映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ブラックミラーシーズン4 第5話『メタルヘッド』感想と評価

お節介ですが…ちゃんと『ちょびリッチ』やってます?


無料で登録・利用できて、アカウントを持っているだけで毎日10人に勝手に500円以上が当たる信じられないようなサイトがあるとしたら、とりあえず登録しておいたほうが良いに決まってます。

それが『ちょびリッチ』というポイントサイトなのですが、このサイトは、なんども言いますが無料で登録・利用(もちろん退会も)できて、ネットショッピングやサービス利用の際にここを経由するだけで色々とお得だったり節約できたりするお役立ちサイトです。
オススメポイントは他にもあるんですが、割愛してここでは一つだけこのサイトの魅力をご紹介します。

まずは下のキャプチャ画像をご覧ください。
毎日10人に1000ポイント以上が当たる!

これは毎日更新される『ちょびリッチ』の懸賞イベントの画面なのですが、10名の方にポイントが当選しているのが分かると思います。
これはいちいち応募が必要無く、ただアカウント登録した人の中から、毎日自動的に10名抽選で選ばれる仕組みになっています。

基本ルールは「毎日10人に1,000pt(500円分のポイント)が当たる」ですが、この賞金は実はこのイベントをチェックしていない人が受け取り損ねるとどんどんキャリーオーバーしていくんです。
ですから上の画像でも、最高で15,000pt(7,500円分)を一気にもらっている人がいますよね。
羨ましい…!!

そんなわけで、このサイトは登録するリスクが一切無く、お得しか無いため、とりあえず今すぐ登録だけでもしておくことを強くお勧めします。
また、下の紹介リンクから登録完了させ、月末までに1ポイントでも獲得すれば、ボーナスとして500ポイント貰えますのでお試しください。

【紹介リンク】簡単1分!ちょびリッチに無料で登録してみる
*ちょびリッチは年会費・退会費等料金は発生しないずっと無料のサービスですので登録はお気軽にどうぞ。
i2iポイント生誕祭
またi2iポイントがとんでもない事を始めました。


2019年5月31日まで!!
最近ものすごいお得なキャンペーンを次々と打ち出し、勢いがとまらないポイントサイト『i2iポイント』がまたやってくれました!

期間中還元ポイントが常に5%増量!
10回に1回の確率で獲得ポイントがなんと2倍!!

クレジットカード発行など高額案件でもめちゃくちゃ稼げますし、100%還元されるサービス(ネスレなど)を利用すれば、お金を貰って商品を受け取ることが可能となります。


その抽選結果をTwitterやInstagramなどSNSでシェアするだけでもAmazonギフト券が当たるダブルチャンスまでアリマス…!!

さらにピックアップ広告を利用するとポイント2倍確率が5分の1になり、例えばオススメはなんといっても『ネスレ ウェルネス アンバサダー』ですが、15,000円分のポイントが通常貰えるんですが、5分の1の確率で30,000円分になっちゃうんです!
当選しなくても100%以上のポイントが返ってきて、コーヒーやキットカットが無料で楽しめますので、やらなきゃ損ですよ本当に。

まずは下のリンクから登録するだけ1,000ptプロフィール登録をするだけでもさらに+1,000pt公式LINE@をフォローするだけでも500ptゲットできます。

さらにさらに、4月30日までに新規会員登録を済ませた方には5,000ptのボーナスが貰える期間限定キャンペーンと、最大18,700pt稼げるウェルカムキャンペーンの対象にもなりますので、どうぞこの機会をお見逃しなく…!!
キャンペーンについて詳しくはこちら

まずは下の【紹介リンク】から無料で会員登録を済ませ「5,555万円もらっちゃって還元キャンペーン」にエントリーして下さい。
登録後は広告還元率が1.25倍になりますので、SMS認証(本人認証)を忘れずにまっさきに済ませておいて下さいね!

【紹介リンク】簡単1分!i2iポイントに無料で登録してみる
*i2iポイントは年会費・退会費等料金は発生しないずっと無料のサービスですので登録はお気軽にどうぞ。


オススメ記事



ブラックミラーシーズン4第5話『メタルヘッド』に関する、ネタバレなしの感想や評価と、ネタバレありの結末や考察を書いています。

 

目次

 

ブラック・ミラーシーズン4-5「メタルヘッド」
ブラック・ミラー4-5「メタルヘッド」より

 

監督 キャスト情報

邦題 メタルヘッド
原題 Metalhead
監督・ディレクター David Slade/デヴィッド・スレイド
原作・脚本 Charlie Brooker/チャーリー・ブルッカー
主演男優 該当無し
主演女優 Maxine Peake/マキシン・ピーク
動画配信サービス Netflix
ジャンル 海外ドラマ/SF/スリラー
おすすめ度 ★★★★☆☆☆☆☆☆ (4点)

 

エピソード5 あらすじ ストーリー

 

 主人公の女性ベラと、男二人が、倉庫に何かを取りに忍び込む。

 

そこで恐ろしい”イヌ”と呼ばれる四足歩行のロボットに見つかってしまい、仲間はすぐにやられてしまった。

 

ベラは必死に逃げ、なんとか”イヌ”を撒こうとするが、追跡チップや音声、血の跡など、あらゆるセンサーを駆使してどこまでもどこまでも追ってくる。

 

ベラは”イヌ”から逃げ切ることができるのか?

また彼女たちは一体何を探しに危険を冒して倉庫に忍び込んだのか…?

 

ネタバレなし感想・レビュー

 

これは面白く無い。

 

見終わった後、何を観せられたんだという感じでした。

 

ブラックミラーだから、この拍子抜け感の裏にも何か周到な意味でも用意されてるのかと考えてみましたが見当たりません。

 

そこで監督の情報を調べてみると、このデヴィッド・スレイドという監督は、ミュージックビデオをたくさん撮っていた人みたいですね。

 

それで思ったんですが、この映画は、音楽の無いミュージックビデオを観ているような感じだったなと。

 

イメージ映像と言いますか、なんかクールな映像を物語仕立てに繋げたという感じがしました。

かっこいい音楽に乗せて3分半で観せられた「ひょー!クール!」と思えるような何か、でした。

 

この映画からは、とにかく色んな要素が排除されています。

 

登場人物は3人しか出てきません。

途中無線でベラが交信を試みますが、一方通行で向こうの声は聞こえず、人間の気配が極端に排除されていました。

 

そして白黒映像で色が無く、さらにBGMもエンディング以外使われていません。(車のカーステレオを使って”イヌ”をおびき寄せるという仕掛けはありましたが)

 

さらに会話も最小限で、その内容も、世界観設定を説明するような視聴者へのメッセージ的な内容は一切無く、ぎりぎり今の状況が把握できる程度の内容でしかありません。

 

あとは大体ファックと言ってるだけです。

 

なぜこの世界はこうなったのか、仲間はどれくらいいるのか、”イヌ”とはなんなのかなどということについての説明は一切排除しています。

 

こういうわざと色んな要素を”排除する”という演出は、色々な芸術の表現技法の中でよく使われる効果的な方法だと思うのですが、なぜ排除するかというと、それは視聴者の想像力に任せて世界観に幅と深みを持たせるためだと思うのです。

 

思うのですが、この物語には、わざわざ想像力を働かせて考察したりするほどの味わいが、全然無い。

 

どうせどこかの軍かなにかが、最先端技術を使って恐ろしい戦争用のロボットを作って、それが暴走して止められなくなり、人間は徐々に狩られて世界が荒廃しているとかなんとか、そんなわざわざ言葉にするのも照れ臭いようなありきたりな設定です。

 

『ブラック・ミラー』という作品に一貫したテーマとして、近未来的な技術と、その技術が人間に及ぼす影響、というようなものがあると思います。

 

SNSが発達していく先にこんな弊害があるかもしれない、視界を録画したり再生したりできる機械ができたら、こんなことが起こるかもしれない、と、現代ならではの発想から、考えさせられたり、面白いな〜怖いな〜と思わされる部分というのは、色々これまでありましたが、この『メタルヘッド』は、ただただ発達した技術を兵器に利用したことにより、人間は滅亡の危機に瀕してしまった、という、何十年も前からあらゆる作家が擦り切れるほど使い古してきた未来設定を、そのままやっちゃってます。

 

びっくりするほど安直です。

 

BGMも無く、白黒映像で、説明的なセリフも使わず、詩的に意味深に進むストーリー。

 

確かに途中はずっと意味深で緊張感がありましたし、どうなるんだどうなるんだと、逃げ切れるのか?また逃げ切った先になにがあるんだ?と思わされましたが、ラストシーンを見終わった後の肩透かし感はかなりのものでした。

 

『ブラックミラー』シリーズは夫婦で好きで、いつも観る時は一緒に見るのですが、この作品を見た嫁が、視聴し終わった後、この脱力感というか残念感を端的に的確に表現していました。

 

 

「この作品はな、なんかスベってる。

 

ネタバレあり結末・ラスト・考察・感想

 

以下ネタバレを含むので視聴前の方はご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

この話は、メタルヘッドのwikiに書いていましたが、ボストンダイナミクスという企業が作った四足歩行型ロボット『BigDog』を見た時に感じたそのなんか”キモさ”から着想を得たということらしいですが、それを読んで思うのは、ほんとにその着想だけの作品だなという事です。

 

キモくて怖い無敵のロボットが、人間を駆逐する、というだけのお話でした。

 

途中お金持ちの家に逃げ込み、グランドピアノやギターが置かれてある部屋の光景を主人公のベラが見て、はっとするシーンがあります。

 

意味深なわりに全然ストーリーに関係無いんですが、このメタルヘッドの世界は、人間の豊かさである、音楽とか芸術とかそういうものとはかけ離れた世界に成り果てており、ベラはそれらを見た時に、こんな時代もあったな…みたいな感じで呆然とした、ということだと思います。

 

すっごい意味深なシーンでしたが、たぶんそれだけのことですよね。

なにか意味があるのかと見返しましたが、それ以外何も感じ取れませんでした。

 

ショットガンの弾を見つけて、ペンキを浴びせた後戦うシーンは相当手に汗握りましたし、その後、「やった倒した!」と思った直後追跡チップを撃たれた絶望感もすごく良かったんですが、最後のテディベアというオチは…

 

はぁぁぁああ?!

 

 

ラストシーンまでは相当高まっておりましたし、前話でめちゃくちゃ感動したことも、ブラックミラーシリーズへの期待が元から高いこともあり、このオチでのがっかり感は凄かったです。

 

もうすぐ亡くなるジャックに…?

 

テディベアを…?

 

 

へぇぇ……

 

 

 

ほんと40分では無く、3分半で音楽にのせてやって欲しかったです。

 

第六話『ブラック・ミュージアム』のレビュー記事も合わせてご覧ください。

第6話『ブラック・ミュージアム』感想と評価

 

第四話『Hang The DJ』のレビュー記事も合わせてご覧ください。

第4話『Hang The DJ』感想と評価

 

ブラック・ミラー全シーズン感想記事まとめ

 

『ブラック・ミラー』全シーズンの感想はこちらに一覧にしておりますので、ぜひ別のエピソードもご覧ください。

 


NetflixでBlack Mirrorを観よう

 

『ブラックミラー』を観るためだけでもNetflixに登録する価値がある、と筆者は勝手に思ってます。(もちろんエピソードによっては当たり外れがありますが。)

Netflix無料お試し

 

こちらでは各動画配信サービスのサービス内容比較なども行なっております。

どこの動画配信サービスが良いのか迷ったらこちらを参考にしてみてください。

 

 

シーズン4『メタルヘッド』予告編youtube動画

 

『Metalhead』予告編