映画の感想文ブログ

huluで観た海外ドラマや洋画中心にレビューしていくブログ

ブラックミラーシーズン2第3話『時のクマ、ウォルドー』感想と評価(ネタバレなし&あり)


うたパスキャンペーン

KDDIが提供する音楽聴き放題サービス『うたパス』がauユーザー以外でも誰でも登録可能になったことを記念して、今うたパスの無料1ヶ月お試しトライアルに登録した方に、MUSIC STOREで使える500円分のコインをもれなくプレゼント中!!
2018年8月31日までの限定キャンペーンなのでお早めに!うたパスの登録後は非常に簡単な解約手続き(詳しい手順を別窓で開く)を済ませておけばお金がかかる心配もありませんので、ぜひ500円だけでもゲットしておいてくださいね!!(無料登録を済ませたらMusic Storeにうたパスの登録IDでログインして「今すぐコインを受け取る」ボタンをタップすればすぐに受け取れます。)

まずはココから→うたパスを30日間無料でお試ししてみる

速報



ハピタス初めてのお買い物キャンペーン

総額2,600円以上キャッシュバック?!

2018年8月22日まで限定!
ひかりTVショッピングという通販サイトを利用したことが無い人が、ハピタスを経由して初めて利用すると、購入金額の1.2%還元+1,000円分のハピタスポイント+さらに1,600円分のぷららポイント(ひかりTVショッピング内で使えるポイント)が貰えるキャンペーンにもエントリーできます!!

こんなチャンスは滅多にありませんので、初回利用特典だけでもゲットして、超お得に欲しい物を手に入れてくださいね!
ハピタスへの登録は1分程度の非常に簡単な手続きで完了し、完全無料です。
ハピタスにログインしたら「ひかりTVショッピング」で検索してみてください。

ハピタスに無料で新規会員登録してみる
*ハピタスは年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料の安心のサービスです。
-PR-
高い!高すぎる!貧乏人がビジネスクラス・ファーストクラスに格安で乗る裏技
[夏の特大キャンペーン開催中!]
8月31日まで限定!!今モッピーに新規無料登録した人を対象に漏れなく1,300円プレゼントキャンペーン実施中!!キャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でモッピーに新規無料会員登録

さらに!!

お財布.comでも8月31日まで同様に漏れなく1,300円ゲットできるキャンペーンが開催中ですので、この2つのサイトで合計2,600円棚ぼたゲットできる大チャンス!!この夏の2大キャンペーンを絶対にお見逃しなく!!
お財布.comのキャンペーンへの参加は下のリンクから!ログイン後キャンペーン情報をご確認ください!!
簡単1分でお財布.comに新規無料会員登録

*年会費・退会費等料金は一切は発生しない完全無料のサービスですのでご安心ください。

ブラックミラーシーズン2第3話『時のクマ、ウォルドー』に関する、ネタバレなしの感想や評価と、ネタバレありの結末や考察を書いています。

 

目次

 

ブラック・ミラー シーズン2-3「時のクマ、ウォルドー」
ブラック・ミラー シーズン2-3「時のクマ、ウォルドー」より

基本情報

邦題 時のクマ、ウォルドー
原題 The Waldo Moment
監督・ディレクター Bryn Higgins/ブライン・ヒギンズ
原作・脚本 Charlie Brooker/チャーリー・ブルッカー
主演男優 Daniel Rigby/ダニエル・リグビー
主演女優 Chloe Pirrie/クロエ・ピリー
動画配信サービス Netflix
ジャンル 海外ドラマ/SF/政治
おすすめ度 ★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点)

 

エピソード3ストーリー

 

風刺的なコメディー番組で大人気の青いクマのキャラクター”ウォルドー” が、選挙に参加する?!

前代未聞のキャラクターによる立候補、選挙の行方やいかに…?

 

ネタバレなし感想・レビュー

 

Chris Morris(クリス・モリス)とCharlie Brooker(チャーリー・ブルッカー)によるNathan Barleyというイギリスのコメディー番組でのアイデアが基となっています。

 

海外のレビュアーでは、ドナルド・トランプの選挙に照らし合わせて考える人も少なく無いようです。

ようは、政治家への根本的な不信感から、民衆は、とにかく痛烈に、攻撃的に、歯に衣着せぬ物言いで批判してくれる代弁者を欲してしまうということでしょうか。

 

それにうってつけの代弁者が、たまたま、架空のキャラクターであったということ。

 

代弁者としてのキャラクター”ウォルドー”、しかしその中身のウォルドーを操る主人公には、政治に参加する意思は無く、政治的に理想も展望も無いまま、求められたキャラクターを演じることに強い葛藤を抱き始めます。

 

世間が求めるキャラクターと、ありのままの自分との乖離に思い悩まされるというのは、多くの人前で何かを為そうとする人には、ありがちな問題かもしれません。

 

大きな成功がその先にあったとして、それは果たして自分の成功なのか?

 

成功を取るか、信念を取るか。

主人公が出した結論と、その結果は、まるでウォルドーの嘲笑的な物言いのように、皮肉たっぷりなものとなっています。

 

筆者の率直な感想を言いますと、もともと政治には筆者も主人公同様興味がありませんが、それでも政治もので面白いと思った作品はあります。(最近ではハウス・オブ・カードとか)

でも、この作品は、残念ながら面白いとは思えませんでした。

 

政治に深く関心のある方には、興味深い点も多いのでは無いかとも感じます。

 

ネタバレあり結末・ラスト・考察・感想

 

以下ネタバレを含むので視聴前の方はご注意ください。

 

 

 

 

 

この物語では、肝心のウォルドーの中身である主人公に、政治的思想や理想、展望やゴールも何もなく、それどころか政治を嫌い、興味がないままに、好き勝手に批判したり小馬鹿にしているだけで、人気だけが一人歩きしてしまい、その現実に折り合いがつかなくなります。

 

自分の本心や良心に従い、全てを投げ出した主人公でしたが、その結果たるや散々なものとなりました。

 

殴られ、病院に横たわり、無力感の中で選挙の結果を眺める主人公。

投票結果でウォルドーはその時2位に終わりましたが、その選挙戦がきっかけで沸き立ったウォルドー人気はその後も過熱し、ラストシーン、数年後(数十年後?)の未来では、ホームレスへと落ちた主人公とは対照的に、ウォルドーは様々な政治的シーンでマスコットとして取り上げられ、いつのまにか平和や信頼、希望や未来の創造の象徴として祭り上げられるようになっています。

 

あれだけ歯に衣着せぬ物言いだったウォルドーも、美しい言葉と心地よいイメージだけを全面に打ち出すために利用されつくされることになりました。

一見輝かしい成功のように見えて、結局主人公同様に、捻じ曲げられて利用されているだけの、みじめな結末と言えるのかもしれません。

 

ウォルドーも、そのウォルドーを演じていた主人公も、わずかな”瞬間”を光り輝いたのみで、あとはひたすらに、食い尽くされてしまいましたとさ。ちゃんちゃん。

ということでしょうか。

 

ちなみに、スタッフロールが終わった後のラストシーンで、画面中央のスクリーンに、シーズン1第2話「1500万メリット」のアビらしき女性が映っている。

ブラック・ミラーのこういった製作者の遊び心は、シーズンを通して随所に見られる。

ブラック・ミラー シーズン2-3「時のクマ、ウォルドー」
ブラック・ミラー シーズン2-3「時のクマ、ウォルドー」より

 

特別編「ホワイト・クリスマス」はすごくオススメです!ぜひご覧ください。

ブラックミラースペシャル『ホワイト・クリスマス』感想と評価(ネタバレなし&あり)

 

第一話はこちらから読めます。

ブラックミラーシーズン2第2話『シロクマ』感想と評価(ネタバレなし&あり)

 

「ブラック・ミラー」全シーズンまとめ

全シーズンのエピソードのレビュー記事ができたので、全てをまとめた記事を作りました。

シーズン4の続編配信情報などもあります。

ぜひご覧ください。

 


おすすめVODサービスの比較ランキング

数あるVODサービスの中から、選りすぐりの5つのサービスをご紹介しています。

 

私の結論から言いますと、おすすめ第一位はhuluですね。

詳しい理由はそちらの記事でご説明申し上げます。

 

動画配信サービスを使ったこと無い、どこのサービスに登録するか決められない、という方は、まずこちらのおすすめランキングをご覧になってみてください。

きっとご自分にあったサービスがどこなのか、見えてくるはずですよ!