限はありますが、自宅でBGMがかけたいだけという方は、Echoプランをぜひ検討してみてください。

 

あと家族で利用するという人にも、このAmazon Music Unlimitedは最もオススメです。

年額の14,800円で支払えば、実質月額は1,200円強で、最大6人まで使えるので、一人頭200円ちょっとで良いという計算にもなります。

 

プライム会員の方はまずこのAmazon Music Unlimitedを候補にしてみてください。

 

プライム会員じゃない方はまずプライム会員を試してみてください。

 

プライム会員を30日間無料でお試し

Amazon Music Unlimitedを30日間無料でお試し

 

さらに詳しいAmazon Music Unlimitedの情報はこちら→Amazon Music Unlimitedとは?評判や使い方まとめ

 

Google Play Musicの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴

Google Play Musicの月額料金/プラン一覧とサービスの特徴
月額料金 980円
1,480円(家族プラン)
楽曲数 約4,000万曲以上
音質 最大320kbps
オフライン再生
歌詞表示機能 ×
無料お試し期間 30日間

 

洋楽寄りの音楽配信サービスの中では最もパッとしない印象のあるGoogle Play Music。

悪いサービスでは無いですが、とにかく他のサービスを差し置いておすすめする要素がありません。

 

唯一素晴らしいのは、無料で5万曲までクラウドストレージに音楽ファイルをアップロードできるという機能です。

パソコンやスマホに手持ちの音楽ファイルがパンク寸前という方は、これを利用すると良いでしょう。

 

それ以外には、料金的にも機能的にも特筆すべき点は見当たりません。

 

あと噂ではGoogle Play Musicとしてはサービスを終了し、新しいサービスに順次移行するような情報があります。

その時に飛躍的に便利になったりお得なプランが登場したりするかもしれませんので、今新規でGoogle Play Musicに登録するのは見送っても良いかもしれませんね。

 

Google Play Musicを30日間無料でお試し

 

さらに詳しいGoogle Play Musicの情報はこちら→Google Play Musicとは?評判や使い方まとめ

 

最もコスパが良い洋楽好き向けのおすすめ音楽配信サイトBEST3

 

コスパを考えた時に1番候補に挙がってくるのは『Amazon Music Unlimited』です。

学割を適用できない人にとって、月額650円まで料金を抑えられるサービスは他にありません。 

しかもEchoプランなら380円

これを機会にスマートスピーカーを導入して、新時代の音楽体験をされるのも素晴らしいと思いますよ。

ファミリープランをお考えの人にも、年額払いで2ヶ月分無料になるので、最もオススメのサービスです。

 

プライム会員じゃない方はまずプライム会員を試してみてください。

 

プライム会員を30日間無料でお試し

Amazon Music Unlimitedを30日間無料でお試し

 

続いてほぼ同着という感覚ですが『Apple Music』をおすすめします。

年額払いで支払えば、2ヶ月分無料で実質月額は800円ちょっと。

4500万曲以上聴き放題で、機能面でも世界最高水準の音楽ストリーミング配信サービスです。

特にiPhoneユーザーの方は無料期間も長いですし、ぜひお試しください。

 

Apple Music3ヶ月無料トライアルを試してみる

 

そして『Spotify』の無料プランでなんとかやりくりする方法。

制限はありますが、存在する音楽アプリの無料プランの中で最も自由度が高くおすすめです。

スマホのみしか使わないという人にはキツイですが、スマホとPCを使い分ければ、なんとか満足行くくらい音楽を自由に聴けるのじゃないでしょうか。

普通にプレミアムプランに申し込むつもりであれば、何も割引の無いSpotifyにしなくてもとは思います。

Spotifyはとにかく無料プランが大きな魅力です。

 

Spotifyを3ヶ月100円で試してみる

 

関連ページ